2011年12月29日

激闘3分シドニーホバート

 毎年クリスマス明けの26日にスタートするシドニーホバートヨットレース。この大会は、オーストラリアで毎年おこなわれる恒例のオフショアレースです。コースは、シドニー湾をスタートして、タスマニア島のホバートまで628マイル。今年は昨年より大幅に参加が増えて95艇がエントリーしています。

 注目されたラインオナーは、100フィート同士のスーパーマキシ対決、〈Wild Oats XI〉(RP100)と〈Investec Loyal〉(Elliott Maxi)に注目が集まりました。2艇はマッチレースの様相で戦い、フィニッシュのホバート湾に入ってもデットヒート。その差、3分8秒で〈Investec Loyal〉が勝利しました。ラインオナー争いでは、大会史上(過去29年間で)最も僅差となる記録だそうです。

 しかし、ここであらたに問題が。ラインオナーの〈Investec Loyal〉が、レース中にテレビ局(ABC放送)のヘリと交信し、〈Wild Oats XI〉のセールプランを聞いたとし、レース委員会から抗議(RRS41条・外部の援助)を受けています。審問は29日におこなわれます。

※抗議は棄却され〈Investec Loyal〉のファーストホームが確定しました

11.12.29_04.jpg
28日夕方、ホバートのフィニッシュラインへ向かう2艇。photo by Rolex / Daniel Forster

11.12.29_02.jpg
INVESTEC LOYAL。photo by Rolex / Kurt Arrigo

11.12.29_03.jpg
Wild Oats XI。photo by Rolex / Daniel Forster

11.12.29_05.jpg
帰着後、報道陣に囲まれるINVESTEC LOYALのAnthony Bellオーナー。photo by Rolex / Daniel Forster

◎シドニーホバートヨットレース
http://rolexsydneyhobart.com/

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 08:13| Comment(0) | 外洋レース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。