2010年08月20日

J/24世界選手権、終盤へ

10.08.20_01.jpg
スウェーデンで開催中のJ/24世界選手権。2日目は35ノット以上のハードコンディションとなりました。photo by Magnus Grubb

 スウェーデン・マルモでJ/24世界選手権が開催されています。エントリーは55艇で、日本からは、〈シエスタ〉〈月光〉〈テンプス〉〈だぼはぜjr〉の4チームが出場しています。大会初日、2日目は、最大35ノットにもあがる強風となり、トラブルが続出。このコンディションに日本勢は悩まされましたが、後半に入るにつれて本領発揮。大会最終日を前にして、〈シエスタ〉11位、〈月光〉13位、〈だぼはぜjr〉20位、〈テンプス〉25位の成績です。最終日は2レースが予定されています。10〜14位までは僅差で順位の変動が大いにありえそうです。がんばれ!

J/24世界選手権のデイリーレポートは、月光とだぼはぜのブログに詳しく紹介されています。
月光ブログ
だぼはぜブログ

10.08.20_02.jpg
日本からは4チーム出場。テンプスが第8レースで4位、シエスタは第7レースで7位するなど日本勢は後半で追い上げてきています。photo by Magnus Grubb

10.08.20_03.jpg
暫定首位はアメリカのティム・ヒーリー。J/24王者、ブラジルのサンタクルスは現在14位です。photo by Magnus Grubb

10.08.20_04.jpg
月光チーム。photo by GEKKO

10.08.20_05.jpg
19日はブラジルチームにディナーを招待された月光チーム。アメリカチームとも合流して国際交流しました。photo by GEKKO

10.08.20_06.jpg
だぼはぜチームのレースシーン。今回シングルを2回取っていますが、トータル成績は安定せず。最終日もがんばれ!photo by DABOHAZE JR

10.08.20_07.jpg
第8レースまでの暫定成績。1レースがカットレースとなります

◎スウェーデンJ/24世界選手権2010
http://www.j24worlds2010.com/
 
BULKHEAD magazine on twitter
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 07:10| J/24

2010年07月25日

ミッドサマーレガッタ成績

 7月24、25日に相模湾で開催されたJ/24、Platu25ミッドサマーレガッタの暫定成績です。

◎J/24
1. リップル 4-1-1-4-2 12p
2. 帆省海  7-6-3-2-1 19p
3. GEKKO 3-2-4-7-4 20p
4. シエスタ 1-5-8-1-OCS 33p
5. PINKKISS 12-11-9-5-3 40p
6. だぼはぜJr 6-3-13-3-OCS 43p
7. ラル 16-7-5-8-8 44p
8. SARASA 5-8-15-10-7 45p
9. テンプス 10-10-7-14-6 47p
10. スピリットオブニシモト 9-9-12-9-9 48p
11. スピーディーブルー 8-4-DNS-16-5 51p
12. オリーブ 2-13-6-13-DNC 52p
13. アンカーズ 11-17-2-12-12 54p
14. スリーボンド 13-14-11-6-OCS 62p
15. 仰秀 14-15-10-15-11 65p
16. JELLYFISH 15-16-14-11-10 66p
17. ビッキー 17-12-16-17-13 75p

◎Platu25
1. コンコード 1-3-1-2-4  11p
2. アバロン 2-4-2-4-3 15p
3. アルファマジック OCS-2-4-3-1 17p
4. フリーダム 3-1-3-6-6 19p
5. アイレイ OCS-5-5-1-2 20p
6. b-one DNS-DNS-DNS-5-5 31p

BULKHEAD magazine on twitter
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 22:09| J/24

2010年06月27日

J/24関東フリートR速報

◎J/24関東フリートレース第5戦 着順成績
1. 月光:3-1
2. ラル:1-5
3. リップル:2-4
1. だぼはぜJr:4-3
5. テンプス:7-2
6. シエスタ:5-6
7. PINKKISS:9-7
8. 帆省海:8-9
9. SARASA:10-8
10. スピーディーブルー:6-DNS
11. アンカーズ:11-12
12. 仰秀:13-11
13. ビッキー:DNS-10
14. スピリットオブニシモト:12-DNS
15 JELLYFISH:14-13

BULKHEAD magazine on twitter
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 17:21| J/24

2010年06月14日

J/24関東フリートR速報

 相模湾で開催されたJ/24関東フリートレースの暫定成績です。南風の中風で3レースを消化。優勝は8月の世界選手権を視野に猛特訓する〈月光〉が、〈だぼはぜ〉、〈ラル/祖国丸〉を同ポイントながらもトップ回数で振り切りました。フリートレース前日には、セーリングクリニック(実技講習)が開催されました。

◎J/24関東フリートレース第4戦 着順成績
1. 月光 6-1-1
2. だぼはぜJr 1-3-4
3. ラル/祖国丸 4-2-2
4. リップル 3-6-3
5. オリーブ 2-4-9
6. テンプス 5-5-6
7. SARASA 7-7-5
8. 帆省海 8-9-8
9. スピリットオブニシモト 11-8-7
10. 仰秀 9-11-10
11. ピンクキス 10-12-12
12.アンカーズ 12-10-13
13. ジュリーフィッシュ OCS-13-11

BULKHEAD magazine on twitter
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
丸玉運送
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 05:53| J/24

2010年06月03日

成績訂正、シエスタ優勝!

