2011年04月27日

仏・イエールSOFフォト

11.04.27_02.jpg
スター級のスタート。気合を入れて風下好スタートを切ったのは、オリンピック金メダル、ボルボオーシャン優勝のトーベン・グラエルです。ブラジルからはロバート・シェイドとトーベンが出場していて、いまのところシェイドが一歩リード。スタート前のトーベンは、執拗にマスト、セールチェックをしていました。スター級は2艇によるブラジル国内選考も注目されています。photo by Junichi Hirai

11.04.27_03.jpg
風待ち中はハーバー内のカフェが大賑わいになります。いくつもあるカフェのなかでも、この店は常にセーラーで満杯。なんでだろう。photo by Junichi Hirai

11.04.27_04.jpg
3人乗りパラリンピック種目のソナー級。優勝候補のGBRを退け、FRAがダントツです。photo by Junichi Hirai

11.04.27_05.jpg
5つのメダルを持つ男、ベン・エインズリーは、イエールでも爆進。予選を終えて青から黄色のビブスに代わりました。フィン級はどの大会でもいちばん遠い海面でおこなわれるので、かわいそうな種目といえます。プレスボートでも人気がないのが常で、「フィンを見に行きたい」というと、「…お前、正気か?」みたいな雰囲気になります。でも、フランス人はフィンが好きなようで、本日はレースをしっかり見させれらました(他のクラスは終了しています)。おかげでプレスボートの着艇は夜7時半。photo by Junichi Hirai

11.04.27_06.jpg
パラリンピックのメイン種目の2.4mR級。上マークは大混戦で、ハイレベルなヨットレースがおこなわれています。photo by Junichi Hirai

11.04.27_07.jpg
2人乗りパラリンピック種目のスカッド級。ワールドカップでも、なかなか数が集まらない貴重なクラスです。photo by Junichi Hirai

11.04.27_08.jpg
470級女子で快調にシングルスコアを重ねるPACHECO / BETANZOS(ESP)。photo by Junichi Hirai

11.04.27_09.jpg
ワールドカップとはいえ、経費節減のためキャンピングカーで遠征している選手も多くいます。photo by Junichi Hirai

11.04.27_10.jpg
イエールのハーバー内は、海に面してカフェやレストラン、ウエアショップ、コンビニ的雑貨屋が軒を連ねます。photo by Junichi HIrai

◎FRENCH SAILING OLYMPIC WEEK
http://sof.ffvoile.net/

BHM特設掲示板:BHMフォーラム
毎週火曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
バルクヘッドマガジン・ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 15:29| Comment(0) | オリンピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。