2012年03月05日

日本大活躍!メルジェス32

 2月最終週、スペイン・バルセロナで開催されたメルジェス32バルセロナウインターシリーズの最終戦が終わり、日本の〈ブロス〉(亀井直文ヘルムスマン)が、総合優勝を飾りました。この大会は昨年11月から月に1度開催され、4回のレガッタの総合で競われます。〈ブロス〉は第1戦、2戦で1位、第3戦、4戦で3位を獲得し、2位の〈BRIBON-MOVISTAR〉の追随を許さず、首位を保守しました。(BHM編集部)

12.03.05_05.jpg
バルセロナウインターシリーズ総合優勝を飾った〈ブロス〉。photo by Jesús Renedo

◎Barcelona Winter Series
http://www.merchbancbarcelonawinterseries.com/

◎Barcelona Winter Series 参加7艇
1. Bros 24p
2. ESP BRIBON-MOVISTAR 27p
3. GER Immac Fram 34p
4. ESP Gunter 56p
5. ESP Nueva Bahía de Pasaia 64p
6. AUT Robertisima 101p
7. GBR Highlife 136p

 また、3月2〜4日まで、アメリカ・マイアミで開催された「メルジェス32マイアミチャンピオンシップ」に出場した〈スウィング〉(鈴木啓介ヘルムスマン)が3位を獲得しました。今年9月のアメリカ・ニューポート世界選手権を目標に活動する〈スウィング〉は、1月キーウエストレースウィーク(7位)に続いて参戦。2日目までに6レースおこなわれ、大会最終日は強風のためにレースがキャンセルされたため、前日の成績が最終成績となりました。

◎2012 Melges 32 Miami Championship
http://www.yachtscoring.com/emenu.cfm?eID=599

◎Miami Championship 参加26艇
1. Alec Cutler/Richard Clarke, Hedgehog [17]-5-2-6-1-3 17p
2. John Porter/Jonathan McKee, Full Throttle [11]-4-4-2-7-1 18p
3. Keisuke Suzuki/Jesper Radich, Swing 1-3-1-2-[24]-11 24p
4. Jason Carroll/Cameron Appleton, Argo 3-7-5-5-[8]-5 25p
5. Alex Jackson/Charlie McKee, Leenabarca 8-[9]-6-1-3-8 26p
6. John Kilroy/Lorenzo Bressani, Samba Pa Ti [10]-8-7-3-9-6 33p
7. Mark Plaxton/Anthony Kotoun, INTAC 4-6-10-[22]-5-12 37p
8. Vincenzo Onorato/Adrian Stead, Mascalzone Latino 14-1-16-4-[22]-7 42p
9. Joel Ronning/Bill Hardesty, Catapult 7-10-13-10-[21]-2 42p
10. Ryan DeVos/Ed Baird, Volpe 15-2-18-9-[20]-9 53p

12.03.05_06.jpg
4日までおこなわれたマイアミチャンピオンシップ。エド・ベアード、キャメロン・アップルトン、トム・スリングスビー、バスコ・バスコットなど世界の名セーラーがタクティシャンで乗り込みました。photo by JOY / IM32CA

12.03.05_07.jpg
ハイレベルなビッグフリートで3位入賞を果たしたスウィング。photo by JOY / IM32CA

 今回のブロス、スウィングのチーム構成は、ブロスは、亀井オーナー/ヘルムスマン+山田寛+スペイン選手、スウィングは、鈴木オーナー/ヘルムスマン+中村匠+デンマーク選手です。日本と海外選手のチーム構成が、いい結果をもたらした原因のひとつと考えれます。メルジェス32は、オーナードライブによるワンデザインクラス。どんな人材を揃えるのかもオーナーが考える重要な戦術です。次の大会は、アメリカは4月ウエストパームビーチ、欧州はイタリアのアウディセーリングシリーズ第1戦(4月)となります。世界で戦う日本キールボートチームの活躍に注目です。

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 16:05| Comment(0) | キールボート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。