2012年03月16日

デストップニュース最新号


 世界のヨットレースニュースを毎週お届けするデストップニュース。まずは、フランス艇〈グルーパーマ〉が勝利したボルボオーシャンレースから。昨年のラグビーワールドカップでは、ニュージーランドに敗れたフランスですが、世界一周レースでリベンジを果たしました。グルーパーマは、バウセクションから浸水していて、水密のドアをあけると大量の水が…。後半は排水しながらのセーリングだったようです。第4レグの順位は、1位グルーパーマ(FRA)、2位プーマ(USA)、3位テレフォニカ(ESP)、4位カンペール(NZL)、5位アブダビ(UAE)、6位サンヤ(中国)でした。(BHM編集部)

12.03.16_01.jpg
第4レグトップのグルーパーマ。難関の太平洋縦断コースで他艇を振り切り優勝を果たしました。photo by IAN ROMAN/Volvo Ocean Race

12.03.16_02.jpg
上架されたグルーパーマ。バウセクションの損傷部分はカバーされ、修理がおこなわれています。photo by Marc Bow/Volvo Ocean Race

 続いて、ふたり乗り大西洋横断レース「La Solidare du chocolat」。フランスのSaint Nazaire(サンナザレ)を11艇がスタートしました。さらに、手漕ぎボート「ブーベ・ギアナ」。バルクヘッドマガジンでも先月紹介しましたが、ついにフィニッシュしたようです。しかし、荒波の中では遭難しているようにしか見えません…。

 最後は、五輪種目のマイアミセーリングシリーズ。この大会は、バカルディ社がスポンサーで、スター級では「バカルディカップ」として85年の歴史があります。今年のスター級は62艇が出場しました。注目は、ニュージーランドのハーミッシュ・ペッパーが新クルーと本格始動。日本のメルジェス32〈夜叉侍〉のタクティシャンをつとめる彼は、同チームの援助で新艇を建造しました。ボート名も〈Yasha Samurai〉です。ハーミッシュ・ペッパーは、クルーを交代したため、昨年末のISAFセーリングワールドには出場しておらず、ロンドン五輪の出場権利を持っていません。そのため、5月の世界選手権(フランス・マルセイユ)で、日本の鈴木/和田と同じように国枠を掛けて戦うことになります。スター級の残り国枠数は4つです。

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 08:05| Comment(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。