2011年12月15日

トムスリングスビーの領域

 12月15日、ISAFセーリングワールド。後半組の中日を迎え、本日はスター級、470級女子がレイデイに。他クラスは、ゴールド、シルバー、ブロンズにわかれて決勝フリートがおこなわれました。(BHM編集部)

 日本勢でゴールドフリートに進んだのはRS:X級の富澤のみ。残念ながら、49er級、スター級、レーザー級の国枠獲得はほぼ絶望となりました。このISAFセーリングワールドで五輪出場国枠が獲得できない場合は、2012年度の各種目世界選手権で残りの国枠数を競うことになります。

11.12.15_05.jpg
決勝フリートがはじまったレーザー級。世界最高峰のセーリング技術を持つ選手があつまるゴールドフリートは激戦。トップから最後尾まで短時間で走り抜けていきます。photo by Junichi Hirai

 2004年のアテネ五輪後、オリンピック種目は、予選、決勝、メダルレースという3段階でおこなわれるようになりました。大会のなかの位置づけとして、予選・決勝はオープニングシリーズと呼ばれ、あくまでメダルレースへ進む選手を決めるための消化レースです。オリンピック種目ではメダルレースが本番レース。メダルレースへ出場するトップ10に入らない限り、メダル獲得はありえません。総合的に見て、470級女子以外の日本チームが厳しい状況であることは言うまでもありません。

 さて、青空が広がったフリーマントル沖は、南風が気持ちよく吹き上がりました。きょうからはじまったゴールドフリートの迫力は半端ではありません。特にセーリング界で最大フリートを誇るレーザー級に出場する選手はトップ中のトップセーラー。レーザー級には、かつてベン・エインズリー、ロバート・シェイドといったスターが活躍し、この種目から他種目、キールボート、プロセーラーへとステップアップしています。そして、現在のレーザースターは、オーストラリアのトム・スリングスビーです。

11.12.15_01.jpg
強豪選手が揃うレーザー級のなかで特筆したスピードを持つトム・スリングスビー(27歳)。現在5回のトップを含めて独走態勢です。photo by Junichi Hirai

 本日のスリングスビーは、第1レースを1レグ近く離すほどのトップフィニッシュ(ゴールドフリートで!)。第2レースは第1上マークを中位置で回航し、さらにマークタッチでペナルティを解消し、不利ななかでダウンウインドへ。そこから、ずんずんと抜きさって5位フィニッシュを決めました。

 トム・スリングスビーは、北京五輪で「金メダル確実」というほどの本命でしたが、まさかの敗退(22位)を喫しました。のちのインタビュー記事で「プレッシャーによる精神的なものが原因だった」という記事を読んだことがあります。しかし、この大会のような世界選手権で、トップセーラーのさらに上をいく走りを見ると、全選手平等のチャーター艇なのに何かが違っているように見えます。エインズリーやシェイドのような「だれも手出しできない次の領域」に近づいたのでしょうか。スリングスビーは、これまで3度の世界チャンピオンを獲得し、2010年度はISAFセーラー・オブ・ザ・イヤーに輝きました。また、今年からアメリカズカップのオラクルレーシングチームにも所属しています。

 明日16日は、RS:X級男子、レーザー級がレイデイ。現在2位につける470級女子、近藤/田畑の後半戦がはじまります。世界選手権で金メダルを狙う彼女たちを日本から応援しましょう!

◎ISAFセーリングワールド・ リアルタイム航跡データ

11.12.15_01.jpg
RS:X級男子ゴールドフリートには富澤(JPN11)が出場しています。第2レースでは最高のスタートを見せました。photo by Junichi Hirai

11.12.15_03.jpg
RS:X級では日本のほかに、中国、韓国、タイ、シンガポール 、香港、フィリピンといったアジア諸国からも出場しています。photo by Junichi Hirai

11.12.15_04.jpg
琉球大所属の岩山周平。photo by Junichi Hirai


11月15日のISAF動画ニュース。トム・スリングスビーのレーザーアクションは必見です

※バルクヘッドマガジン・フェイスブックでは、ISAFセーリングワールドの写真を毎日アップしています。12月15日の写真はこちら

◎470級女子 参加48艇
1. ESP 16p
2. 近藤/田畑 23p
3. NED 29p
20. 吉迫/大熊 87p

◎RS:X級男子 参加89艇
ゴールド
30. 富澤慎 131p
シルバー
65 金子岳司 178p
80. 尾川 潤 240p
86. 岩山周平 286p

◎レーザー級 参加147艇
ブロンズ
115. ホール・イアン 201p
116. 安田真之助 203p
121. 城航太 216p

◎スター級 参加41艇
27. 鈴木國央/和田大地 167p

◎49er級 参加67艇
シルバーフリート
31. 牧野幸雄/高橋賢次 119p

◎Perth 2011 ISAF Sailing World Championships
http://www.perth2011.com/

◎バルクヘッドマガジン・パース2011記事
13. 近藤田畑、暫定2位へ浮上
12. 470女子の熾烈な闘い
11. フリーマントルの町紹介
10. 470近藤田畑初日トップ!
9. ISAFワールド前半戦終了
8. 470男子、代表持ち越しへ
7. 松永今村、代表候補に王手
6. パース激突、松永対原田!
5. 明暗分けた日本。予選終了
4. サンダーストーム通過
3. 松永今村、初日ダッシュ!
2. パースへ向かう機内にて
1. パースISAFワールド開幕

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 21:35| Comment(0) | オリンピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。