2012年03月09日

VOR艇団、オークランドへ

 中国三亜を出発して18日目。ボルボオーシャン世界一周レース第4レーグは、オークランドへ向けて最終バトルを繰り広げています。沖縄付近まで上昇して南下する読みは、さすがとしか言いようがありません。貿易風を受けて快調に南下。赤道付近でもカームにつかまらず、ニュージーランド上方の高気圧をさらりと避け…。ヨットレース気象予報の進化を実感します。(BHM編集部)

 艇団は、ソロモン諸島を通りぬけるコースで左右に分かれましたが、全体的にとても似たプランのなかで戦っているので、それほど差もつかず近距離で戦うことになっています。首位を走るのはフランク・カマ率いる〈グルーパーマ〉で、こちらの第4レグ優勝はかたいところでしょう。2位は、続いて〈プーマ〉〈テレフォニカ〉が接戦で寄港地・オークランドへ向かっています。

12.03.09_01.jpg
季節は一気に夏へ。南太平洋を走るアブダビ。photo by Nick Dana/Abu Dhabi Ocean Racing

12.03.09_02.jpg
スコールを走るグルーパーマ。photo by Yann Riou/Groupama Sailing Team/Volvo Ocean Race

12.03.09_03.jpg
各チームには毎日、動画、レポート、写真を発信するメディアクルーが乗り込んでいます。photo by Ryan Houston/Team Sanya/Volvo Ocean Race

12.03.09_04.jpg
計器の横には固定ビデオカメラ。計器は毎日キャリブレーションされます。photo by Amory Ross/PUMA Ocean Racing/Volvo Ocean Race

12.03.09_06.jpg
ヒゲも剃ります。photo by Hamish Hooper/CAMPER ETNZ/Volvo Ocean Race

12.03.09_07.jpg
トップヘオークランドへ向かうグルーパーマ。photo by Yann Riou/Groupama Sailing Team/Volvo Ocean Race

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 07:28| Comment(0) | 外洋レース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。