2011年05月12日

被災地支援OPオークション

11.05.12_01.jpg

 ただいまパフォーマンスセイルクラフトジャパンで、被災地支援を目的としたOP級(ウイナー製)のチャリティーオークションが開催されています。締切りは5月16日(月)13時。現時点の価格は、パフォーマンスセイルクラフトジャパンのホームページ、またはOP協会掲示板で更新されます。(BHM編集部)

--------------------------------------
 東日本大震災により被災された地域の方々に、心からお見舞い申し上げます。パフォーマンスセイルクラフトジャパンでは、今回の東北地区の巨大な災害に対する支援の一環として、被災されたジュニアクラブ復興支援のための『東日本大震災チャリティーオークション』を開催します。大切にしていたヨットやレスキュー艇、そして艇庫までを津波によって流されてしまった仲間を日本中のみんなで応援していきましょう。落札代金は全額、JSAFを通じて被災されたジュニアクラブ復興支援のために寄付させていただきます。(パフォーマンスセイルクラフトジャパン)

◎チャリティーオークション商品
艇の仕様:WINNER 12Ti ハル
入札期間:5月16日(月)13時まで
入札方法:e-mailで受け付けます。【名前、所属クラブ、電話番号、メールアドレス】を書いて【op@psjpn.co.jp】へ。
開始価格:50,000円よりスタート(登録料、送料などの諸経費は落札価格に含まれません)
現在価格:OP協会掲示板、当社ホームページにてその時点での最高入札価格、残日数を毎日(土曜日曜を除く)午前中に更新します。
落札発表:締め切り後にOP協会掲示板に発表。当社よりメール、または電話にて落札された方に連絡します。

◎パフォーマンスセイルクラフトジャパン
http://www.psjpn.co.jp/
◎OP協会掲示板
http://6610.teacup.com/joda/bbs

毎週火曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
バルクヘッドマガジン・ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 00:34| Comment(0) | 東北支援

2011年05月09日

九州大より東北大へ艇贈呈

11.05.09_03.jpg
5月8日、470級2艇、スナイプ級2艇が東北へ向けて出発。写真は積込み作業をした仲間たちです

 東日本大震災では、東北水域の多くのマリーナ、ヨット部が壊滅的な被害を受けました。被害に遭われたみなさんに心からお見舞い申し上げます。(文・写真/九州大学帆友会)

 この被害に対して全国のヨットマンの支援の輪がひろがり、チャリティーレースや高校の合同合宿など、さまざまな形での支援が行われていることをうれしく思っています。

 私たち九州大学ヨット部とOB会でも、国立7大学戦で友好関係にある東北大学の窮状を見聞きして、4月始めのOB会総会で義捐金の募集と練習艇の贈呈を決めました。

 このうち、練習艇の贈呈に関しては、470級2艇、スナイプ級2艇合わせて4艇の提供を決め、現地に到着次第、ただちに練習できるように艇を整備してきました。

 問題は艇の輸送でしたが、バルクヘッドマガジンでバナー広告を出しておられる名古屋の「丸玉運送」の玉山さまに問い合わせのメールを送ったところ、快く無償で陸送を引き受けていただきました。また、トレーラーに関しても愛知の「アイシンエーアイチーム」さまに快く提供いただきました。

 こうしたみなさまの善意が結集して、5月8日午前9時から福岡の小戸ヨットハーバーで4艇を積み込み、午後2時過ぎ東北へ向けて艇を送り出すことができました。車は2トン車クラスのハイエース、トレーラーに3艇、車の屋根に1艇を積んで1600キロの道のりを陸送します。ドライバーは玉山さまご自身です。東北へは11日午前9時頃に到着予定です。

 東北大学ヨット部は、7月上旬に北海道で行われる国立7大学戦に参加を表明しています。それまでの間、練習を積まれてレースでは良きライバルとしてあいまみえたいと願っています。

 今回は、九大から東北大への練習艇の寄贈という形になりましたが、東北水域では他にも壊滅的な被害を受けたヨット部がたくさんあります。ヨットマンの絆で結ばれた今回の小さな動きが、だんだんと大きくなって、さらに支援の輪が拡がっていくことを切に願っています。

 がんばろう!東北!

