2007年12月26日

噂のキールボート「SB3」

SCW07m_M1479.jpg
2000年の誕生以来、すでに400艇が進水したというレーザーSB3。メルゲス24をしのぐ世界的フリートに成長するか? photo onEdition 2007

 今年のカウズウィークで98艇を集めて大きな話題となった「レーザーSB3」。全長6.15メートルのSB3は、3〜4人乗りのハイパフォーマンス・キールボートです。

 誕生国イギリスを中心にヨーロッパで人気が沸騰し、来年9月には、初の世界選手権が開催されることになりました。

 フォルクスワーゲン社がバックアップをしているのも成功の理由ですが、20フィート前後の「次世代キールボート」を求めるセーラーの意見にマッチした、のがいちばんの理由だと思います。

 復元力の高いバルブキール、巨大マストヘッドジェネカーを備えるSB3は、めちゃくちゃ速そうです。

 国内にはまだ導入されていないようですが、ワンデザインレースにはちょうどよいサイズで、数が集まれば最高におもしろいフリートレースがおこなえるでしょう。

 トレーラブルというのも、また魅力的ですね(バルブキールはダガーボード式にアップダウンします)。ぜひ乗ってみたい!

◎LASER SB3 Specification
lb3_01.jpg
Beam 2.15m
Draft 1.50m
Mast Height 9.05m
Mainsail 18m2
Jib 9.3m2
Gennaker 46m2
Hull Weight 265kg
Keel Weight 330kg
Trailer Weight 260kg
International Rating Cert(IRC) 0.970

◎LASER SB3クラス協会
http://www.lasersb3.com/

SCW07d_M1757.jpg
問題があるとすれば、エンジン仕様でないので出入港が不便かも。でも、ビデオを見たら船外機をつけている船もありました。値段はフルセットで500万円ぐらい?(詳しくは、国内セーラーの駆け込み寺パフォーマンス・セールクラフト・ジャパンへ)photo onEdition 2007

SCW07d_M6554.jpg
今年のカウズウィークと57艇出場した全英選手権は、グレン・バーク(先日、ボルボオーシャン世界一周レースのCEOを継続就任した)が舵を取る〈MUSTO〉が勝利しました。photo onEdition 2007

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
ノースセールジャパン
SWING
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ

posted by BULKHEAD at 10:37| Comment(0) | キールボート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]