2011年02月28日

バルクヘッドマガジン予定

11.02.28_01.jpg
相模湾は大西が吹き、荒れ模様となった2月最終日曜日。OP軍団は元気に海に出て練習していました。photo by Junichi Hirai

 あっという間に2月最終日になりました。関東地方に大雪が降ったと思えば、すでに春一番も吹き終え、季節の変わり目を肌で感じる毎日です。今月BHM編集部は何をしていたのかというと、前半は風邪で寝込んだり、ガーバーで指をざっくりと切ったり、かなりイタイ思いをしていました。中〜後半は、メルゲス32の練習、レースのための減量や自転車トレーニングをしたり、なかなか充実した1カ月になりました。(BHM編集部)

 さて、この時期、忙しくするのは取材遠征、ヨットレース出場の計画です。取材でもレースでも、いちばん大事なのは「段取り」。編集部のカラダはひとつしかないので、すぐに無理を生じてしまいますが、今年も全国のヨットレースをうまく取材できたらいいな、と考えています。

 で、3月の取材遠征予定は、
・3月1日 五輪ナショナルチーム撮影・国立スポーツ科学センター
・3月2〜8日 メルゲス32マイアミ選手権出場・マイアミ
・3月12、13日 浜名湖自転車一周大会・浜名湖
・3月19、20日 同志社ウィーク取材・琵琶湖
・3月21、22日 OPナショナルチーム選考取材・和歌山
です。

 遠征中、問題になるのは、日本語・英語版合わせて1日3〜5本のBHMの更新と、半年以上も続いている新聞連載コラム「サンケイビジネスアイ」の締切です(連載コラムは、3月から毎週火曜日更新に変更されるそうです)。

 取材遠征中は、日中は海に出てヨットレースの取材、ホテルに戻って大量の写真整理。レース成績が出てから原稿を書きはじめると作業が終わるのは深夜になってしまいます。ボートの上でヨットレースを撮影する合間に、携帯電話で原稿を書いたりしていることもしばしば。意外に器用なコトしているんです。

 どなたかBHM編集部に入部希望の方はいませんか? ヨット好きなら楽しい毎日であること間違いありませんよ。きっと。


◎世界のヨットレースをレポートするバルクヘッドマガジンは、バナー広告を資金に運営しています。読者は、小・中学生から日本を代表する企業のCEOまで。全員が海好き、ディープなヨット乗りです。興味のある方は、お気軽に御連絡ください(editor@sailmagazine.jp)。

◎BULKHEAD magazine 媒体資料
ご案内:http://www.sailmagazine.jp/ad/advertise01.pdf
料金等:http://www.sailmagazine.jp/ad/advertise02.pdf

毎週火曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
バルクヘッドマガジン・ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 11:05| Comment(0) | コラム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。