毎週火曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
バルクヘッドマガジン・ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 09:44| Comment(6) | 東北支援

2011年05月04日

被災ヨット部はじめの1歩

11.05.04_02.jpg
秋田県本荘マリーナ沖で、本荘高校、宮城・塩釜高校、岩手・宮古高校、宮古商業高校、山形・加茂水産高校による合同練習がおこなわれました

 震災から1カ月半が過ぎ、全国から被災地へ向けた物資の支援や義援金、応援の声があります。セーリングに関しても、滋賀県膳所高校ヨット部から宮古の高校ヨット部へFJ級が贈られたり、さまざまなニュースが聞こえてきています。先日、塩釜高校ヨット部の先生から「元気にセーリングしている生徒の姿をお伝えしたい」というメールをいただきました。この5月連休に、秋田県・本荘マリーナで東北の高校5校による合同練習会がおこなわれました。合同練習会開催の経緯と、セーリングに取り組む生徒たちの姿をお伝えします。(BHM編集部)

--------------------------------------------------
 全国のセーリング関係のみなさん、たくさんの有形・無形のご支援感謝申し上げます。(文/宮城県塩釜高校ヨット部顧問・伊藤)

 3月11日の被災から50日が過ぎました。あの日以来、塩釜高校ヨット部は失ったヨットを取り戻そうと毎日が必死でした。いつもならば前日に必ずチェックしていた天気予報もみることなく、いつもならば良い練習ができると期待していた海風を感じても、ヨットで海に行かなければ、むなしさだけが残っていました。ヨットが津波で流され、これからのことを不安に思う日々が続きました。

 今年の始業式は、震災の影響で少し遅れました(4月20日)。久しぶりにヨット部全員集まって、ミーティングをおこないました。今後の活動についての話と、生徒全員にヨットを続けるかの意思確認を恐る恐るしてみると、私の予想に反して、「1日でも早くヨットに乗りたい」と生徒たちの返事。

 “ヨットがない中でどうするか?” 今回の震災後にZ校のU先生から、うちに来て一緒にやりましょうよ、と励まされました。言い表せないほどのありがたい言葉をいただいたのを思い出しました。

 東北大会などでよくお世話になっている秋田県本荘高校ヨット部顧問の江幡先生に電話すると、早速3艇の貸し出し可能とのお話をいただきました。さらに岩手県宮古、宮古商業高校からの問い合わせがあったと言うので、「ゴールデンウィークに一緒にやりましょう」と意思確認しました。ほんの数日間ですべてうまく進び、生徒のヨットへの思いが通じたのだ、と思いました。

 5月3日、久しぶりの海に向かう長距離ドライブは、天気もよく心地いい。日が昇る前に起きたはずのひとりの生徒は、塩釜から出発して一度も目をつぶらずにクルマの中から景色を見つめていました。

 快晴、風穏やかのなか、本荘高校、午後から宮古高校、宮古商業高校、さらに山形県から加茂水産高校も参加して下さり、そして塩釜高校を含めた5校の練習が本荘マリーナ沖ではじまりました。

 練習後、生徒の笑顔を見て、ここに来たことが間違いでないと確信しました。私も海とヨットに関われている喜びを感じることができました。本荘高校ヨット部の江幡先生、渡辺・佐藤コーチを始めヨット部のみなさん、本当にありがとうございます。

 被災地の高校生セーラーはやっと一歩を踏み出しました。少しずつ復興にむけて取り組んでいることを全国のセーリング関係のみなさんにご報告します。

11.05.04_03.jpg
本荘高校のヨットを借りて艤装する高校セーラー。宮古で開催予定だった今年のインターハイ・セーリング競技は、本荘マリーナで代替え開催されます

11.05.04_01.jpg
生徒たちが楽しみにしていたセーリング。バックには美しい鳥海山が見えます


毎週火曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
バルクヘッドマガジン・ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 22:08| Comment(6) | 東北支援

2011年04月20日

Zhik がんばれ東北終了

Zhik がんばろう東北キャンペーン終了のお知らせ

たくさんのご賛同いただきありがとうございました。
期間中のお買い上げ総額は
1,267,800円です。

なにかしたいという気持ちが積み重なった金額です。
すべて東北地域のセーリング復興のために寄付いたします。
ご協力ありがとうございました。

がんばろう、東北。
がんばろう、日本。
いまこそセールを上げよう!

SAILFAST 後藤浩紀

◎Zhik がんばれ東北キャンペーン
http://www.sailfast.jp/

BHM特設掲示板:BHMフォーラム
毎週火曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
バルクヘッドマガジン・ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 08:01| Comment(0) | 東北支援

2011年04月17日

いまこそ力の見せどころ!

