2011年10月03日

10月突入。秋本番です

 あっという間に10月、秋本番に突入です。10月5日まで開催される山口国体セーリング競技をはじめ、これから11月終盤まで全国で選手権大会がおこなわれます。ディンギーもキールボートも忙しい季節になりました。BHM編集部の10月は、オリンピックウィーク、江の島全日本インカレの取材を予定しています。(BHM編集部)

11.10.03_05.jpg
アリカンテに到着した〈Groupama〉。2011-2012年ボルボ・オーシャンレースは10月29日のインポートレースで幕を開けます。photo by TIM STONTON/Volvo Ocean Race

 また、世界的なニュースとしては、ついにボルボ・オーシャンレースがスタート。出場艇は、続々とスタート地点のスペイン・アリカンテに到着しているようです。ボルボ・オーシャンレースは、10月29日にインポートレース、11月5日にアリカンテ〜ケープタウンまでの第1レグ(距離6500マイル)がはじまります。

 あわせて、ボルボ・オーシャンレースと同時進行で進む「ボルボ・オーシャンレースゲーム」も、もうすぐ開幕します。ゲームとはいえ、世界中のファンが参戦する上に、優勝者には豪華賞品もあります(前回は寄港地までの旅行券、プラス現地でレース艇に乗船できる等の賞品がありました)。

 本編よりも、ゲームを楽しみにしている方も多いと思われますが、昼夜問わず、仕事が手につかなくなるのが難点です…。今回はスマートフォン版も用意されるようで、パワーアップしそうな雰囲気です。前回は、島にぶつかったり、コースを間違えてペナルティ(500マイルのバックダウン)を受けたり、痛い目にあいましたが、睡眠時間を削られるほどたのしいヨットレースゲームでした。今回はどうでしょうか? 仲間内や日本チームのグループをつくって競うのもおもしろそうですね。

◎Volvo Ocean Race
http://www.volvooceanrace.com/

サンケイビジネスアイ連載中コラム
第27回「セーリング競技のアピール方法」
第26回「海の大冒険、世界一周ヨットレース」
第25回「2013年開催、アメリカズカップの動向」
第24回「鹿児島鹿屋で開催。ロンドン五輪代表一次選考」
第23回「中東カタールとセーリング」
第22回「ジャック・スパロウより怖い世界の海賊」
第21回「冬こそ海へ出てセーリングを」
第20回「広州アジア大会でセーリング3種目金メダル」
第19回「オーストラリア・フリーマントルの風」
第18回「アジア版オリンピック、アジア競技大会迫る」
第17回「江の島で東京五輪記念レース開催」
第16回「いつまでも美しい海を守るために」
第15回「秋はヨットレース遠征の季節」
第14回「日本を元気にするジュニアセーラー」
第13回「ヨットレースは観客席のない試合?」
第12回「改革なるか?アメリカズカップ概要発表」
第11回「風はどこから吹いている?」
第10回「2010年度大学生チャンピオン決定」
第9回「リアルタイムに伝わる世界一周ヨットレース」
第8回「緊張の絶えない夜の海」
第7回「日本女子、ワールドカップ金メダル獲得」
第6回「風が吹かないならば、吹くまで待つ」
第5回「日本から世界へ飛び立つ女子セーラー」
第4回「満点の星空の下、真夜中の海を走る」
第3回「箱根駅伝と似た大学ヨットの熱気」
第2回「セーリング後進国から世界へ」
第1回「たった二人の身近な大冒険」
※FACEBOOK版バルクヘッドマガジンで随時更新しています。

毎週木曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 10:13| Comment(0) | コラム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。