2011年02月09日

RYAに見るジュニアトレーニング・前編

11.02.09_01.jpg
RYAのジュニア強化合宿に参加。参加は30名。6人が1チームとなり、各チームに1人のコーチがつきます

連載・ケンイチ通信──FROM イングランド
『RYAインターナショナルトレーニング・前編』

文・写真・動画/中村健一

1月26日
 イギリスのジュニアセーリングでは、年間4レガッタのセレクションレースを行い、総合で上位30位に入った選手を、一年間、土日を利用して毎月2回のペースで、RYAが主催して強化合宿を行っています(英国のRYAは日本のJSAFに当たります)。

 31〜60位までのミドルチームも一年間、土日を利用して毎月1回の強化合宿を行っています。今回はこのミドルチームの合宿に参加しました。

 選手は30名、コーチは5名で、全体ミーティングを除いたミーティングや海上練習は、全て6人ずつのグループに分かれて各グループごとにコーチが指導していきます。

 コーチのメンツは世界選手権上位入賞者ばかりで、選手の質問に対して的確な回答と、きびしい指導の中、選手たちは本当に真剣に練習を行っていました。

 全体ミーティングでは、まず気象に関する話から始まり、今日の風の傾向や、潮の流れによるポジションの取り方など、大まかに話した後、それぞれのコーチグループに分かれ、細かい練習内容や、各個人的な目標などを話しあった後、準備運動を行い出艇となりました。

 私は5名全員のコーチボートに順番にのさせていただいたので、それぞれ違った指導方法を学びました。

 今回の合宿で統一された課題として、タック時の移動練習を行うことが義務づけられていました。

 ロールタック時の俊敏な移動が大切で、これをマスターできればどんな風でも良いタックができるようになるそうです。私は「飛びタック」と命名しました。



 風がなく、上記の映像の動作が非常にわかりやすいと思います。
ポイント1:タック動作に入る時、立ち上がると同時に後ろ脚を風下側に移動させ、船にウエザーヘルムを与えます。
ポイント2:ロールをかけ、アンヒールのアングルは、(ウエザーヘルムを掛ける割合を)常に一定にするためデッキに水が入る寸前まで耐えます。
ポイント3:アンヒールアングルが適正位置になったら一気に反対側に飛び移ります。※この時、左手はセンターボックスに置き、そこを軸に移動。サブティラーのエンドを持った右手で反対側のデッキをつかみ移動を完了させます。
ポイント4:タック後、ボートのアングルが正しいクローズホールドを帆走するよう、サブティラーを逆手で持ったままコントロールする。※アンヒールが入らないよう注意です。

 見た目は簡単そうですが、このドリルを1時間ずっとショートマークを使ってタックし続けていました(かなりきついと思うのですが……)。コーチの激しい指導の中、楽しそうに練習していたのが印象的でした。この時期にしっかり基礎を身に付けておけばその後の成長も大きいものになること間違いなしですね。

 朝10時に出艇して、タックとジャイブ、スピード練習を終え、ハーバーに戻ると思いきや、海上で昼ごはんです。それぞれのコーチボートに船を着けてサンドイッチを食べながら、午前の練習を振り返りセーラー個人個人が「こういう時はどうしたら良いか」「少し体重移動を遅らせたらよかった」「セールセッティングは良かったか」など、かなり積極的に質問していました。食事時間は30分ですが、話に対する回答を聞いているうちに、あっという間に時間が経ってしまい、午後のレース練習が始まりました。

 海上での食事は時間の削減となるため、非常に効率のよい事だとあらためて思いました。

◎バックナンバー:ケンイチ通信──FROM イングランド

毎週木曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
バルクヘッドマガジン・ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 09:40| Comment(0) | 連載記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。