11.04.17_07.jpg
 4月9日から11日まで、レスキュー艇の修理のため宮古に滞在しました。今年のインターハイ会場になる予定だったリアスハーバーはご覧の通り、艇庫の骨組みだけ残り、中身は空っぽです。フネもマストもセールも船台もありません。(文・写真/SAILFAST 後藤浩紀)

 対岸の半島の波打ち際に、ここから流されたヨットのハルらしきものが見えているのですが、陸上から回収に行けない場所であるため、修理したレスキュー艇で海上から持ってくるしかありません。回収できたとしても、はたして修理して乗れる状態なのかどうかも分かりません。

11.04.17_06.jpg
 こちらは名取市閖上の東北学院ヨット部艇庫内です。保管していたディンギーがメチャクチャに積み重なっていました。あらためて津波の威力を思い知らされると同時に、このフネを大事にしてきた学生たちの嘆きを思うと胸が苦しくなります。

11.04.17_08.jpg
 閖上の町は変わり果ててしまいました。奥に見えるのが東北学院大の艇庫です。それぞれの家に暮らしがあり、夢があり、宝物があったはずです。やっと念願のマイホームを建てたばかりの人もいたそうです。すべてを失い、ローンだけが残るのです。

 あらためて被災者のためになにができるのかを考えさせられます。生きるか死ぬかの体験をした方々が、すぐに海に向かう気持ちになれないのは当然です。すべてを奪っていった海に再びヨットを浮かべるのは、物理的にも精神的にも容易ではないでしょう。

 いまこそ我々セーラーの力の見せ所です。お金や道具を送るのもいいし、復興の手伝いをしに行くのもいい。大切なのは、東北のセーラーに、さびしくない、仲間がいると感じてもらうことです。

 レースを自粛するよりも、収益を上げて東北に送りましょう。そしてできるだけ早く、東北でヨットレースをしましょう。立派なハーバーなんかなくてもいいんです。ホテルなんかいりません。フネがあって風があればヨットレースはできるんですから。

 東北のセーラーに売上を全額寄付する「がんばろう東北キャンペーン」は残すところあと3日となりました。すでに売上は100万円を超えています。ご協力いただいた方々にお礼を申し上げるとともに、最後の追い込みをみなさんにお願いします。

がんばろう、東北。
がんばろう、日本。
いまこそセールをあげよう!

◎Zhik がんばれ東北キャンペーン
http://www.sailfast.jp/
◎バルクヘッドマガジン記事・がんばれ東北キャンペーン

BHM特設掲示板:BHMフォーラム
毎週火曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
バルクヘッドマガジン・ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 01:27| Comment(0) | 東北支援

2011年04月16日

宮古商業ヨット部の記事

 先日、岩手県のスポーツを紹介するインターネットマガジン「Standard」で、宮古商業ヨット部の記事を読みました。編集部の方がヨット部員へインタビューしたものです。ここに文章の一部を引用させていただきます。(BHM編集部)

=========================
(前略)
「今何をしたらいいか」を考えることで必死だった数日間。
ヨットのことやインターハイのことを考える余裕はなかった、というふたり。

あれから少しは落ち着いて、ヨットのことも少し考えられるようになりました。
でも、チームのヨットはすべて流され、一艘も残っていない状態。
リアスハーバーも津波に壊され「廃部になるのかも」という不安もあったよう。

今、何をしたい?という質問に、ふたりそろって
「…とくにないです…」と答えたのは
この状況で、ヨットに乗りたいなんて言えない、という気持ちがあったのかもしれません。

だけど、先生の
「ヨット乗りたい、って言わないの? 声を出せば、誰かが力を貸してくれるかもしれないよ?」
という言葉に「本当ですか?」と身を乗り出して、目を輝かせたふたり

じゃあ、もう一度聞くよ? 
今、何がしたい?

今度は
「ヨットに乗りたいです!」と、そろって答えてくれました。

(後略)
=========================
◎宮古商業ヨット部(ちょっと長いです)
http://ameblo.jp/iwatestandard/entry-10859269011.html

 「ヨットに乗りたい」の言葉に胸を打たれました。いまはヨットも道具もハーバーも流されて何もありません。この言葉は、宮古商業ヨット部だけでなく、被害を被ったヨット部員、セーラーの素直な気持ちなんだと思います。

 この記事を書かれた方は、「ヨットがもう一度海に出るためには、問題が山積みです。しかもそのほとんどは、生徒たちだけではどうにもならないこと。だけど、どうにかしてあげたいな、と思います。なにか、誰か、力を貸していただけると、うれしいです」と記事を締めくくられています。

 いま、全国で被災地へ向けた支援がおこなわれています。セーラーたちも、クラブや部活動、クラス協会、または個人や会社、組織を通じて援助活動をはじめています。バルクヘッドを読んでいるみなさんも、仲間たちとそれぞれの活動にかかわっているかと思います。1日でも早く彼らがヨットに乗れる日が来るように、わたしたちも前に向かって行きましょう。

