2011年06月22日

SFS気仙沼セーラーへ支援

 東北セーラーを支援する「Sail for Smiles」より、宮城県気仙沼方面へ支援物資を届けたレポートが届きましたので紹介いたします。また、FJ級が足りず全員出場がむずかしかった東北インターハイ予選(7月15日開催)ですが、艇を提供してもらったり、レンタルするなどで、全員が出場できるようになったとのこと。ただし、船不足の問題は続いているようです。FJの提供支援活動については、林田さんのブログ「web breeze」に詳細が紹介されています。編集部では、東北セーリングのあたらしい情報が入り次第お伝えしていきます。(BHM編集部)

11.06.22_08.jpg
Sail for Smilesの活動でセーリンググッズが気仙沼に届けられました。写真は気仙沼向洋高校ヨット部です

 Sail for Smiles のセカンドプラン「気仙沼の高校生セーラーへの支援」として、6月19日にセーリンググッズを届けに行ってきました。(文・写真/Sail for Smiles事務局)

 今回の支援内容は、以下となっています。
支援対象:
気仙沼高校ヨット部、気仙沼向洋高校ヨット部
支援用品:
1. キャップ=20個<Gill(株式会社フォーチュン)さまより無償提供>
2. ラッシュガード=18着
3. グローブ=17個
4. アクアバッグ=17個
5. パドジャケ(スモック)=17着
6. トラウザース=女子用4着
7. ブーツ=21足
8. ハイキングパンツ=1着
9. スキフパンツ=1着
10. トートバッグ=18個 <NAMIさまより無償提供>
11. Sail for Smilesグッズ=Tシャツ20着、ステッカー、フラッグ

 6月19日朝8時、まず気仙沼高校を来訪しました。つい最近顧問に就任された芳賀先生と家族と離れ、ひとりで気仙沼高校の避難所に暮らす三浦主将が出迎えてくれました。三浦主将は、昨年国体にも出場した有力選手でもあります。グッズを渡し、現状の問題点などを聞きました。震災後に入学した新入生から新たに2名の女子が入部した、といううれしいニュースもありました。

11.06.22_09.jpg
気仙沼高校の芳賀顧問、三浦主将とSail for Smilesの発起人・猪上さん(右)

 引き続き、気仙沼向洋高校ヨット部との待ち合わせ場所である気仙沼市総合体育館の避難所に向かいました。ここでは千坂顧問と廣木顧問、17名の全ヨット部員が出迎えてくれました。気仙沼向洋高校は学校そのものが被災し、学生は近隣3校に分かれて授業を受けているということでした。記念撮影での高校生の表情は硬いですが、帽子を選び合っている時の笑顔を見て少しばかりほっとした次第です。

 2校ともヨット部の練習は、片道3時間あまりをかけて松島まで出向く必要があるということです。それ以外にも、ヨット部の活動を続けるにはいくつもの問題点があり、苦労はつきないことを痛感しました。

 また、気仙沼向洋高校の若き顧問、廣木先生の「気仙沼でヨットができるまで、僕は気仙沼を離れない!」と言った強い思いに、頭が下がる思いでいっぱいになりました。

 今回はインターハイ予選が間近に迫っている事もあり、まず先に支援品を調達して届けました。支援用品購入にあたっての費用は寄付やグッズ販売の収益を当てていますが、現時点ではまだまだ足りていません。また、今回届けた用品以外にも以下のような用品の要望が出ています。

1.スピンポール 2.バングシステム用ブロック 3.風見 4.スピンリペア 5.アジャスター用クリート 6.トラッピーズ用リング 7.シャックル 8.リングピン 9.ピン 10.コンパス

 引き続き、この支援に賛同いただける方の寄付や用品寄贈を募集しています。また、グッズを購入いただく事でも支援が行えます。

寄付金の振込先:
三菱東京UFJ銀行 金沢文庫支店 普通口座0050384
口座名 Sail for Smiles実行委員会 猪上真教
グッズ販売の詳細は、ホームページをご覧ください。
http://sailforsmiles.jp/2-2.html

 総合体育館を後にし、廣木顧問に案内され、2校の活動拠点であったハーバーと被災した向洋高校を見てきました。テレビ映像などで繰り返し見ていた状況ではありますが、現地を目の当たりにして、現実的に起こったことがうまく理解できないほどひどい状態だと感じました。

 午後からは、南三陸町を経由して、塩釜にて宮城外洋帆走協会の方々ともミーティングを行いました。今回の支援詳細などは改めてSail for Smilesホームページにて報告します。

追伸:出発直前にバルクヘッドマガジンにて南三陸町への物資支援要請記事を拝見しました。今回の移動途中に支援先である入谷小学校がありましたので、新品Tシャツを20枚程度おいてきました。

◎バルクヘッドマガジン・Sail for Smiles 記事
6月20日記事 Sail for Smiles 支援第2弾
5月20日記事 復興支援、Sail for Smiles!
3月31日記事 5月『Sail for Smiles』開催

毎週火曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 09:03| Comment(0) | 東北支援
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。