2011年09月26日

葉山女子インカレレポート

 全日本女子インカレ最終日。朝から吹きつける北風が秋本番を感じさせる葉山沖で、470級1レース、スナイプ級2レースおこなわれました。女子インカレは、個人戦、団体戦(本戦)と並んで「インカレ三大レガッタ」と呼べる注目の大会です。各大学も日本一の称号は重要な意味を持ち、実力校が真剣に女子選手の育成に力を注ぐようになりました。いまではどの大学でも女子はポイントゲッターです。(BHM編集部)

 この全日本女子インカレも今年で20回大会を迎える記念大会となりました。第1回大会は1992年(平成4年)のこと。プログラムに掲載されている優勝者一覧を見ると、懐かしさがこみ上げてきます。結婚して、苗字が変わっている女子選手も多く、「もう20年も経ったのか」と感慨深いものがあります。

11.09.25_08.jpg
19回大会までの優勝者一覧(※第1回大会優勝者のクルー氏名が違っているようです。備忘録として書いておきます。11/18 BHM編集部)

 さて、今年の全日本女子インカレ。インカレ本戦に比べて出場艇は少ないものの、選手たちは真剣そのもの。本戦は男子選手が加わるため、4年生女子はこの大会が最後になることもあって、彼女たちの緊張感は観戦者にも伝わってくるほどです。

 最終日は、曇天、北東の風のなか予定通り10時にはじまりました。470級は11ポイントのアドバンテージを持つ関西学院大の松下/森本が、「シングル」を目標に8位フィニッシュを決めて初優勝を飾りました。松下は小学5年で長崎ジュニアでヨットをはじめ、インターハイ女子ではソロ2位、3年時にはデュエット優勝を果たしたサラブレット。大学1年の時、ギリシアで開催された470級ジュニアワールドに今回のクルーの森本と出場しています。

11.09.25_06.jpg
「本当に運が良かっただけだと思います。風が上がると前を走っている選手のほうが全然速い。まわりがミスをしてくれて、わたしたちが残ったという感じです。きょう(最終レース)は10番以内が目標でした。レース中に自分を見失うこともあるので、“落ち着け、落ち着け”と言い聞かせていました」(松下・関西学院大3年。写真左)

「はじめから優勝を狙っていました。今回は団体優勝と470優勝ができて本当によかったです。まだ、よろこびの実感はありません。ヨットは大学に入ってから。高校まではクラシックバレエをやっていました。大学からはじめられ、打ち込めるスポーツをやりたくてヨット部を選びました。総合2連覇できて、後輩にいいバトンをつなげられました。来年もがんばって!」(森本・関西学院大4年)

 トップ日本大と2位関西学院大の得点が僅差のため、残り2レースで接戦が予想されたスナイプ級は、日本大の稲垣/古屋がわずか1点差で逃げ切り優勝を決めました。関西学院大の若林/山本は最終日2-2位、稲垣/古屋が3-3位。同点だった場合は、トップの回数の多い若林艇の優勝となる場面だけに、最終最後まで目が離せない展開となりました。

11.09.25_05.jpg
「スタートが苦手で、今回も全然でられなくて、全部追いかけるレースになってしまいました。それでも諦めないで1艇でも抜こうってクルーと話し合って。1位を取るコースじゃなくて、順当に以前を走れるコースを考えました。最終日は、関学が必ず抑えてくると予想していたし、スタートで失敗して前に出るのは厳しかった。自分と関学との間に1艇も入れないように、と考えていました。みなさんのおかげでいいレースができました。ありがとうございます」(稲垣・日本大4年。写真左)

「スナイプに乗ったのは大学に入ってから。監督、コーチ、稲垣先輩のおかげで勝てました。高校(山梨県吉田高校)ではヨット部でしたが、成績を残せなくて悔しい思いをしました。大学でがんばりたいと思って大学ヨット部に。これからもがんばります!」(古屋・日本大1年)

 バルクヘッドマガジンは、大会3日間、海と陸で取材していましたが、最終日のレース後に緊張から解放された選手たちのほっとした表情が印象的でした。次回のインカレは、11月初旬の全日本インカレ本番。その直前に江の島オリンピックウィーク(470ジュニアワールド予選も兼ねる)があり、主要大学の多くが参加するようです。バルクヘッドマガジンでは、今年も精力的に取材する予定です。お楽しみに!

11.09.25_07.jpg
20回を迎えた全日本女子インカレ。東日本震災の影響があるなか、日建・レンタコムグループが今年も大会スポンサーとして応援してくれました。これまで日本女子が成長したのは、同社のバックアップがあったからこそ。20年間も女子インカレをサポートしてくれたことに感謝です。大会期間中は東日本震災の募金活動もおこなわれました

◎バルクヘッドマガジン記事
9月21日 全日本女子インカレ展望 1
9月22日 全日本女子インカレ展望 2
9月23日 全日本女子イン初日成績
9月24日 全日本女子2日目成績速報
9月24日 全日本女子インカレ写真
9月25日 全日本女子イン最終成績
9月25日 葉山女子インカレレポート

毎週木曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 07:30| Comment(0) | インカレ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。