BHM特設掲示板:BHMフォーラム
毎週火曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
バルクヘッドマガジン・ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 19:05| Comment(0) | 東北支援

2011年03月31日

5月『Sail for Smiles』開催

11.03.30_01.jpg

 3月11日に発生した東日本大震災に被災された方々、およびそのご家族にお見舞い申し上げます。ここに、復興支援活動の第一歩としてチャリティーヨットレースを企画しました。レース運営にかかる負担全ては、協賛会社や協力者によってまかなわれ、参加費の全額を寄付いたします。(Sail for Smiles実行委員会)

 復興には10年を超える長い年月がかかると思われ、支援活動も長きにわたるものとしていきたいと考えています。まずはチャリティーレースという活動ですが、以降はレースに限らず様々な支援活動をできる範囲ながらも続けていきたいと考えています。今回の寄付先は、まずは生活復興の観点から日本赤十字社としています。

目的:東日本大震災の復興支援
期日:2011年5月14日
コース:佐島沖→南西沖ブイ→佐島沖
参加費:20,000円
寄付先:日本赤十字社 東北関東大震災義援金口座
問い合わせ:akira@wa2.so-net.ne.jp
※レース公示は4月上旬に完成予定です。

BHM特設掲示板:BHMフォーラム
毎週火曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
バルクヘッドマガジン・ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 00:38| Comment(0) | 東北支援

2011年03月20日

Zhikがんばれキャンペーン

Zhik がんばれ東北キャンペーンのお知らせ
本日より1カ月間の売上を全額寄付します

SAILFAST 後藤浩紀

 マグニチュード9.0という観測史上最大の地震と津波は、東北地方の太平洋岸を中心に甚大な被害をもたらしました。かけがえのない多くの人命が喪われ、行方不明者の数も連日増えています。不幸にして亡くなられた方々とご遺族に心よりお悔やみ申し上げます。また、厳しい避難生活を強いられている被災者の方々にお見舞いを申し上げます。

 いわき、閖上、七ヶ浜、気仙沼、宮古などのマリーナも壊滅的なダメージを受けました。施設も保管艇もすべてなくなってしまった場所さえあると聞きます。海を愛し、セーリングを愛する仲間として胸が痛みます。東北の海からセーリングの火が消えてしまうのではないかと心配でなりません。

 そこで本日より、Zhik がんばれ東北キャンペーンと題して、下記の復興支援を実施します。

◎Zhik がんばれ東北キャンペーン
内容:オンラインショップのZhik商品売上を全額寄付
期間:2011年3月20日より4月19日まで
ホームページ:http://www.sailfast.jp/

 震災で被害の大きかった岩手、宮城、福島の各セーリング連盟に等分して寄付し、東北のセーリング復興に役立てていただきます(なお商品の発送は4月初旬以降を予定しています。ご了承ください)。

 私は20代のうち2年間を仙台で過ごしました。会社を辞め、生活のすべてをセーリングに注いでいた時期です。閖上ヨットハーバーをホームポートにし、沢山の方々に支えられてセーリングに没頭させてもらいました。今度は私がお返しをする番です。

 Zhikを買って東北のセーラーを応援しましょう。そのお気持ちは、責任をもって全額、東北のセーラーに届けます。

※バルクヘッドマガジンでは、ヨット仲間の安否やマリーナ被害、その他セーリングに関する震災情報、応援メーッセージを集めています。editor@sailmagazine.jpへメール、もしくはBHM特設掲示板(http://www.bulkhead.jp/forum/wforum.cgi?)へ情報をお寄せください。

毎週火曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
バルクヘッドマガジン・ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 20:25| Comment(2) | 東北支援

2011年03月18日

ヨット仲間の安否情報

11.03.18_03.jpg
松島名取ジュニアヨットクラブのホームページに、近隣のヨット仲間の安否情報が掲載されています。宮城県名取市閖上周辺は壊滅的な被害を受けた模様で、ホームページを更新されている方は、電源が取れないためクルマで発電させてPCから作業されています。がんばってください!(BHM編集部)

◎松島名取ジュニアヨットクラブ
http://www.geocities.co.jp/Athlete-Athene/2737/

※バルクヘッドマガジンでは、ヨット仲間の安否やマリーナ被害、その他セーリングに関する震災情報、応援メーッセージを集めています。editor@sailmagazine.jpへメール、もしくはBHM特設掲示板(http://www.bulkhead.jp/forum/wforum.cgi?)へ情報をお寄せください。

BHM特設掲示板:BHMフォーラム
毎週火曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
バルクヘッドマガジン・ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 08:29| Comment(0) | 東北支援

