2012年02月26日

学生ボードセーリング団体

 2月24〜26日、和歌山セーリングセンターで「2011年度全日本学生ボードセーリング選手権・大学対抗戦」が開催されました。参加は25大学90名、制式艇種のテクノ293クラスにより全9レースがおこなわれました。団体戦優勝は関東学院大。個人戦優勝は小森貴祐(関西学院大)でした。関東学院大は団体4連覇を達成です。(文/BHM編集部、写真・協力/和歌山セーリングクラブ)

12.02.26_03.jpg
和歌山で開催された全日本学生ボードセーリング選手権

◎優勝コメント
団体優勝:関東学院大学
助川 大(4年)
「今回は昨年と違い和歌山になりましたが、はじめての環境の中、大学でひとつになり選手だけでなく、メンバー以外のサポートがあって4連覇となりました。レースに出ているのはメンバー5人中3人でしたが、控えのメンバー、メンバーになれなかった部員も大会中助け合い、レースに集中できました。長年続いてきた蒲郡から和歌山に変更されましたが慌てることなく、レース海面の特徴などもOBの方々にアドバイスをいただき、レースを優位に運べました。あらめて今回の優勝、4連覇は、すべてメンバーの力で勝ち取れたものだと思います」

12.02.26_06.jpg
団体戦優勝の関東学院大

個人優勝:関西学院大学
小森貴裕(主将)
「今回のレースは後輩とのはじめてのレースで、初めて関学としての団体戦でした。全体を通していいレースができたと思います。来年は団体入賞を目指します」

 大会期間中、日本学生ボードセイリング連盟では、ツイッターによるレース速報をはじめ、ツイキャス(TwitCasting)による動画ライブ配信をおこない大会を盛り上げました。また、連盟がOB、OGのために貸切バスを利用した観戦ツアーを企画したり、選手だけでなく大学関係者が積極的に大会をサポートしているようです。こうした流れは、バルクヘッドマガジンで登場頻度の高い大学ヨット部にはないもの。学生ウインドサーフィンの今後の活動に注目です。

◎日本学生ボードセイリング連盟
http://www.jubf.org/

12.02.26_04.jpg
防波堤から選手を応援するサポート部隊

12.02.26_01.jpg
団体戦・個人戦成績(pdf)

12.02.26_05.jpg
個人戦優勝の小森選手(関西学院大)

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 20:20| Comment(0) | インカレ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。