2011年05月09日

九州大より東北大へ艇贈呈

11.05.09_03.jpg
5月8日、470級2艇、スナイプ級2艇が東北へ向けて出発。写真は積込み作業をした仲間たちです

 東日本大震災では、東北水域の多くのマリーナ、ヨット部が壊滅的な被害を受けました。被害に遭われたみなさんに心からお見舞い申し上げます。(文・写真/九州大学帆友会)

 この被害に対して全国のヨットマンの支援の輪がひろがり、チャリティーレースや高校の合同合宿など、さまざまな形での支援が行われていることをうれしく思っています。

 私たち九州大学ヨット部とOB会でも、国立7大学戦で友好関係にある東北大学の窮状を見聞きして、4月始めのOB会総会で義捐金の募集と練習艇の贈呈を決めました。

 このうち、練習艇の贈呈に関しては、470級2艇、スナイプ級2艇合わせて4艇の提供を決め、現地に到着次第、ただちに練習できるように艇を整備してきました。

 問題は艇の輸送でしたが、バルクヘッドマガジンでバナー広告を出しておられる名古屋の「丸玉運送」の玉山さまに問い合わせのメールを送ったところ、快く無償で陸送を引き受けていただきました。また、トレーラーに関しても愛知の「アイシンエーアイチーム」さまに快く提供いただきました。

 こうしたみなさまの善意が結集して、5月8日午前9時から福岡の小戸ヨットハーバーで4艇を積み込み、午後2時過ぎ東北へ向けて艇を送り出すことができました。車は2トン車クラスのハイエース、トレーラーに3艇、車の屋根に1艇を積んで1600キロの道のりを陸送します。ドライバーは玉山さまご自身です。東北へは11日午前9時頃に到着予定です。

 東北大学ヨット部は、7月上旬に北海道で行われる国立7大学戦に参加を表明しています。それまでの間、練習を積まれてレースでは良きライバルとしてあいまみえたいと願っています。

 今回は、九大から東北大への練習艇の寄贈という形になりましたが、東北水域では他にも壊滅的な被害を受けたヨット部がたくさんあります。ヨットマンの絆で結ばれた今回の小さな動きが、だんだんと大きくなって、さらに支援の輪が拡がっていくことを切に願っています。

 がんばろう!東北!

毎週火曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
バルクヘッドマガジン・ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 09:44| Comment(6) | 東北支援
この記事へのコメント
流石に「旧七帝大」の絆!
Posted by 外道無量院 at 2011年05月09日 13:28
全国のキリスト経系大学ヨット部は東北学院へ艇を送ってあげて下さい。
私学も負けるな!
Posted by 女子プロレスのスカウト at 2011年05月10日 20:46
東北大へ無事に到着したようです
Posted by HIRAI at 2011年05月11日 10:12
九州大学帆友会の赤穂です。11日午前9時に無事、宮城県七ケ浜に到着しました。2艇を現地で降ろして、残り2艇は東北大学キャンパスへ運び、新入部員勧誘に活用するそうです。
今回の陸送では、丸玉運送の玉山さんに本当にお世話になりました。1600キロの道のり本当におつかれさまでした。
Posted by 赤穂達実 at 2011年05月11日 12:01
青山学院大学OBで、現在は日産自動車ヨット部で活動している者です。
当部から東北学院大学に艇を提供することに決まっています。
残念ながら470ではなくスナイプで、しかも古いフネですが。。。
仮に学院で使ってもらえなくても、東北地方の誰かが乗ってくれればありがたいと思っている次第です。
Posted by wildgybe at 2011年05月14日 19:31
赤穂さんステキ!超カッコイイです!!
Posted by がぶ林田 at 2011年05月15日 11:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。