2012年01月06日

RS対XX。女子スキフ対決


 今年3月にトライアルがおこなわれ、5月のISAFミッドイヤーミーティングで決定するリオ五輪女子スキフ種目。この種目に立候補しているRS900(リオのために開発された五輪専用モデル)が活気づいてきました。一方、本命と言われている29erXXは、すでにヨーロッパサーキット、世界選手権(2012年は9月イタリア)なども開催され大きくアピールしています。(BHM編集部)

 艇種決定は、船の性能だけで選ばれるものではありません。各国の反応や予想される普及率、組織・レース活動の実際、ボートや艤装品の価格なども注目されます。現状では、ロンドン五輪の艇種採用で落選してからも、地道に活動を継続してきた29erXXの方が若干有利でしょうか?

 ちなみに昨年におこなわれた29erXXの大会では、長方形型のスラロームコースが採用され、2艇が右と左のコースにわかれて戦うトーナメント方式でおこなわれました。種目によっては、レースコースも変わりそうです。

12.01.06_01.jpg
イギリスを中心に欧州で人気のRSシリーズから、五輪種目に立候補したRS900。photo RS Sailing

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 09:18| Comment(0) | オリンピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。