2011年06月20日

Sail for Smiles 支援第2弾

11.06.20_01.jpg

 Sail for Smilesは、支援活動の第2弾として、宮城県気仙沼の高校生セーラーへの支援を決定しました。(文/Sail for Smiles事務局)

 気仙沼には宮城県気仙沼高等学校と宮城県気仙沼向洋高等学校の2校があり、それぞれに5名と12名、合計17名のヨット部員がいます。この17名の若きセーラーにセーリンググッズの支援を予定しています。

 つきましては、この活動に賛同いただける個人、団体、会社からの寄付を受け付けます。どうぞ、若きセーラーのために皆様の温かいご支援をお願いいたします。

11.06.20_02.jpg
◎東北を支援するSail for Smilesの活動、本件に関する詳細は案内書類(PDF)、または下記ホームページを参照ください。
http://sailforsmiles.jp/1-2.html

※Sail for Smiles活動はまだまだ、長く行います。支援いただける皆様も無理せず、賛同できる活動にできる範囲でかまいませんので長く支援いただけますようお願いいたします。

物品販売・通販
 Sail for Smilesグッズの販売を行っています。チャリティーレース時になかったトートバッグ型エコバッグやフラッグも追加となりました。通信販売も行うようになりました。購入方法は下記ホームページにてご確認ください。
http://sailforsmiles.jp/2-2.html

イベント会場での販売
日時:6月26日(日)11:00〜
会場:初島ダブルハンドヨットレースの表彰式会場(逗子マリーナ)

【ご案内】
 当団体の活動は小さなものであり、被災セーラー全てに万遍なく支援を行えるものではありません。ターゲットを絞った支援活動となることをご了承ください。今回、支援対象を上記に決定したのは、 まずセーラーの中でも一番支援が必要と思われるのが「高校生」であること。気仙沼地域は比較的復 旧・復興が遅れていてセーラーへの支援も薄い地域であること。そして、当団体にいち早く支援要請 のご連絡があった点です。今回の支援対象以外で、支援ご要望がある方は事務局までご連絡ください。全ての要望にお応えはできませんが、支援のお手伝いやホームページを通じての支援呼びかけなどの協力をいたします。

◎バルクヘッドマガジン・Sail for Smiles 記事
3月31日記事 5月『Sail for Smiles』開催
5月20日記事 復興支援、Sail for Smiles!

毎週火曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 10:24| Comment(1) | 東北支援
この記事へのコメント
気仙沼の高校生へのセーリンググッズの支援、すばらしいことだと思います。
それと平行して、FJ級の艇の提供・貸与のサポートもお願いしたいと思います。

7月15日から行われる東北水域の全高校生が参加するインターハイ予選では、高体連の働きかけで、チャーター艇を中心とした艇が揃い、全ての高校生の参加が可能になったと聞きました。ただ、依然として練習艇・レース艇が不足する状態は続いており、全国各水域からのご支援、ご協力を強く訴えたいと思います。
Posted by 赤穂達実 at 2011年06月20日 13:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。