2011年03月16日

銚子マリーナの被害の様子

 東北地方東部を中心に襲った地震による津波は、わたしたちの想像を絶する被害をもたらしています。現地では捜索、救助活動が行われており、1人でも多くの命が助かることを願うばかりです。(BHM編集部)

 また、被害にあわれたセーリング関係者、各地マリーナの現状も気になります。津波の被害を受けた銚子のシーユースクラブ銚子では、クラブの全ての機材が入っていたコンテナが流され、クラブ員のディンギーのほとんど、運営ボート3艇、OP級の全て、その他クラブ員のクルーザーがなくなるなどの被害があるようです。マリーナ、ディンギーヤードの写真が、クラブのホームページに公開されているのでお知らせいたします。

◎銚子マリーナの現状(シーユースクラブ銚子のアルバムより)
https://picasaweb.google.com/seayouth/20110312110312#

毎週火曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
バルクヘッドマガジン・ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 14:17| Comment(3) | 東北支援
この記事へのコメント
銚子と同じように、茨城県のマリーナも壊滅的な打撃を受けました。
日本のセーリングの代表機関である日本セーリング連盟は、震災当地の東北の事は気にしているようですが、同じ太平洋に面している、千葉、茨城に対しては何らかのアクションがあったのでしょうか?
海の事を知っていれば、当たり前のように気づくはずです。
それとも、気づく人はこの団体には居ないのか?
噂によると、震災翌日に、全国会議を行っていたとか。
仲間の救援より大事な会議って、何なのでしょう?
Posted by 茨城のセーラー at 2011年03月16日 14:56
銚子の皆様
マリーナの惨状を拝見し大変心を痛めております。
人的被害は大丈夫だったのでしょうか?
避難は間に合ったのでしょうか?
私も相模湾の海沿いに住んでいますので地震のすぐ後高台への避難をいたしました。
いつも楽しいレースをサポートしていただき綺麗な芝生でテント生活をしました。
子供にも良い思いでになっています。
銚子マリーナの皆さん、ショックは大きいでしょうがどうぞお力を落とさず、マリンスポーツから離れることなくがんばってください。
こんな時のための仲間です、微力ですがお力になれることがありましたらご連絡ください。
Hobieの精神で伺います。
Posted by 伊藤 友二 at 2011年03月24日 21:08
スクーバ潜水をメインとする団体です。
マリーナや漁港の被害に対し、潜水でお役に立てば、微力ではありますがご協力いたしたいと思っておりますので、お力になれることがありましたらご連絡ください。
          CSC代表 茂木  進
Posted by 千葉県スクーバ安全対策協議会 at 2011年05月07日 18:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。