2011年06月06日

締切迫る初島ダブルハンド

11.06.06_03.jpg
2010年大会スタートの様子。昨年は初島のカームに悩まされました。今年はどんな展開に?photo by Junichi Hirai

 6月最終土曜日の相模湾名物レースといえば、逗子沖から伊豆半島熱海沖の初島をまわる「初島ダブルハンドヨットレース」。ダブルハンドとはその名のとおり、ふたりだけで往復46マイルを走り切るヨットレースです。早朝7時にスタートして、風がよければ日暮れ前後に戻ってこられる手頃な距離。電動ウインチ、オートパイロットの使用は許可されていますが、スピンアップダウンやセールチェンジ、リーフもふたりでやらなければなりません。だから、選手たちは真剣そのもの。初島ダブルハンドは、セーラーの冒険心をくすぐるヨットレースです。さて、今年はどんな風が吹くのでしょうか? エントリー締切は6月12日です。(BHM編集部)

◎初島ダブルハンドヨットレース
日時:6月25日 7時スタート
コース:逗子沖スタート〜初島(反時計回航)〜逗子沖フィニッシュ
艇長会議:6月18日
参加申し込み締切:6月12日
大会ホームページ(レース公示、申込書類等)
http://zmyc.org/HDH2011.html

毎週火曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 10:30| Comment(0) | 外洋レース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。