2007年10月31日

中国発!レーシングボート

p1060593.jpg
アメリカズカップ・中国チームの流れから、中国ではじめて開発されたレーシングボート「Longtze Premier」。Copyright Longtze Yachts

 アメリカズカップ参戦、北京五輪開催など、セーリング競技のムードが高まっている中国から、なんとも威勢のよいニュースです。

 中国ではじめて国産されるスポーツタイプのキールボートが登場しました。その名も「Longtze Premier」(なんて読むんでしょう?)です。

 Longtze Premierは、バウスプリット、ジェネカー、カーボンマスト、バルブキール(リフティング)を備えるキールボート。パワフルで速そうです。

◎Longtze Premier
全長:6.8m
全幅:2.5m
吃水:1.8m
マスト高:11.4m
メイン:20.6sqm
ジェネカー:最大59.9sqm
ジブ:13.4sqm
乗員:3〜5名
設計:スティーブ・トンプソン

china_cup_oct20-ph7.jpg
巨大なジェネカーとメインセールのローチに目がとまります。Copyright Longtze Yachts

 カラーリングは4種類あり、オーダーを受け付けているとのこと。ACチックなブラックカラーが、なかなかいかしてます。また、Longtze Premierは、10月21日まで青島で開催されたチャイナカップに参戦しました。将来的にはワンデザインクラスで活動したいようです。

 いま、中国をはじめ、シンガポールなどアジア各国のセーリングに勢いがあります。アジア版オリンピックのアジア大会で、日本が負けている事実を踏まえ、“アジアン・セーリング”にもっと目を向けるべきではないでしょうか。

◎Longtze Premier
http://longtze.org/

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ノースセールジャパン
SWING
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 15:38| Comment(0) | キールボート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]