10.06.03_01.jpg
本日J/24関東フリート広報より連絡があり、昨日掲載した成績表に誤りがあり順位が変動しました、とのことです。修正の結果はシエスタ優勝です。以下、2位リップル、3位月光となります。上位3チームは1点差の大混戦でした。

10.06.03_02.jpg
あらためまして優勝のシエスタ。photo by Junichi Hirai

10.06.02_07.jpg
Platuクラスは〈コンコード〉が優勝です。photo by Junichi Hirai

10.06.02_06.jpg
Platuクラス成績表

BULKHEAD magazine on twitter
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
丸玉運送
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 13:09| J/24

2010年05月31日

相模湾スプリングレガッタ

10.05.31_02.jpg
2日間で全7レースを消化したスプリングレガッタ。相模湾は5月後半とは思えない寒さでした。photo by Junichi Hirai

 J/24、Platu25合同で開催されたJ/24関東フリート主催「スプリングレガッタ2010」。この大会は、昨年まで春関東選手権の名称で親しまれた相模湾ワンデザインキールボートレガッタです。この大会に、J/24クラス14艇、Platuクラス6艇が出場しました。

 J/24には、九州福岡から昨年全日本2位の〈フォックス〉が遠征。近藤オーナー/ヘルムスマンを中心に、スナイプ級全日本優勝の上田、小戸のヨット職人・宮崎(トシ)、さらに紅一点で現役470セーラーの徳重(日本経済大)が乗り込みました。〈フォックス〉のボートは西宮ワールド優勝の〈スレッド〉です。旧艇ではありますが、キール位置をクラス規定内で前へ移動させるなどオリジナルにシェイプされ、また、国内でいちはやくアラミドジェノアを使用するなど、ボートのスピードアップに力を注いでいます。

 また、和歌山からは、昨年全日本優勝の〈シエスタ〉が参戦。こちらは、同チーム若手の宮川ヘルムスマン、猿渡トリマー、今井タクティシャンら20代が遠征しました。3名は、シアトルで開催されたNOOD、J/24北米選手権からのトンボ返りで、8月スウェーデンワールドを目標にレース経験を積んでいます。今後、同チームの坂本、岡本らマッチレース組(アジア大会代表)とは別行動となるため、本大会には、マッチレース界ではお馴染みの、大学生になったばかりの磯谷、日大1名が助っ人として乗り込みました。

 さらに注目は、今春より活動を再開した〈祖国丸〉(今回は〈ラル〉でエントリー)です。〈祖国丸〉は2004年アメリカワールドで5位を獲得した強豪。J/24の活動は約6年ぶりとなり、久米ヘルムスマンをはじめ、本大会には荒川タクティシャン、小林トリマーら多方面で活躍する日大ヨット部OBが脇を固めます。前回のフリートレースではひさびさのJ/24で、同クラス特有の感覚は不慣れながらも優勝し、同チームの“レース力”をみせつけました。

 スプリングカップがおこなわれた5月29、30日は、両日とも曇りから雨の肌寒いコンディション。北東の軽〜中風のなか7レースがおこなわれました。トップグループを形成するのは、前記した3チームに加えて、〈月光〉、〈リップル〉です。〈シエスタ〉はテクノーラ素材のアラミドジェノア、〈月光〉、〈リップル〉、〈祖国丸/ラル〉、〈フォックス〉はケブラー素材のアラミドジェノアを使用していました。

 辻ヘルムスマンの〈リップル〉リードで折り返した大会2日目。北東風が吹き上がる予想でしたが、マックス15ノット程度でしょうか。レース海面の荒崎沖はブローの強弱がはげしく、岸に近づくほどシフトが大きく、最終1/3レグだけで順位が大きく入れ替わるトリッキーな風となりました。

 現時点で成績が発表されていないので、ここから先は着順結果から見たバルクヘッドマガジンの感想になります。

 最終日、勢いがあったのは〈月光〉でした。前日はスタートから上マークまでに低迷してしまい、「後方から追い上げるカタチ」になってしまいましたが、頭を切り換え、スタート後のファーストタックでうまくクリアエアをとらえ、フリートをリードしていきました。慎重なコース引きも冴えて1-2-2の着順です。

 しかし、〈月光〉の勢いも〈リップル〉、〈シエスタ〉までは届かなかったようです。最終レースで〈リップル〉がみずからコースミスで順位を落としていく反面、〈シエスタ〉の淡々とした走りが印象的でした(最終成績はのちほど)。

