2011年09月07日

チャリティーRレポート

 8月20日、新西宮ヨットハーバーにおいて大阪大学・神戸大学・甲南大学の3大学が集まり、チャリティーヨットレースを開催しました。風が安定しない中、470級1レース・スナイプ級2レースを実施しました。(文・写真/甲南大学体育会ヨット部監督・上塚)

◎レース結果・470級
1位 甲南大学 神木・中島組
2位 大阪大学 上野・横田組
3位 大阪大学 朔・今福組
スナイプ級
1位 大阪大学 谷野・白坂組
2位 甲南大学 大和田・今田組
3位 甲南大学 大平(OB)・根本組
※レース結果の詳細は、甲南大学体育会ヨット部のブログをご参照下さい。
http://konan-sailing.blog.eonet.jp/default/2011/08/post-9725-1.html

11.09.08_01.jpg
チャリティーレースに参加した大阪大、神戸大、甲南大選手一同

◎参加した各大学主将のメッセージ
大阪大学体育会ヨット部 主将 高橋公平
 甲南大学主催チャリティーヨットレースが開催されると聞き、東日本大震災で被災したヨット仲間の助けになると思い参加しました。
 阪神淡路大震災のとき、私はまだ5歳でしたが、全国から多くの支援をいただいたことは記憶に残っています。今回はそのときの感謝の気持ちも抱きながらレースに参加しました。
 今回は、通常の練習だと艇数が少なく、ほかの大学と合同練習する機会もあまりないので、非常に良い機会でした。

神戸大学体育会ヨット部 主将 関 航
 今回、甲南大学主催で行われるチャリティーレースに参加させていただきました。東日本大震災で現地のヨット部に甚大な被害が及んだことは、ニュース等で毎日目にしていました。今回のレースで同じヨット部を支援できたことは、非常に良かったと思います。
 今日のレース自体は微風のコンディションでゆっくりとしたレース展開となり、神戸大ヨット部には苦手な風域で、いろいろ課題の残るものとなりました。これからの季節はこのような風でのレースも考えられるので、次につながるレースにできればと思います。

甲南大学体育会ヨット部 主将 大和田 航
 まずは今回のチャリティーレースに協力していただいた、大阪大学体育会ヨット部、神戸大学体育会ヨット部にお礼を申し上げます。
 今回のレースは、軽風で非常にシフティーなコンディションでレース数が少なかったものの、被災地支援が微力ながらできたのではないかと感じています。これからも引き続き、私達ができる支援を行っていきたいと思っています。

 今回集まったレース参加費(19,000円)は、現在東北大学・東北学院大学と連絡を取り、支援させていただく物資(ヨットウエア等)を協議中です。内容が固まり次第、今回のレースで協賛いただいた、オクムラボート販売株式会社様・ハーケンジャパン株式会社様よりレース参加費を元に物資をお送りいたします。

毎週木曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 22:57| Comment(0) | 東北支援
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。