2012年02月05日

56艇参加!相模湾合同R

 2月5日、相模湾荒崎沖でキールボートシリーズ相模湾のトライアルレースがおこなわれました。このイベントは、相模湾のキールボートレースを各ヨットクラブ、各水域が合同で開催し、年間ポイントで競おうとするものです。今回は、プレイベントとしてHMYC(葉山マリーナヨットクラブ)クラブレースとリビエラ湘南レースが合同で開催されました。エントリーは、真冬にもかかわらず合計56艇(うちキールボートシリーズ参加は24艇)。次回キールボートシリーズは、4月14、15日のノルウェーフレンドシップヨットレースです。(BHM編集部)

◎キールボートシリーズ相模湾(トライアル成績など)
http://www.keelboat.org/
◎BHM記事:相模湾に新サーキット登場

 また、同時開催となる葉山マリーナヨットクラブ主催のHMYC会長杯には、29艇が出場しました。優勝は〈ブロス〉(メルジェス32)です。今年の相模湾は例年にも増して盛り上がりそうですね。

12.02.05_04.jpg
HMYC会長杯成績

12.02.05_03.jpg
キールボートシリーズ相模湾は、昨春、有志で立ち上げられたJSAFキールボート強化委員会が企画したイベントです。まずは、このために奔走した同委員会の稲葉健太さんに拍手! ヨットの数が多いことで知られる相模湾水域ですが、ヨットクラブやJSAF団体の数も多く、セーラーの本意ではありませんが、いまひとつ、まとまりがありません。このイベントは、稲葉健太他キールボート強化委員会、意見賛同者が中心になり、主要ヨットクラブや組織に丁寧に説明してまわり実現しました。キールボートシリーズは、単なる合同ヨットレースという意味だけではく、相模湾のセーラーが手をつなぐ画期的なイベントだと確信しています。次回大会も期待しましょう!photo by O.Yuko

◎JSAFキールボート強化委員会(毎月行われている会議の議事録が読めます)
http://www.jsaf.or.jp/keelboat/index.html

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 23:36| Comment(0) | キールボート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。