10.05.31_04.jpg
ヤングシエスタ。いろんなミスをしていましたが、それは黙っておくことにします。photo by Junichi Hirai

 ところで、今回の〈シエスタ〉は、平均年齢20代前半の即席メンバーであり、宮川、猿渡、今井の3名も昨年はじめてJ/24に乗ったばかり。ベテラン揃いのJ/24のなかでは、ビギナーの部類に入る選手たちです。実際に海上の動作を見ていても、同チームより上手なチームはありました。(言葉は悪いかも知れませんが)そんな彼らが、ウン10年も同クラスに乗るベテランよりなぜ速いのでしょうか? しかもアウェイで。

 彼らは日吉染業グループに勤務する会社員セーラーであり、海上練習は土日のみ。平日の仕事は、けっこうハードだと聞きます。ヨットレースに出場する場合に限り休暇を得られることもあるようですが、バルクヘッドマガジンの判断基準ではプロセーラーではありません。ISAFクラシフィケーションカテゴリーもグループ1(アマチュア)に入るのではないでしょうか。

 〈シエスタ〉がなぜ強いのか? 答えは、非常にシンプルのように思えます(その答えは、各チームで話し合ってみてください)。相模湾のJ/24は、6月に2回のフリートレース、7月ミッドサマーレガッタ、10月関東選手権と続きます。11月の全日本本番に向けて各チームとも「現状を知る」いい機会になったのではないでしょうか。

10.05.31_03.jpg
6艇が出場したPlatuクラス。6艇も集まれば、ワンデザインレースの魅力は十分満喫できます。本大会では各チームに練習量の差を感じました。がんばれ!photo by Junichi Hirai

BULKHEAD magazine on twitter
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
丸玉運送
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 10:06| J/24

2010年05月29日

スプリングレガッタ初日

10.05.29_22.jpg
29、30日に開催中のスプリングレガッタ(旧関東選手権)。J/24クラスに福岡から〈フォックス〉、和歌山から〈シエスタ〉ら14艇、Platuクラスは6艇が出場しています。photo by Junichi Hirai

 相模湾で開催されているJ/24、PLATU25スプリングカップ初日は、曇り雨のなか4レースがおこなわれました。下記は初日の暫定成績です。成績は公式に発表されるもので確認してください。

◎J/24クラス 参加14艇
1. リップル 1-4-6-1 12p
2. シエスタ 4-6-2-4 16p
3. オリーブ 9-3-1-9 22p
4. フォックス 3-12-3-5 23p
5. スピーディーブルー 7-5-9-3 24p
6. ラル/祖国丸 2-1-7-OCS 25p
7. だぼはぜ 8-8-5-6 27p
8. 月光 5-2-8-OCS 30
9. テンプス 6-10-14-2 32p
10. ピンクキス OCS-11-4-11 41p
11. ジェリーフィッシュ 10-13-12-7 42p
12. スリーボンド 11-9-13-10 43p
13. サラサ OCS-7-10-12 44p
14. 仰秀 12-14-11-8 45p

◎PLATUクラス 参加6艇
1. コンコード 1-1-1-2 5p
2. アバロン 4-2-2-1 9p
3. アイレイ 2-3-4-6 15p
4. アルファマジック 3-6-3-5 17p
5. フリーダム 5-4-6-3 18p
6. ビーワン 6-5-5-4 20p

10.05.29_23.jpg
初日トップの〈リップル〉(辻ヘルム)。安定したスピードとダウンウインドのコース引きが冴えました。photo by Junichi Hirai

10.05.29_24.jpg
Platuクラスで圧倒的強さを見せる〈コンコード〉(蝶野ヘルム)。photo by Junichi Hirai

10.05.29_21.jpg
第4レースが終わると土砂降りの雨。5月後半とはいえ、凍える寒さでした。photo by Junichi Hirai

10.05.29_20.jpg
帰着後、油壺ヨットハーバー2階でノースセールジャパン中村 匠選手によるセーリングクリニック(座学)がおこなわれ、みな熱心に講義を聞いていました。実技講習は6月12日に開催されます。photo by Junichi Hirai

BULKHEAD magazine on twitter
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
丸玉運送
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 18:07| J/24

2010年05月16日

J/24関東フリートR速報

◎J/24関東フリートレース第3戦 着順成績
1. ラル 3-1-2
2. ダボハゼ 1-6-1
3. 月光 4-2-3
4. リップル 2-7-7
5. テンプス 8-9-4
6. アンカーズ 11-4-6
7. ピンクキス 5-13-8
8. サラサ 7-11-9
9. オリーブ 9-3-DNS
10. スピリットオブニシモト 10-8-11
11. 仰秀 13-12-5
12. スピーディーブルー 6-10-DNS
13. スリーボンド 14-5-OCS
14. ビッキー 15-14-10
15. ジェリーフィッシュ 12-15-12

BULKHEAD magazine on twitter
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
丸玉運送
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 20:54| J/24

2010年04月29日

バミューダ発、J/24沈没

10.04.29_01.jpg
現在、開催されているバミューダ・インターナショナルレースウィークで、J/24〈Erin〉が30ノットの強風でブローチング。海に投げ出されたクルーは、全員レスキューに保護されました。沈没した船も引き上げられてマリーナへ曳航。なんとか生き返りそうです。

