2011年06月17日

マルセイユMEDCUP写真

 地中海を転戦するアウディ・メッドカップ。カスカイスに続いて第2戦フランス・マルセイユ大会が開催されています。出場するのはTP52クラスに8、SOTO40クラスに5チーム。毎回、オンボードにカメラクルー、もしくはゲストが乗り、俳優やモデル、有名スポーツ選手なども乗艇してゴージャスな大会になっています。これまで軽風となっている本大会は2日目を終えて、TP52はエド・ベアードが舵を取る〈QUANTUM RACING〉が、SOTO40は〈IBERDROLA〉が首位。このトップを崩落させる対抗チームがいないと、いまひとつレースは盛り上がりませんね。後半戦、他チームの巻き返しに期待です。(BHM編集部)

◎Audi MedCup
http://www.medcup.org/

11.06.17_07.jpg
TP52〈CONTAINER〉(GER)には今回も早福和彦選手がバウマンで出場しています

11.06.17_04.jpg
ネットでは毎日現地から中継(日本時間深夜)。海上映像、解説、3Dのバーチャルアイを駆使したテレビ番組が放映されています

11.06.17_02.jpg
マルセイユの港の特設会場には遊戯用具がいっぱい。子供が遊べる巨大プールとボートもあります

11.06.17_03.jpg
マルセイユ選抜(?)チームで構成されたSOTO40〈XXII MARSEILLE 〉

11.06.17_06.jpg
SOTO40クラス、アルゼンチンの〈PATAGONIA BY NEGRA〉 。メインセールのシルエットは…何?

11.06.17_05.jpg
カスカイス大会に続いて連覇を狙う〈QUANTUM RACING 〉

11.06.17_09.jpg
毎日催されているライブショーではマイケル・ジャクソンものまねショーも


マルセイユ大会初日ハイライト映像

毎週火曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 11:21| Comment(0) | キールボート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。