2011年04月28日

SOF原田吉田4位保守

 イエールSOF大会4日目。本日より決勝レースがはじまりました。風は昨日に引き続いて弱く、2〜4メートルのレースができるかどうかギリギリのコンディションです。

 前日までの失敗を、濃いミーティングで軌道修正したという470女子の近藤/田畑は、むずかしい風を読み、本日8-2位で10位へジャンプアップ。長丁場のレースで素早く軌道修正するのは、レガッタを勝ち抜くための必須項目です。明日の決勝最終日でさらなる上位を目指します。

 470女子では、3位にコンビを組んで久しいGBRのMILLS/CLARKがあがってきました。全種目で金メダルを取る勢いのGBRにとって470女子は穴になっています。ここからどう上げてくるのか、同国の強化にも注目です。

 470男子の原田/吉田は中位置に甘んじて14-16位。2位を走っていた第3レースのキャンセルが悔やまれますが、まだ4位をキープしています。

「ここに来ている上位選手は、自国に帰ればナンバーワンの選手ばかり。(五輪開催地の)ウエイマスが強風が吹くという予想から重量級クルーに変えているチームもあり、この軽風で順位に影響している。でも、上位に来る顔ぶれは同じ。これからも同じような顔ぶれの戦いが続くだろう。軽風ではだれが走らせても同じようなスピードになるもの。ヨットレースそのものが問われる」(アビーム小松コーチ)

◎470男子
4. 原田吉田 44P
12. 松永今村 73P
36. 前田野呂 146P
42. 石川柳川 158P
82. 渡辺八山 220P

◎470女子
10. 近藤田畑 120P
30. 吉迫大熊 199P

◎49er
43. 牧野高橋 169P

◎レーザーラジアル
62. 蛭田 180P

◎レーザー
85. 安田 210P
144. 城 267P
145. イアン 268P

◎RSX男子
33. 富澤 131P

◎RSX女子
34. 須長 128P
37. 小菅 139P
posted by BULKHEAD at 01:00| Comment(0) | オリンピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。