BULKHEAD magazine on twitter
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ダウンアンダーセイリングジャパン
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
丸玉運送
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 06:26| J/24

2010年04月25日

J/24関東フリートR速報

10.04.25_01.jpg
25日、相模湾佐島沖で開催された関東J/24フリートレース第2戦。軽風の中3レースがおこなわれ〈月光〉がトップでした。photo by Junichi Hirai

◎J/24関東フリートレース第2戦
1. 月光 3-1-1
2. ダボハゼ 2-2-3
3. シエスタ 6-3-2
4. サラサ 1-4-8
5. ラル 4-9-4
6. ピンクキス 8-7-5
7. テンプス 12-5-6
8. リップル 5-OCS-7
9. ジェリー 7-8-10
10. スピリットオブニシモト 10-6-DNS
11. アンカーズ 11-11-9
12. オリーブ 8-OCS-DNS

BULKHEAD magazine on twitter
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ダウンアンダーセイリングジャパン
トーヨーアサノ
SWING
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
丸玉運送
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 20:25| J/24

2010年04月20日

セーリングクリニック募集

10.04.19_02.jpg
昨年2月、月光チーム主催でセーリングクリニックが開催されました。好評につき今年も開催します。photo by Junichi Hirai

 J/24関東フリートは、5月29日、6月12日にセーリングクリニックを開催します。参加条件は真剣にヨットレースを考えているセーラーならだれでもOK。J/24だけでなくクラブレーサー、ディンギーセーラーも参加できるようなクリニックです。また、コーチボートを充実させることで、人数不足のチームや単独参加の選手も、海上実技講習にうまく参加できるようにします。世界で結果を残しているJ/24フリートの講習は、セーラーのスキルアップに役立つこと間違いありません。みなさん、ふるってご参加ください!

◎J/24関東フリートセーリングクリニック
主催:J/24関東フリート
協力:ノースセールジャパン(株)
講師:藤井洋暢氏 中村 匠氏
目的:J24関東フリートの活性化とレベルアップ
日時:
   5月29日(土) 三崎マリン2階
   18:00〜 講義 J/24 Spring Regattaパーティー内にて
     「マストチューニングとセールトリムの基本」
   6月12日(土) 小網代沖
   09:00〜 三崎マリンにてブリーフィング
   10:30〜 クリニック
   16:00〜 講義

本クリニックではオープン参加を募っております。受け入れ体制として、コーチボートを2艇用意します。ぜひ、他クラス・他クラブからの参加をお待ちしてます。

問い合わせ先:j24_kanto_fleet_pr@yahoo.co.jp J/24関東フリート広報 福井

◎J/24関東フリート
http://kanto-fleet.lets-sports.net/

BULKHEAD magazine on twitter
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ダウンアンダーセイリングジャパン
トーヨーアサノ
SWING
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
丸玉運送
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 07:06| J/24

2010年03月29日

シーズンイン!J/24関東

 28日、相模湾でJ/24関東フリート主催によるフリートレース第1戦がおこなわれました。暫定成績は下記の通りです。

◎J/24関東フリートFR第1戦 参加12艇
1.リップル 5-1-1
2. 月光 3-2-4
3. ラル 4-4-3
4. ダボハゼ 8-5-2
5. テンプス 2-8-6
6. オリーブ 1-7-DNS
7. 仰秀 DNS-3-5
8. ピンクキス 6-6-9
9. サラサ 7-10-8
10. アンカーズ 10-9-7
11. エスペランサ 9-11-10
12. ジェリー 11-12-11

◎J/24関東フリート
http://kanto-fleet.lets-sports.net/

BULKHEAD magazine on twitter
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ダウンアンダーセイリングジャパン
トーヨーアサノ
SWING
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
丸玉運送
JIB
一点鐘
VELOCITEK
海快晴
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 08:44| Comment(0) | J/24

2010年03月13日

J/24関東フリート年間計画

rz3h0590.jpg
いつもにぎやかな印象のあるJ/24関東フリート。今年も年間2回の関東選手権を開催しますが、両大会でスポンサーを募集しているとのことです。photo by Junichi Hirai

 J/24関東フリート年間スケジュールが、ほぼ決まりました。今年は秋に東海で全日本選手権が開催されますが、全日本の日程が決まっていないため、秋のフリートレース、秋季関東選手権の日程が確定していません。また、6月のフリートレースは2回開催されますが、その週の土曜日はセールクリニックを企画しています。

◎フリートレース
FR1  3月28日(日)
FR2  4月25日(日)
FR3  5月16日(日)
FR4  6月13日(日)
FR5  6月27日(日)
FR6  9月12日(日)
FR7  案1 9月26日(日) 案2 10月17日(日)
◎ミッドサマー選手権
 7月24日(土)、25日(日)
◎春季関東選手権
  5月29日(土)、30日(日)
◎秋季関東選手権
 案1 10月16日(土)、17日(日)
 案2 10月23日(土)、24日(日)
◎クリスマスパーティー 12月10日(金)

