2012年03月26日

強風カディス決勝スタート

 3月25日、スペイン・カディスRS:X級世界選手権4日目。決勝ラウンドが今日から始まりました。定刻通りに男子ゴールドフリートからのスタート。風向は90〜100度、風速は15〜17ノット、昨日より左からの風が入っています。(レポート/JSAFオリ特:宮野幹弘)

12.03.26_07.jpg
本日より決勝シリーズがはじまりました。大会は28日まで開催されます。photo by RS:X Class

 2回目の五輪代表を決めた富澤は、ゴールドフリートに入り緊張したのか、いつものスタートが見られません。それでも風をしっかり見極めスタートの出遅れの挽回をはかりましたが、そこはゴールドフリートです。予選のようにはいかず、順位を伸ばすことはできませんでした。

 しかし、本日の第3レース(通算7レース目)では何とか10番後半に入ることができ、少し得たものがあったようです。5レース以上消化のため1カットが入り、総合順位は落としてしまいましたが、幸い大きく順位を落とすレースがなく安定しています。

 引き続き女子ゴールドフリートがスタートしました。このころには風がさらに強くなり18〜20ノット、ブローで25ノットと今大会一番の強風レースになりました。

 初の五輪代表を決めた須長はゴールドフリートの緊張かスタートは良かったもののスピード、角度があまりよくなく20位前半で下マークを回航となりました。しかし須長はさらに風が上がりセールを落とす選手が多い中、安定した走りを見せ14位でフィニッシュ。その後の2レースは、強風下だったせいもありセールが切れてしまったり、ガスケットがはがれてしまったりとアクシデントに見舞われ、順位を伸ばすことができませんでした。

 須長は周りの選手が順位を落としてくれたおかげもあり総合順位は上がりましたが、レース内容は納得いくものではなかったようです。明日は今日の悪かったところを見直し、上を目指してほしいと思います。女子シルバーフリートは、大西が本日行われた2レースともに3位、小菅も5位と順位を上げました。

 今日は、強風下ガスティーなコンディションでした。風もシフティー、海面もチョッピーだったため、セール位置を安定的に維持することが難しかったと思いますが、世界のトップ選手たちは、このようなコンディションでもさすがと思わせる走りを見せています。明日も強風が予想されています。


大会4日目のダイジェスト映像です。ベテラン女王アレッサンドリア・センシニ(五輪金×1、銀×1、銅×2、ワールド金×4、ヨーロピアン金×5)が3位へ浮上。恐ろしくハイレベルなスペイン女子決戦はブランカ・マンションがリード。わずか1点差でマリナ・アラバウが追っています。http://www.fleetracingtour.com/

◎RS:X級世界選手権・決勝ラウンド第1日終了時
男子(48カ国120選手)
1. NED Dorian van Rijsselberge 18.0p

2. FRA Julien Bontemps 19.0p
3. GRE Byron Kokalanis 20.0p

4. GBR Nick Dempsey 20.0
p
5. NZL JP Tobin 23.0
p
20位 富澤 慎 10-10-13-14-22-(23)-19
86位 金子岳司 BFD(61)-42-47-46-22-19   

女子(37カ国80選手)
1. ISR Lee Korzits 8.0
p
2. POL Zofia Klepacka 12.0
p
3. ITA Alessandra Sensini 24.0
p
4. POL Maja Dziarnowska 26.0p

5. ESP Blanca Manchon Dominguez 32.0
20位 須長由季 16-13-3-14-14-22-(32)
44位 小菅寧子 26-(28)-21-23-5-5
45位 大西富士子 (30)-26-23-26-3-3

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 14:57| Comment(0) | オリンピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。