2011年02月24日

シドニーFARR40ワールド


 1月23日からオーストラリア・シドニーで始まったFARR40世界選手権。オーストラリアを中心にアメリカ、イタリア、ドイツ、ニュージーランドなどから19チームが集まり、オーナードライブのワンデザインボートとして白熱したレースがおこなわれています。上記映像は、大会初日の様子です。

 今年は毎年3月にアメリカでおこなわれるワンデザイン・グランプリレガッタ、マイアミグランプリが中止になりましたが、このFARR40ワールドとほぼ重なってしまったのも理由のひとつです。レガッタが重なって困るのは日本も世界も同じですね。マイアミグランプリを主催するプレミアレーシングは大打撃になったのではないでしょうか。

 さて、タクティシャンの顔ぶれも豊富で、オリンピック、アメリカズカップセーラーがごろごろいます。中には、オーストラリア開催ということもあり、ひさびさにトム・キング(シドニー五輪470級金メダル)の名前もあります。ちなみに前週におこなわれたFARR40全豪選手権では、今回バスコ・バスコットがタクティシャンをつとめるイタリアの〈Nerone〉が優勝しました。大会は26日まで開催されます。(BHM編集部)

◎List of Entries
Boat Name / Owner / Country / Tactician
Barking Mad Jim Richardson USA Hamish Pepper
Easy Tiger II Chris Way AUS Cameron Miles
Enigma David Gotze & Michael Cranitch AUS John Penfold
Estate Master Lisa & Martin Hill AUS Tom Slingsby
Flash Gordon Helmut Jahn USA Bill Hardesty
Goombay Smash William Douglass USA James Spithill
Hooligan Marcus Blackmore AUS Grant Simmer
iMpi Ivan Resnekov AUS Ian Short
Kokomo Lang Walker AUS Adrian Stead
Le Renard Steve Phillips USA Michael Coxon
Nerone Antonio Sodo Migliori & Massimo Mezzaroma ITA Vasco Vascotto
Plenty Alex Roepers USA Chris Larson
Southern Star John Calvert-Jones & Damien King AUS Noel Drennan
Sputnik Ivan Wheen AUS Tom King
Struntje Light Wolfgang Schaefer GER David Chapman
Transfusion Guido Belgiorno-Nettis AUS John Kosteki
Voodoo Chile Andrew Hunn & Lloyd Clark AUS Chris Main
White Cloud Brett Neill NZL Stephen McConaghy
Wired Stephen Boyes AUS Matthew Foster

◎Rolex Farr 40 World Championship
http://www.farr40worlds.com/

11.02.24_10.jpg
メルゲス32でも活動するGOOMBAY SMASH。ジェームス・スピットヒルがタクティシャンをつとめます。photo by Rolex / Kurt Arrigo

11.02.24_09.jpg
大会初日マークラウンディング。photo by Rolex / Kurt Arrigo

11.02.24_07.jpg
ESTATE MASTER と TRANSFUSSION。photo by Rolex / Kurt Arrigo

11.02.24_06.jpg
ワンデザインらしい緊迫のボトムマーク回航。photo by Rolex / Kurt Arrigo

11.02.24_05.jpg
イタリアの優勝候補、NERONE。バスコがタクティシャンで乗り込みます。photo by Rolex / Kurt Arrigo

11.02.24_04.jpg
SPUTNIKのオーナーIvan WheenとTom King(左)。photo by Rolex / Kurt Arrigo

毎週木曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
バルクヘッドマガジン・ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 11:17| Comment(0) | キールボート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。