2011年07月24日

470ジュニアWレポート

 オランダ・メデンブリックで開催中の470ジュニア世界選手権。日本からは大学生男子2、女子2チームが出場しています。現地でコーチを務める中村健一さんより、レースレポートが届きましたので、初日、2日目のレポートを連続で掲載します。(BHM編集部)

7月22日、大会初日
 予選第1レース。風向300〜330度、風速14〜20ノット。強弱の激しいコンディション。今村・石井組(日本経済大)が大会最初のスタートを切る。真中風下寄りで頭を出して良いスタートをするが、スタート後のアングルを高く取りすぎ、スピードがなく、上集団に上突破され苦しい展開となり、上マークを19位で回航。

 その後追い上げて15位まで順位を上げるも、フィニッシュ手前で沈し、マストが底に刺さりマストが折れリタイヤとなる。この日は2レースがあり、両レースともリタイヤとなる。追い上げてきただけに非常に残念な結果となった。

 土居・磯崎組(日本経済大)はゼネリコ後のブラックフラッグでのスタートで出遅れ、上マークを中盤で回航、その後シフトを掴みながら徐々に順位を上げて何とか10番でフィニッシュ。

 濱田・西山組(関西大)は、風下寄りでスタートするも、リコールで帰り、大きく遅れる展開となる。クローズの高さが世界と異なり洗礼を浴びる形となる。厳しい展開の中、粘って24位でフィニッシュ。

 原口・納庄組(関西大)は、風上寄りで良いスタートをするも、ブローであおられ、上マークまでに2回の沈をする。その後も粘って走るもダウンウインドで沈した際に、マストが刺さりマストトップが曲がったためリタイヤする。引き続き第2レースもリタイヤとなる。

 予選第2レース。風向300〜330度、風速16〜20ノット。強弱の激しいコンディション。土居・磯崎組は、ゼネリコ後のブラックフラッグで真中から良いスタート、上マークを6位で回航、順位を維持しながら2上を5位で回航、その後トップグループでの接戦に負けることなく5位でフィニッシュ。

 濱口・納庄組は、空いたとこから良いスタートをするが、高さが取れず厳しいポジションで展開し27位でフィニッシュ。

 レース初日の今日はまさにメデンブリックの洗礼を浴びる形となりました。選手達はそれぞれ必死に闘っているものの、強風域での戦いではまだまだ世界に後れを取っているのが現状である。

 マストの破損2件、スピンポール流れ2件のトラブルはあったものの、無事ニューマスト、スピンポールも確保でき、再計測も終わり何とか明日につなげる準備はできました。

 予選は残り4レース。明日からの巻き返しに期待します。

◎オランダ470ジュニア世界選手権
http://www.470juniorworlds2011.org/

毎週火曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 06:53| Comment(0) | ジュニア・ユース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。