2011年12月28日

アブダビへフィニッシュ

 6チームで世界一周を戦っているボルボオーシャンレース第2レグ。ケープタウンからアブダビ(海賊等による危険回避のため寄港地名は発表されず)まで5430マイルの激戦は〈テレフォニカ〉が1分57秒差で〈カンペール〉を破り、第1レグに続いてトップフィニッシュを飾りました。しかし、〈カンペール〉のクリス・ニコルソン艇長は、フィニッシュライン直前にケースがあったとし、プロテストしています。続いて、〈プーマ〉〈グルーパーマ〉〈アブダビ〉がフィニッシュへ。中国の〈サンヤ〉は途中リギントラブルにより、レースを中断。まだ、マダガスカル島で修理をおこなっているようです。次回インポートレースは1月13日、中国海南省・三亜までの第3レグは1月14日スタートです。(BHM編集部)

11.12.28_01.jpg
フィニッシュ直後のテレフォニカチーム。photo by PAUL TODD/Volvo Ocean Race

◎第2レグ成績
1-Telefonica (Iker Martinez) 24 points
2-Camper (Chris Nicholson) 20 points
3-Puma (Ken Read) 16 points
4-Groupama 4 (Franck Cammas) 12 points
5-Abu Dhabi (Ian Walker) 8 points
6-Sanya (Mike Sanderson) 0 point

◎総合成績
1-Telefonica (Iker Martinez) 1+30+6+24 = 61 points
2-Camper (Chris Nicholson) 4+25+5+20 = 54 points
3-Groupama 4 (Franck Cammas) 2+20+2+12 = 36 points
4-Puma (Ken Read) 5+0+4+16 = 25 points
5-Abu Dhabi (Ian Walker) 6+0+3+8 = 17 points
6-Sanya (Mike Sanderson) 3+0+1+0 = 4 points

◎Volvo Ocean Race 2011-12
http://www.volvooceanrace.com/

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 08:38| Comment(0) | 外洋レース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。