2012年01月10日

OPシンガポール女子優勝

12.01.10_11.jpg
 1月9日までニュージーランドで開催されたオプティミスト級世界選手権は、後半戦で大逆転を遂げたシンガポールの女子、キンバリー・リム選手が総合優勝を飾りました。女子チャンピオンは、昨年のマレーシア大会で優勝したタイのポーンパット選手に続いて2大会連続。また、アジア勢は4位にシンガポール、6位にマレーシアが入賞するなど本領発揮。OPの世界ではアジア各国の強化が実現し、結果に現れてきています。いずれ早いうちにオリンピックでもメダルを獲得する日が来るでしょう。日本の最高順位は35位の山大智選手です。みなさん、おつかれさまでした!(BHM編集部)

12.01.10_10.jpg
総合優勝のキンバリー・リム選手。シンガポールは、アジアのなかでも指折りのセーリングを強化している国です

12.01.10_13.jpg
210名により競われたオプティミスト級世界選手権

12.01.10_12.jpg
チームニュージーランドのヘルムスマン、ディーン・バーカー(左端)も見学に訪れました


最終日のビデオニュースです。風が弱く、また強い潮のためレースは中止になりました

◎OptiWorlds New Zealand
1. Kimberly Lim, (SIN) 70 points
2. Bart Lambriex (NED) 74 points
3. Javier Arribas (PER) 77 points
4. Ryan Lo (SIN) 78 points
5. Francisco Ducasse (CHI) 87 points
6. Ahmad Syukri Abdul Aziz (MAS) 90 points
7. Wade Waddell (USA) 96 points
8. Gabriel Elstrodt (BRA) 109 points
9. Rodrigo Luz (BRA) 112 points
10. Leonard Takahashi-Fry (NZL) 114 points
35. 山大智
66. 高宮豪太
105. 岸祐花
148. 菅野 翔
183. 馴田正平

◎Opti Worlds NZL
http://www.optiworldsnz.org.nz/
◎日本チーム応援ページ
https://sites.google.com/site/optiworldsnz2011/

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 10:32| Comment(0) | ジュニア・ユース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。