 2010年は関東フリートに2チームが新規参戦することになりました。ひとつは、防衛大です。東京大に続く大学ヨット部の参戦で、若いパワーに期待。もうひとつは、昨年で活動を休止した〈SOHO〉を引き継ぎ、新チーム〈Anchors〉が参戦することになりました。東北学院大ヨット部OBが中心となり、メンバーは宮城から参戦するとか。昨年よりも艇数が増え、盛り上がり必至の関東フリートです。

◎J/24関東フリート
http://kanto-fleet.lets-sports.net/

BULKHEAD magazine on twitter
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ダウンアンダーセイリングジャパン
トーヨーアサノ
SWING
Gill Japan/フォーチュン
丸玉運送
JIB
一点鐘
VELOCITEK
海快晴
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 06:54| Comment(0) | J/24

2010年02月22日

博多J/24ミッドウインター

 2月20、21日に博多湾でJ/24ミッドウインターが開催されました。関東からは月光、だぼはぜ。和歌山シエスタには坂本、宮川ヘルムスマンに加えて福岡経済大の学生も乗り、マンタには高木&小林のサンタコンビが乗り込むなど、豪華なメンツのミッドウインターになったようです。同大会初優勝を果たした〈月光〉の小島トリマーより速報レポートが届きましたので紹介します。今年のJ/24のキーワードは、昨年ルール改正されたアラミドジェノアになりそうですね。

------------------------------------
 2日間共6〜10ノットの軽風コンディションの中、初日3レース、2日目2レースが消化されました。いずれのレースもブローの予測がむずかしく、マーク回航毎に順位が入れ替わる展開。そんな中、レースを制したのは我々月光でした。ニューセールによるスピードのアドバンテージが明らかにあり、苦しいながらもブローを拾い続ける事ができたと思います。今回の目標であるニューセールを使いこなす事、かつ優勝する事が達成できてほっとしております。(レポート/月光・小島)

a0163309_032212.jpg
photo by GEKKO

◎J/24博多ミッドウインター成績
1. GEKKO (2)-1-2-2-1 6点
2. シエスタコスモス (7)-4-1-5-2 12点
3. マンタ 3-(6)-3-1-6 13点
4. FOX 4-2-(OCS)-4-3 13点
5. アポロニア (9)-3-4-7-7 21点
6. シエスタローザ 1-5-(OCS)-OCS-4 22点
7. だぼはぜjr 8-8-(OCS)-3-5 24点
8. Vintage55 6-(10)-6-6-9 27点
9. ステラの子 5-7-(OCS)-8-11 31点
10. MARIL 10-(11)-5-9-10 34点
11. WHITESQUALL (11)-9-7-10-8 34点

BULKHEAD magazine on twitter
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ダウンアンダーセイリングジャパン
トーヨーアサノ
SWING
Gill Japan/フォーチュン
丸玉運送
JIB
一点鐘
VELOCITEK
海快晴
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 00:59| Comment(0) | J/24

2009年11月11日

白熱J24関東フリート最終

 11月8日は今年最後のフリートレースとなり、 12〜8ノットのコンディションの中、13艇のエントリーがありました。天王山になったチーム、皆勤賞を目指しているチーム、来年へ向けて準備するチームなど各チームではいろんな課題を持っています。そして、最終フリートレースでドラマがうまれました。

 当日までの中間順位は、〈月光〉と〈リップル1〉は同点1位、13点差で〈ダボハゼ〉が追いかける形で最終フリートレースを迎えました。序盤から〈リップル〉は〈月光〉を意識したコース取りを展開し、1レースは〈月光〉が〈リップル1〉を抑え1点差で一歩リード。

 2レース目ではX旗が揚がり、〈月光〉、〈リップル1〉両艇がリスク回避で戻り、中盤の順位で〈リップル1〉が〈月光〉を抑える展開をみせました。このレースを終えて2点差で〈リップル1〉がリード! 最終レースは〈リップル1〉と〈月光〉のマッチレースとなり、〈リップル1〉がスタートから〈月光〉を抑えるレース展開をしました。〈リップル1〉はそのまま逃げ切り優勝がみえました。

 実はその間にひっそり、着実に順位を伸ばしていたのはフリートレース第7戦(本レース)優勝の〈ダボハゼ〉です。〈リップル1〉(17点)と〈月光〉(20点)の争いをしりめに5点にまとめた〈ダボハゼ〉は、13点差をひっくり返し2位へジャンプアップ! まさに漁夫の利です。

 〈月光〉は悔しくも3位となりましたが、最後の最後まで分からないフリートレースです。2009年の相模湾は本当にあつかった!(優勝は暫定で、クリスマスパーティーで正式発表されます)。(文/J/24関東フリート広報代理・細山)

◎第7回J/24関東フリートレース 11/8
1. だぼはぜJr 1-2-2 5p
2. オリーブ 4-1-5 10p
3. JellyFish 5-8-1 14p
4. PINKKISS 9-4-3 16p
5. リップル 3-6-8 17p
6. SOHO 7-7-4 18p
7. 月光 2-9-9 20p
8. SARASA 10-3-7 20p
9. スピーディーブルー 8-5-DNS 26p
10. Spirit of Nishimoto 6-10-10 26p
11. ビッキー 12-11-6 29p
12. テンプス 11-OCS-11 35p
13. 仰秀Y 13-12-12 37p

