2011年12月17日

近藤田畑、メダルレースへ

 12月17日、ISAFセーリングワールド。昨日の結果により、日本のスター級は25位で大会を終えました。スター級の鈴木/和田は、出場国枠獲得ならず。来年5月にフランス・イエールで開催される世界選手権で、残り4カ国の枠取りを狙います。本日メダルレースがおこなわれたスター級は、ブラジルのロバート・シェイド/ブルーノ・プラダが圧勝。2位には、アメリカを逆転したドイツが入りました。(BHM編集部)

11.12.17_03.jpg
470級女子フリートレース最終日。オーストラリア、GBR(写真)、イスラエル、ニュージーランドが上昇しました。photo by Junichi Hirai

 さて、日本の近藤/田畑、吉迫/大熊が出場する470級女子は、本日がフリートレース最終日。女子2チームは、開始時間が午後2時半のため、余裕を持ってハーバーへ到着。お昼ごはんを食べ、リラックスしたムードで出艇していきました。

 沖寄りに設置されたコースでは、時間と共にフリーマントルドクターがやってきました。泣いても笑ってもフリートレースはこれで終わり。日本だけでなく、他国の選手からも緊迫したムードが伝わってきます。470級女子のレースは、男子に比べて興奮気味のようで、マーク回航時には大声が聞こえてきます。母国語で叫んでいたりして、何を言っているのか分かりませんが、気持ちが高ぶっているのがよくわかます。

 しかし、上位にあがってくる顔ぶれは同じです。さらに、オーストラリア、ニュージーランドといった実力チームが上がってきました。日本チームは、2レースとも第1上マークを中位置で回航し、後方から追い上げますが、上位に入る他国が安定していて総合ポイントをあげられません。470級女子はスペインが大きくリード。近藤/田畑は2位まで僅差ながらも5位でメダルレースへ進出。吉迫/大熊は、追い上げましたがメダルレース進出を逃しました。

 明日はISAFセーリングワールド最終日。RS:X級、レーザー級、470級、47er級のメダルレースがおこなわれます。470級のスタート時間は13時10分(日本時間14時10分)開始です。ライブ航跡データで応援しましょう。日本からパワーを!


17日の近藤/田畑のアップインドです。本人達は満足の走りではなかったようですが、ハイレベルな走りをみることができます

11.12.17_07.jpg
出艇前の近藤/田畑。田畑は毎日、新品のグローブ(GRIP M)をおろして使っています。「新品の方がグリップ力がいいですから」と田畑。近藤/田畑は、世界選手権メダルレースに進出することで日本代表の選考規定をクリア、代表候補に内定しました。photo by Junichi Hirai

11.12.17_04.jpg
吉迫/大熊。シリーズ後半に追い上げを見せましたがメダルレースに届かず。photo by Junichi Hirai

11.12.17_05.jpg
5位に後退しましたが、2位まで9点差、3位まで3点差。photo by Junichi Hirai

11.12.17_06.jpg
岸壁のコースでおこなわれたRS:X級男子。富澤が26位となり、日本はロンドン五輪出場国枠を獲得しました。代表候補の決定は3月スペイン・カディスで決まります。photo by Junichi Hirai

11.12.17_08.jpg
スター級で優勝したロバート・シェイド/ブルーノ・プラダ。photo by Paul Kane


12月17日のISAF動画ニュース。メダルレースがおこなわれたスター級、RS:X級の特集です

テレビ・ライブ中継
ライブ航跡データ

※バルクヘッドマガジン・フェイスブックでは、ISAFセーリングワールドの写真を毎日アップしています。12月17日の写真はこちら

◎470級女子 参加48艇 ※上位10艇がメダルレースに進出
1. PACHECO / BETANZOS ESP 49p(-20)
2. COHEN / BUSKILA ISR 60p(-9)
3. MILLS / CLARK GBR 66p(-3)
4. ALEH / POWRIE NZL 67p(-2)
5. 近藤/田畑 69p
6. CONTI / MICOL ITA 70p(+1)
7. CLARK / HUGHES GBR 84p(+15)
8. GRAEL / SWAN BRA 86p(+17)
9. RECHICHI / STOWELL AUS 99p(+30)
10. WESTERHOF / BERKHOUT NED 100p(+31)
14. 吉迫/大熊 121p

◎RS:X級男子 参加89艇
ゴールド
26. 富澤慎 181p
シルバー
67 金子岳司 216p
78. 尾川 潤 262p
89. 岩山周平 332p

◎レーザー級 参加147艇
ブロンズ
111. 安田真之助 217p
112. ホール・イアン 217p
116. 城航太 229p

◎スター級 参加41艇
25 鈴木國央/和田大地 209p

◎49er級 参加67艇
シルバーフリート
34. 牧野幸雄/高橋賢次 171p

◎Perth 2011 ISAF Sailing World Championships
http://www.perth2011.com/

◎バルクヘッドマガジン・パース2011記事
16. メディアとヨットレース
15. ISAFワールド日本女子躍進
14. トムスリングスビーの領域
13. 近藤田畑、暫定2位へ浮上
12. 470女子の熾烈な闘い
11. フリーマントルの町紹介
10. 470近藤田畑初日トップ!
9. ISAFワールド前半戦終了
8. 470男子、代表持ち越しへ
7. 松永今村、代表候補に王手
6. パース激突、松永対原田!
5. 明暗分けた日本。予選終了
4. サンダーストーム通過
3. 松永今村、初日ダッシュ!
2. パースへ向かう機内にて
1. パースISAFワールド開幕

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 21:58| Comment(0) | オリンピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。