2011年05月08日

1950年代のUSセーリング


1950年代アメリカのワンデザイン・ヨットレースです。1950年代の日本は、外洋レースの大島、神子元、初島レースが開催され、NORC(日本外洋帆走協会)が設立され、また、国体やインカレも盛んになってきたヨッティングの黎明期。わたしたちはオールドソルトから話を聞く以外、当時を知る由もありませんが、こうした映像が残されているとイメージが湧きやすいですね。以前、石原裕次郎さんの映画「狂った果実」を見て、森戸海岸や鐙摺、編集部のある葉山一色などが登場し、当時のヨッティングシーンを含めてとても新鮮でした。日本にも古いセーリングの映像が残されていないものでしょうか。(BHM編集部)

毎週火曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
バルクヘッドマガジン・ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 08:53| Comment(0) | YOUTUBE
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。