BULKHEAD magazine on twitter
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ダウンアンダーセイリングジャパン
トーヨーアサノ
SWING
JIB
一点鐘
VELOCITEK
日本X35ワンデザインクラス協会
海快晴
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 09:14| Comment(0) | J/24

2009年10月21日

J/24関東フリートレース

 10月18日、佐島沖でJ/24関東フリート主催による第6回フリートレースがおこなわれました。全日本後ということで、少数参加が予想されましたが、メンバー構成を変更するなど11チームが出場しました。年間サーキットも終盤(次回は最終戦11月8日)。年間タイトルの行方も気になります。

◎第6回フリートレース結果
1. 月光 5-2-1 8p
2. Spirit of Nishimoto 3-1-5 9p
3. SOHO 7-3-2 12p
4. リップル1 8-4-3 15p
5. チャイナタウン 4-5-7 16p
6. SARASA 1-6-10 17p
7. PINKKISS 2-OCS-6 20p
8. ビッキー 9-8-4 21p
9. だぼはぜJr 6-7-8 21p
10. 仰秀Y 11-10-9 30p
11. JellyFish 10-9-11 30p

◎J/24関東フリート
http://kanto-fleet.lets-sports.net/index.html

BULKHEAD magazine on twitter
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ダウンアンダーセイリングジャパン
トーヨーアサノ
SWING
JIB
一点鐘
VELOCITEK
日本X35ワンデザインクラス協会
海快晴
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 07:15| Comment(0) | J/24

2009年09月23日

【J/24】コスモス初優勝!

AH1K1294_800.jpg
優勝の〈シエスタコスモス〉チーム。左から吉藤(バウ)、和田(ピット、タクティシャン)、宮川(ヘルムスマン)、猿渡(トリマー)、斉藤(2番)。photo by Junichi Hirai

 西宮J/24全日本最終日。前日の〈シエスタコスモス〉の救済要求は、審問の結果「リコール艇の読み間違い」との結論が出され、同艇は着順の16位となり、暫定トップを保守。その結果、2位〈フォックス〉、3位〈月光〉となり最終決戦を迎えました。

 西宮沖は朝からいまひとつの風です。最終レースのスタートリミットが12時なので、選手たちはなんとか1レースでも成立してほしいとの願いからか、いつもより早めに出艇。沖に残っていた北東風でウォーミングアップをはじめました。

 しかし、スタート時刻が近づくにつれて、大方の予想通りに風力はダウン。スタート予定時刻には3m/s程度、さらに風軸が定まらずにレースは延期されました。

 なんとか維持されていた北東風で、レースを開始したのは9時25分。スタートすると風はぐんぐん左に振れ、2度のマーク変更を含め長丁場のレースとなりました。トップグループは、〈フォックス〉〈ラル〉〈だぼはぜ〉。以下、大混戦で第2下マークを回航しましたが…。

 最終アップウインドで上位2艇を抜き、トップに立った〈だぼはぜ〉がフィニッシュラインに近づいてきた時、無念にも90分のタイムリミット! この幻の第7レースが不成立となり、昨日の成績のまま〈シエスタコスモス〉の優勝が決まりました。

「初日、二日目の強風コンディションで走れたのがよかったです。微軽風は苦手で、昨日の結果からもわかりますように実際に練習でも走れていなかったんです。ヘルムスマンをした期間は7月からで、練習時間も短かく、不安もありました。でも、風が吹き上がると、470のような感覚(スピードで前に出る)を意識して走らせたのがよかったです。本当にラッキーです」(宮川ヘルムスマン)

「シエスタチームでも、こちらは二軍です。実は、コスモス(JPN5261)で全日本優勝ははじめてで、これまで優勝したのはローザばかり。個人的には2度目の優勝で、10年前の佐島大会以来です。今回は、マストセッティングをまっすぐに立つようにやり直し、くさび位置も再度調整。軽風以下で走らないという問題はありましたが、風に恵まれました」(和田タクティシャン)

 今春、福岡経済大を卒業したばかりの宮川は初出場初優勝です。シエスタチームとしては2年ぶりの優勝。おめでとうございます! 来年の全日本は東海で開催される予定です。選手のみなさん、三河湾でお会いしましょう。

AH1K1268_800.jpg
チームメイトのゴリラたちに海に放り込まれる宮川。photo by Junichi Hirai

◎西宮J/24全日本 最終成績
1. SIESTA COSMOS 宮川英之 4-4-2-2-1-16 29.0
2. FOX 近藤慶治 8-5-1-8-2-7 31.0
3. GEKKO 畠山知己 1-8-11-6-4-3 33.0
4. LULL 永山桃子 7-10-3-9-9-1 39.0
5. DABOHAZE Jr 熊谷一樹 10-3-5-15-5-2 40.0
6. SIESTA ROSA 今井信行 3-11-7-3-3-22 49.0

