2011年09月21日

全日本女子インカレ展望 1

 今春、一時はメインスポンサーの辞退も伝えられた今年で「20回目」を迎える全日本女子インカレであったが、執行部の懸命の努力により、無事に昨年までと同様に「日建・レンタコムカッップ」の冠大会として実施される事になった。素直にうれしい限りである。(文/外道無量院)

 この大会の優勝者に贈られる「ダイヤモンドのペンダント」は、既に、「学生女王」のシンボルでもある。今後とも、変らずにこの大会が続く限りをサポートしていただけたら幸いである。

 それでは、「学生女子日本一」を目指す各校・選手を紹介しながら、クラス別と総合の展望と解説をしよう。レースは葉山港をベースに9月23〜25日の3日間開催される。

◎470級
 昨年のチャンピオン、徳重エリカ(4年・錦港湾)/安田真世(4年・博多女子)組(日本経済大)の徳重は、5〜6名がしのぎを削る部内での激しい正規チームのレギュラー・スキッパー争いでも、その椅子を確保しつつある実力派。

 男子クルーと組んで出場した8月中国・ユニバーシアードで銅メダルを獲得し、サバイバルな状況下で3レースのみ実施された全日本個選でも男子に混じって5位(女子スキッパー1位)と健闘するなど、2連覇に向けて万全の構え。もう1艇の波多江慶江(3年・福岡第一)/畑山絵里(1年・星林)組を含め、「個選」に続き、ここでも日経大勢の1、2まで狙う構えか?

 470級の2連覇は、3〜4回大会の山下美香(法政大学)、10〜11回大会の近藤愛(日本大学・9回大会はスナイプ級で優勝)、そして、14〜15回大会の岩崎めぐみ(第一経済大学・現日本経済大)と過去19回の歴史の中で3度ある。史上4人目として歴史に名を刻むか?

 チームバランスや「1・2狙い」で、スキッパー/クルーの入れ替えがあるかも知れないが、徳重艇を本命に指名させていただく。

 九州勢では、他にも鹿屋体の杉浦友絵(4年・碧南)/堤優華(3年・青森工)も有力候補だ。部員不足で、男子を含む正規チームでは「スナイプ・片クラス」状態が続くため、また、九州水域ではこの女子イン予選もないために、表舞台への登場こそ少ないが、かなりの実力あるコンビと見る。強風ともなれば、全日本個選であっといわせた「九州旋風」がここでも吹き荒れることになるか?

 男女問わずに強力な日経大勢に対抗できる勢力として期待していた関西大勢のエントリーがキャンセルとなった事は誠に残念だが、そのライバル校・関西学院大からは、こちらも正規チームのレギュラーを確保しつつある松下結(3年・長崎工)が、後輩の中川千晶(2年・長崎工)をクルーに出場。

 関西女子インカレでは、後藤沙季(関大4年・別府青山)との優勝争いに僅差で敗れはしたが、大学は異なるが同じ水域の代表として、本大会に出場が叶わなくなった彼女達の分までがんばって欲しいものである。

 他の関西勢も、甲南大の神木欄(2年・芦屋)/上亜沙子(3年・親和女子)組や近畿大からの2艇・竹本安希(4年・星林)/上村理紗(1年)組、玉井翠(4年・芦屋)/原風歌(1年)組などの正規チームでのエース格が揃う。

 昨年、出場が叶わなかった立命館大が2年ぶりに姿を見せてくる。この女子インでは、「看板勢力」であった時代も長く、昨年不出場の鬱憤を晴らして欲しいものだ。なかでも松永貴美(4年・海津明誠)/吉岡美帆(3年・芦屋)組として出てくれば優勝争いに加わることもありそう。ただ、吉岡はクルーではなくスキッパーとして出てくるかもしれない。その場合、松永にとってはクルーが下級生となり不安か? 

 同志社からも、昨年来正規チームでレギュラースキッパーを張る豊田華世(2年・別府青山)/池田理恵(2年・同志社香里)組が出場してくる。女子同士での戦いなら、意地でも大きくは負けられまい。

 関東勢では、早稲田大の山口祥世(2年・長崎工)/谷口柚香(2年・長崎工)組が筆頭格。関東女子インカレを危なげなく2連覇し、今や山口は全日本インカレで「総合4連覇」を目指す正規チームでも堂々たるレギュラー格である。高校時代は、このコンビでインターハイ優勝も成し遂げており、得意の軽風条件が多ければ九州勢・関西勢を蹴散らして優勝まで狙えるか?

 その他の関東勢では、期待したい法政大の堤ひなた(3年・福岡第一)と明治大の成田有紗(2年・捜真女子)の両名に残念ながら大学入学以降の成長が全く感じられない。それならば、日大のベテランクルー・高木優子(4年・海津明誠)がリードする新人の持田由美子(1年・磯辺)の持田/高木組や、明海大の波田地由佳(2年・碧南)/又村彩(2年・大湊)などの新興勢力に期待か?

まとめ
 徳重艇の2連覇を阻止する勢力の出現はあるか?
◎・・・・・・・・・徳重/安田組(日本経済大)
〇・・・・・・・・・山口祥/谷口組(早稲田大)
▲・・・・・・・・・松下/中川組(関西学院大)
△・・・・・・・・・杉浦/堤組(鹿屋体大)
△・・・・・・・・・波多江/畑山組(日本経済大)
△・・・・・・・・・松永/吉岡組(立命館大)
△・・・・・・・・・神木/上組(甲南大)
△・・・・・・・・・竹本/上村組(近畿大)
△・・・・・・・・・玉井/原組(近畿大)
△・・・・・・・・・持田/高木組(日本大)
△・・・・・・・・・豊田/池田組(同志社大)
△・・・・・・・・・波田地/又村組(明海大)

※次回、全日本女子インカレ展望・スナイプ編、総合編へ続きます。

毎週木曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 13:51| Comment(0) | インカレ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。