2011年07月19日

レベルアップテーザー最終

 7月16、17日、稲毛ヨットハーバーでテーザー関東合同練習会が開催されました。今回はシリーズ・セーリングレベルアップの第3回(最終回)で、9月ワールド参加者にとってはコンテナ積み込み直前の最終調整となりました。(レポート/日本テーザー協会)

 千葉県稲毛ヨットハーバーで開催されたセーリングレベルアップ最終回のメインテーマは、「レース中のセーリング」です。過去2回のこの練習会シリーズではクロースホールド、フリーを各回のテーマにして、他艇の影響を受けずにセーリングし、セッティングなどを見直す帆走練習をしてきました。

 今回は、あえて接近した状態を作ってレース中を再現しながらの帆走することで、波・風など他艇の影響がある中で、どのようなモードで帆走することが効率的か等を各艇で検証し、またコーチからのアドバイスを実践する練習を行いました。

 土曜日は、南西風5m〜最大10m以上のガストが入るコンディションで、特に岸よりは稲毛特有のピッチの短い深い波の中、3艇ずつ2グループに分かれて接近した状況を作ってセーリング練習を行いました。ダウンウインドレグでは、他艇の引き波やブランケットの影響を角度とスピードでどのように攻めるか、守るか、様々な角度のダウンウインドセーリングで試したり、アップウインドレグでは、角度×スピードのスポット探しや強風下でのジブトリムの有用性など、各艇の試行錯誤が行われていました。

 練習後のミーティングでは、苦しい状況下での各艇の考え方や実践したこと、耐えるセーリングは、どうやって耐えるか。、どこまで耐えられるか等をディスカッションし、熱く盛り上がりました。

 日曜日は、前日より波・風ともに若干落ちたコンディションで、セーリング練習+スタート練習・コース練習も取り入れました。今まで行ってきた各チームのセーリングを実際のレース中にいかに再現するか、再現できるポジションを取るか、そのためにどうするか、できなかった時どうするか、といったことを考えさせられ、またレースという環境で何が必要なのかを再認識する1日となりました。

 テーザー合同練習会セーリングレベルアップシリーズは、全日程天候に恵まれて全3回無事終了となりました。ワールド参加チームは、来週いよいよコンテナ積み込みを行います。

毎週火曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 16:17| Comment(0) | ディンギー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。