2011年11月10日

岩手高校ヨット部番組放映

 津波ですべてのヨットが流されてしまった岩手県宮古商業高校、宮古高校ヨット部のドキュメンタリー番組が、IBC岩手放送で放映されました。高校生がインターハイへ出場するまでをテレビカメラが追っています。ただいま期間限定でIBC岩手放送ホームページ内で観ることができます。ぜひ、ごらんください。(BHM編集部)

◎響け!復興の号砲―被災地高校アスリートの夏―
http://www.ibc.co.jp/tv/tokushu/
※【[PC限定]期間限定動画配信!(12月11日まで)】をクリックすると別画面で動画がはじまります。

 両校ともゼロからのスタートでした。すべてを失った選手たちは廃部を考えたといいます。しかし、全国からの応援、支援でヨットが贈られ、ギリギリの時間で東北予選、インターハイ出場までこぎつけました。宮古へ船が到着した時の、ヨット部員の笑顔が印象的です。

 岩手をはじめ、東北セーリングは、以前と同じ活動にはほど遠い状況にあります。船問題は全国から支援があったという報告を聞きましたが、施設やセーリング環境の整備も必要です(現在、岩手県では2016年に国体が予定されています)。普段、自分が何も考えずにセーリングできるしあわせを、あらためて考えさせられました。

毎週木曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 14:45| Comment(0) | 東北支援
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。