2011年06月26日

初開催四国470フリートR

11.06.26_05.jpg
今年から四国・高松で470級フリートレースがスタートしました。年3回開催し、協会ではこれから同水域を盛り上げていきたいとのことです。四国といえば、高松を中心に何人もの名セーラーが育ってきた水域。今後も活発な活動を期待します!(BHM編集部)

 今年が初となる四国水域での470フリートレース。その第1回目が6月25〜26日、高松市立ヨット競技場で行われ、香川県の7艇で全5レースが行われた。(レポート/香川県ヨット連盟・斉藤 修)

 6月25日午前中は、朝から晴天で北東寄り3〜4m/sという軽風の中、振れ幅は小さいながらも潮流と北寄りからのブローの出入りをうまく使う展開が明暗を分ける、高松沖特有のコンディションで3レースを行われた。先行する社会人チームの艇と後続する学生チームと大きく離れ、レベルの差が歴然と現れた結果に。

 午後からは、東寄りの風、2〜5m/sの中、振れ幅も大きく時折南寄りの陸からのブローと北寄りからの海風が交互に入り、風が乱れるコンディションで2レースを行った。途中にラッキーなブローと振れをつかむ一部の学生チームが先行したものの、レグを重ねる毎に社会人チームが前に出る結果となった。

 2日目となる6月26日は、曇りで時折雨が混じる天候。風も弱く安定しないためノーレースとなり、1日目の成績で終えた。

 毎日のようにレース海面で練習する学生チームが有利と思われたが、結果としては練習する時間のない社会人チームに歯が立たず、そのレベルの違いが目立った。社会人チームと学生チームではまだ差があるようだ。また、軽風の多いこの海面では、ペアでの体重が軽いチームがボートスピードに勝る傾向が強いと言われているが、それを実証する結果でもあった。

 今後は四国水域内外からのチームの参加を増やし、470のレースをローカルでも楽しめるような機会を提供することで活性化を図っていきたい。できればビッグレガッタに成長することを期待する。

11.06.26_06.jpg
第1回四国470フリートレース成績表

毎週火曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 20:30| Comment(0) | ディンギー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。