◎J/24全日本選手権(関西ヨットクラブ)
http://www.kyc.or.jp/

BULKHEAD magazine on twitter
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ダウンアンダーセイリングジャパン
トーヨーアサノ
SWING
一点鐘
VELOCITEK
日本X35ワンデザインクラス協会
海快晴
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 17:59| Comment(0) | J/24

2009年09月22日

【J/24】コスモス救済通る

 大会3日目のリコール問題。〈シエスタコスモス〉が出した救済要求が認められ、着順16位がスコアリングされることになったようです。その結果、順位に変動があります。

◎西宮J/24全日本 3日目 暫定成績
1. SIESTA COSMOS 宮川英之 4-4-2-2-1-16 29.0
2. FOX 近藤慶治 8-5-1-8-2-7 31.0
3. GEKKO 畠山知己 1-8-11-6-4-3 33.0
4. LULL 永山桃子 7-10-3-9-9-1 39.0
5. DABOHAZE Jr 熊谷一樹 10-3-5-15-5-2 40.0
6. SIESTA ROSA 今井信行 3-11-7-3-3-22 49.0
※救済の内容、成績は公式に発表されるものを確認してください。

◎J/24全日本選手権(関西ヨットクラブ)
http://www.kyc.or.jp/

BULKHEAD magazine on twitter
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ダウンアンダーセイリングジャパン
トーヨーアサノ
SWING
一点鐘
VELOCITEK
日本X35ワンデザインクラス協会
海快晴
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 20:52| Comment(0) | J/24

【J/24】西宮沖微風神経戦

AH1K0500.jpg
永山桃子ヘルムスマンのセンスが冴え渡り、本大会初のファーストホームを決めた〈ラル〉。photo by Junichi Hirai

 J/24全日本選手権3日目。西宮沖は朝から時折小雨の混じる曇り空で、北東の風弱く、スピネーカーが軽くはれるライトコンディション。北東風で安定することの少ない西宮沖ですが、運営は軽風ながらもボートが走れる状況を見て、予定時刻通りにレースを開始しました。

 1度のゼネリコ後、アウターを狙ってスタートを決めた〈月光〉(畠山知己)と〈ラル〉(永山桃子)が好スタートを切ります。しかし、このスタート時に波乱が起こります。

 優勝戦線でリードしていた〈シエスタコスモス〉(宮川英之)がリコール。しかし、スタートラインに戻ったのはギリギリのラインでスタートした〈シエスタローザ〉(今井信行)でした。〈シエスタコスモス〉はスタートで失敗していたため、自分がリコール艇とは思わずにそのままスタート。その結果、コスモスはOCSとなり、ローザはリコール解消から挽回できず成績を大きく落としてしまいました。※17時現在、シエスタコスモスによる救済で審問がおこなわれていて、その結果により成績が変わる場合もあります。

 スタートで飛び出した〈月光〉、〈ラル〉は、左海面のブローに乗って上マークをワンツー回航。その後ろには、イエローのチームウエアがまぶしい〈ダボハゼ jr〉(熊谷一樹)と関東勢が続きました。

 しかし、時間がたつにつれて、風はさらに弱まり、2上マークでコース短縮に。最後のアップウインドで〈ダボハゼ jr〉は、〈月光〉を抜き去りトップに立ちましたが、2艇が左海面でバトルしているすきに、右海面の薄いブローを拾った〈ラル〉が逆転。微風の神経戦は、〈ラル〉が制し、ファーストホームを決めました。

「スタートしてからは左海面のブローで上マークへ。ダウンウインドで〈ダボハゼ〉に抜かれました。今回は、フリーの走りがいまひとつなんです。風上で2艇を抜けたのは、〈月光〉と〈ダボハゼ〉が絡んでいるすきに、ラッキーなブローをつかめたせい。この全日本では、後方から這い上がるパターンが多いですね。後ろにいるとコースが読みやすいんです」(久米トリマー)

 今回の全日本では、トップグループが風の読みで勝負しているのに対し、〈ラル〉は艇と艇の位置関係を確実に走っている印象があります。初日第2レース、第1上マークを最後尾で回航しましたが、巧みなコース取りで挽回。最終10位まであげたことからわかるように、〈ラル〉はコース戦略が決まっているようです。

 23日は、J/24全日本最終日となります。現在、6レースを終えており、あと1レース以上成立すれば、最悪の1レースがカットされます。そうなると、再び波乱が起きるかもしれません。最終日にどんなドラマが待っているでしょうか?

