2011年10月22日

雨の江の島フェスティバル

 オリンピックウィーク2日目。本日よりスナイプ、レーザー3種目、49er、420、モスの各クラスが開幕し、江の島ヨットハーバーはいつになく大賑わいです。オリンピックウィークらしい、異種目が交流するビッグイベントになりました。(BHM編集部)

 朝から雨が降ったり止んだりの江の島沖は、天候、風ともに安定せず、微風〜軽風のなかでレースがおこなわれました。時には土砂降りの雨にみまわれ、選手、運営泣かせのコンディション。雨足が止まると風もなくなり、しばらく海上で風待ちする風景もみられました。

※レースの結果は、公式サイトで発表され次第掲載します。

◎江の島オリンピックウィーク2011
http://www.f-ssc.com/EOW2011j.htm

11.10.22_02.jpg
江の島は朝から雨が降ったりやんだり。弱い風が予想されましたが、振れて風がなくなる前に1レースでもやろうと出艇しました。photo by Junichi Hirai

11.10.22_01.jpg
年に一度の大イベント、49er全日本選手権出場者一同。photo by Junichi Hirai

11.10.22_03.jpg
レーザーラジアル級ナショナルチームバトル。蛭田香名子(右)、高橋香。photo by Junichi Hirai

11.10.22_05.jpg
スタートと微軽風のスピードは高校生の域を超えている土居愛実(2010年ラジアルユースワールド2位、2011年ユースワールド4位)。photo by Junichi Hirai

11.10.22_04.jpg
3レースおこなわれたレーザー級の最終レースはハイクアウトするまで風が上がりました。photo by Junicihi Hirai

11.10.22_07.jpg
49er級は現役ナショナルチームの牧野幸雄/高橋賢次(写真中央)、中村健次/飯島洋一(写真右)、関一人/佐々木共之ら五輪選手が出場するドリームフリートです。photo by Junichi Hirai

11.10.22_09.jpg
風待ち中の49er。サポートボートには高木正人さん(アトランタ五輪470級代表、アテネ五輪49er級代表)も乗って応援にかけつけました。photo by Junichi Hirai

毎週木曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 23:41| Comment(0) | ディンギー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。