2011年03月17日

ロシアSFYCからお見舞い

 日本と交流のある海外のヨットクラブからお見舞いのメールが届いています。ロシア・ウラジオストックでは、毎年7月にマッチレースの「セブンフィートカップ」が開催されています。大会を主催するセブンフィートヨットクラブのタチアナ・エルマコワさんから、日本マッチレース協会、アンパイアの今津さん宛にお見舞いメールが届きましたので紹介します。被害を受けた地域のみなさん、がんばってください!(BHM編集部)

※バルクヘッドマガジンでは、セーリングに関する震災情報を集めています。editor@sailmagazine.jpへメール、もしくは本日設置した特設フォーラム(http://www.bulkhead.jp/forum/wforum.cgi?)へお寄せください。

----------------------------------------
Dear Kohei.
We are watching news about Japan... All my family really feels for Japanese people...We live our life, make plans for future and never know what will happen next minute...
We do share your feelings and concerns and hope that at least you and your dears were not affected by the earthquake or tsunami...
Let us express our concern and sympathy to the People of Japan. And also our condolence to the victims...
We will pray for Japan...
You are very strong nation and we are sure that very soon Japan will raise its head over all the problems and pridely march forward to the new life and development.

Please, let us know how are you.

Kind regards,
Tania

特設掲示板:バルクヘッドマガジン・フォーラム
毎週火曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
バルクヘッドマガジン・ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 09:39| Comment(0) | 東北支援

2011年03月16日

銚子マリーナの被害の様子

 東北地方東部を中心に襲った地震による津波は、わたしたちの想像を絶する被害をもたらしています。現地では捜索、救助活動が行われており、1人でも多くの命が助かることを願うばかりです。(BHM編集部)

 また、被害にあわれたセーリング関係者、各地マリーナの現状も気になります。津波の被害を受けた銚子のシーユースクラブ銚子では、クラブの全ての機材が入っていたコンテナが流され、クラブ員のディンギーのほとんど、運営ボート3艇、OP級の全て、その他クラブ員のクルーザーがなくなるなどの被害があるようです。マリーナ、ディンギーヤードの写真が、クラブのホームページに公開されているのでお知らせいたします。

◎銚子マリーナの現状(シーユースクラブ銚子のアルバムより)
https://picasaweb.google.com/seayouth/20110312110312#

毎週火曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
バルクヘッドマガジン・ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 14:17| Comment(3) | 東北支援

JSAFより支援募金のお願い

東北地方太平洋沖地震支援募金のお願い

JSAF加盟団体 / 特別加盟団体
セーリング関係者のみなさま

 東北地方を中心とする今回の大地震の犠牲者の方々にお悔やみ申し上げます。被災者の方々には心からお見舞い申し上げます。また、安否が確認されていない方々の無事をお祈りします。さらに、今後の復興も含め、JSAFとして最大限の協力と努力をいたします。
財団法人 日本セーリング連盟
会長 山崎 達光

 上記が平成22年度第2回評議員会においてJSAF決議として満場一致で決議されました。
 まずは、JSAF東北地方太平洋沖地震支援募金を下記のように募ります。使途について被災されました地元と相談の上検討したいと存じます。

募 金 額 : できれば5,000円以上でお願いいたします
期 間 : 平成23年3月14日〜平成23年5月末日
募金口座 : ゆうちょ銀行
郵便為替 : 加入者名 財団法人日本セーリング連盟
口座番号 : 00150-0-157222 (支店名:〇一九 口座番号:0157222)

問い合せ先 : 財団法人 日本セーリング連盟 事務局
〒150-8050 東京都渋谷区神南 1-1-1 岸記念体育会館
TEL:03-3481-2357 FAX:03-3481-0414

毎週火曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
バルクヘッドマガジン・ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 05:08| Comment(0) | 東北支援

2011年03月12日

東北地方太平洋沖地震

11.03.12_01.jpg
11日午後2時46分、三陸沖を震源に国内観測史上最大となるM8.8の地震が発生しました。その被害は報道されている通り甚大なもので、特に津波は想像を絶する驚異的なものでした。押し寄せる大波が漁船をなぎ倒し、建物を飲み込み、流された大量の車とともに町や田畑へ侵食していく様子はSF映画を見ているかのようです。以前、訪ねたことのある、石巻、塩竈、七ヶ浜、閖上のみなさん、無事でしょうか。まだ余震が続く中、被害に遭われた方に何と声をかけたらよいのかわかりませんが、1日でも早く生活が元通りになることをお祈り申し上げます。(BHM編集部、写真:共同通信)

毎週火曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
バルクヘッドマガジン・ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 08:26| Comment(0) | 東北支援