RZ3H1116.jpg
第1レース後、風はまったくなくなり長時間の風待ちへ。レース委員会は風は吹かずと判断し、全艇ハーバーバックとなりました。photo by Junichi Hirai

◎西宮J/24全日本 3日目 暫定成績 参加26艇
1. FOX 近藤慶治 8-5-1-8-2-7 31.0
2. GEKKO 畠山知己 1-8-11-6-4-3 33.0
3. LULL 永山桃子 7-10-3-9-9-1 39.0
4. SIESTA COSMOS 宮川英之 4-4-2-2-1-OCS 27.0 40.0
5. DABOHAZE Jr 熊谷一樹 10-3-5-15-5-2 40.0
6. SIESTA ROSA 今井信行 3-11-7-3-3-21 48.0

◎J/24全日本選手権(関西ヨットクラブ)
http://www.kyc.or.jp/
どこでもヨットレースの航跡データがアップされています。

BULKHEAD magazine on twitter
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ダウンアンダーセイリングジャパン
トーヨーアサノ
SWING
一点鐘
VELOCITEK
日本X35ワンデザインクラス協会
海快晴
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 19:58| Comment(0) | J/24

【J/24】新ジェノア勢活躍

RZ3H09791.jpg
うつくしすぎる下イチスタートを決めた〈クラリス〉(2680番)。大会の写真はphoto SAIL! で公開しています。photo by Junichi Hirai

 西宮で開催されているJ/24全日本選手権2日目。西宮沖は、朝から北東の風が弱く、南へまわると予想されたこともあり昼まで海上で風待ち。12時頃からそよそよと入ってきたオフショアで2レースがおこなわれました。

 2度のゼネリコ後、ブラックフラッグ掲揚ではじまった第4レース。待ちかまえていたようにアウター側風下いちばんで飛び出したのは、地元西宮の海を知り尽くした〈クラリス〉(中野 誠)です。その後、見事に左シフトを読んで上マークをトップ回航。ダウンウインドのコース取りで〈月光〉、〈リップル〉に抜かれますが、最終アップウインドで再度逆転に成功し、本大会2本目のファーストホーム賞を獲得しました。

 風があがった第5レースは、昨日のフラットな海面とは変わって、不定期で小刻みな波が立つ「だれもが苦手な」コンディション。ジェノアマックスのドライブ勝負です。

 実力がはっきりとあらわれる状況で前に出たのは、〈フォックス〉と〈シエスタコスモス〉です。元〈マンタ〉の近藤慶治ヘルムスマンと博多の宮崎兄弟、さらにスナイプ全日本優勝の上田タクティシャンが乗る〈フォックス〉は、今年から活動をはじめたチームなるもメンツはベテラン。元〈スレッド〉(世界選手権優勝艇)とケブラージェノアで、常に上位位置をはずしません。

 〈シエスタコスモス〉(宮川英之)は、J/24のヘルムスマンとして、経験も浅く未熟さは残るものの、抜群のスタートと和田タクティシャンの巧みなコース取りで、凡ミスをおかすことなく安定しています。2艇対決の勝負が決まったのは、最終風上レグ。右海面を選んだ〈シエスタコスモス〉が〈フォックス〉を逆転。初のファーストホームを飾り、総合トップを維持。早くも全日本タイトルに王手をかけました。

「ひーひー言いながら走らせてます(笑)。今回、シエスタにはめずらしく体重が20kgアンダーなんです。2レース目はスタート前にうまくリグをセッティングできたのがよかった。それでも有利海面を選べなかったりミスもあります。ミスをしたら“傷が深くならないように”祈りながらコースを引いています。コースプランの基本は上空の雲を参考に。どうしてウチが走ってるのか? うーん、よくわかりませんが、新ジェノアが調子いいことは確かですね」(和田タクティシャン)

 今回のJ/24全日本では、シエスタ2艇がクァンタムセール製のテクノーラ、〈オリーブ〉がウルマーセール製、〈フォックス〉がノースセール製のケブラーセールを使用しています。上位の顔ぶれを並べてみるとアラミドジェノアの効果があるようにも思えます。強度の高いアラミド素材は、特に中風以上でセールシェイプが安定するというメリットがあります。

 さて、大会は折り返し地点をすぎて後半戦にはいりました。このまま〈シエスタコスモス〉が逃げ切るのか? 〈フォックス〉の巻き返し、そしてジワジワと3位へ浮上した〈シエスタローザ〉にも目が離せません。残りのレースでどんなドラマが起きるのか。要注目です。

AH1K0089.jpg
「走らせるだけでいっぱいいっぱい。まわりは何も見えていません」という〈シエスタコスモス〉宮川。photo by Junichi Hirai

◎西宮J/24全日本 2日目成績 参加26艇
1. SIESTA COSMOS 宮川英之 4-4-2-2-1 13.0
2. FOX 近藤慶治 8-5-1-8-2 24.0
3. SIESTA ROSA 今井信行 3-11-7-3-3 27.0
4. GEKKO 畠山知己 1-8-11-6-4 30.0
5. LULL 永山桃子 7-10-3-9-9 38.0
6. DABOHAZE Jr 熊谷一樹 10-3-5-15-5 38.0

◎J/24全日本選手権(関西ヨットクラブ)
http://www.kyc.or.jp/
どこでもヨットレースのデータがアップされています。

BULKHEAD magazine on twitter
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ダウンアンダーセイリングジャパン
トーヨーアサノ
SWING
一点鐘
VELOCITEK
日本X35ワンデザインクラス協会
海快晴
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 04:06| Comment(0) | J/24