2007年08月20日

J/24関東、シエスタ勝利

IMG_9743.jpg
大会2日目は快晴。ジェノアマックス近くまで風があがる、最高のコンディションでした。photo by JUNICHI HIRAI

 18、19日に開催されたJ/24関東選手権とPLATU REGATTA。大会2日目は南のシーブリーズで行われました。J/24クラスの優勝は、和歌山から遠征してきている〈シエスタ〉、PLATU25クラスは、今夏から活動を開始したばかりの〈ラッキーレディー〉が優勝を飾りました。

 J/24クラスは9月に開催される全日本選手権の調整、PLATU25クラスは今月にドイツで開催される世界選手権(アイレイ、ブロス、コンコードが出場します)の直前練習という意味合いもありました。

 ムードの盛り上がっているJ/24の実力差はほとんどなく、スタートからフィニッシュまで、ほぼ全艇が団子状態でレースが進行しました。

 特に〈シエスタ〉(14点)、〈月光〉(15点)、〈リップル1〉(15点)の上位陣は僅差の戦いとなりました。1回のミスで順位が大幅に入れ替わるシーンもみられ、緊張感の漂う良いレースが行われました。

 ただし、苦言をひとつ。。。マーク回航時などは、選手たちが加熱、興奮するあまりに、大声や罵声を聞くこともありました。ヨットをはじめたばかりの学生のディンギーレースじゃないんですから、もっとルールと戦術を勉強して対処してもらいたいものです。『大人のヨットレース』で、いきましょう!

 さて、関東選手権が無事に終わり、J/24は全日本選手権へと向かいます。各チームとも当面の問題は、フル計測の準備になるでしょう。これがいちばん厄介だったりするのですが……。

 J/24全日本選手権は、9月21〜24日まで(計測は15〜17日)シーボニアで開催されます。大会期間中は、J/24全日本特設ブログにてSAIL編集部によるフォトレポートを毎日更新する予定です。

 みなさま、お楽しみに!

IMG_8603.jpg
ミッドサマーレガッタに続いて優勝した〈シエスタ〉。全日本の優勝候補筆頭です。photo by JUNICHI HIRAI

J/24クラス 参加20艇
1位 シエスタ (9)-2-2-4-2-4 14p
2位 月光 (7)-4-3-1-6-1 15p
3位 リップル1 1-3-6-(9)-3-2 15p
4位 オリーブ 2-1-(15)-3-11-7 24p
5位 ファラウェイ 4-13-(14)-2-5-3 27p
6位 だぼはぜ (10)-6-5-5-7-6 29p

PLATU25クラス 参加5艇
1位 ラッキーレディー (4)-2-1-1-1-1-1 7p
2位 コンコード 1-1-3-(5)-2-2-3 12p
3位 アルファマジック 2-3-(5)-4-4-4-2 19p

MELGES24クラス 参加1艇
イエローマジック
※MELGESは、PLATUと同時スタート

IMG_9870.jpg
優勝したラッキーレディーPLATUチーム。舵を取るのは“日本一生意気な大学生”本吉夏樹。photo by JUNICHI HIRAI

◎J/24関東フリート
http://kanto-fleet.lets-sports.net/index.html
◎2007年J/24全日本選手権
http://www.j24.gr.jp/AllJapan/index.html
◎PLATU25クラス協会
http://platuclub.hp.infoseek.co.jp/

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 12:47| Comment(1) | J/24

2007年08月18日

ワンデザイン関東選手権

IMG_8549.jpg
佐島沖にワンデザイン・キールボートが集結。お祭りのように賑やかです。photo by JUNICHI HIRAI

 相模湾佐島沖でJ/24、PLATU25、メルゲス24の合同関東選手権が開催されています。初日となった18日は、北東の風3〜5メートルの軽風。潮のキツいコンディションで行われました。

 初日を終えた時点の暫定成績は下記の通りです。

J/24クラス 参加20艇
1位 リップル1 1-3-6 10p
2位 シエスタ 9-2-2 13p
3位 月光 7-4-3 14p
4位 オリーブ 2-1-15 18p
5位 ビッキー 3-7-11 21p
6位 だぼはぜ 10-6-5 21p

PLATU25クラス 参加5艇
1位 コンコード 1-1-3-5 7p
2位 ラッキーレディー 4-2-1-1 8p
3位 アルファマジック 2-3-5-4 14p

MELGES24クラス 参加1艇
イエローマジック
※MELGESは、PLATUと同時スタート

 20艇を集めたJ/24をはじめ、これだけのワンデザイン・キールボートが集まるレースは圧巻のひとこと。ボートの魅力のみならず、スクラッチレースに興味が集まっているあらわれです。

 関東選手権は19日まで開催されます。ワンデザイン・キールボートに興味のある方は要注目です。

IMG_8245.jpg
初日トップの〈リップル1〉(写真左)。ぼくが乗らないから速いのか? photo by JUNICHI HIRAI

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 23:57| Comment(0) | J/24

2007年08月05日

全日本はフル計測します

IMG_8141.jpg
午前は室内でセール計測、午後は船のまわりで計測練習を行いました。photo by JUNICHI HIRAI

 9月のJ/24全日本開催へ向けて、着々と準備が進行しているJ/24関東フリート。5日は湘南サニーサイドマリーナで計測講習会が行われました。

 今年の全日本では、艇体、マスト、ブーム、セールなどを全て計測する「フル計測」が行われます。ワンデザインクラスは、条件を平等にするためにも計測は不可欠。全員が同じ土俵で戦うからこそ、勝った時の喜びはひとしおなのです。

 ということで、炎天下、約40人が集まって計測練習と大会当日の段取りについて勉強しました。講師を担当してくださった高野さん、ありがとうございました。

 ……今年の全日本は、パテと硬化剤、ヤスリは必需品かもしれませんよ。

◎2007年J/24全日本選手権公式サイト
http://www.j24.gr.jp/AllJapan/

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 22:45| Comment(0) | J/24

2007年06月29日

Welcome!J/24全日本

 J/24全日本選手権の期間限定ブログ「J/24全日本×BULKHEAD magazine」を更新しました。今回のヘルムスマンインタビューは、〈ファラウェイ〉の町山選手の登場です。

◎J/24全日本×BULKHEAD magazine
http://j24alljpn.exblog.jp/

 また、BULKHEAD magazine(SAIL編集部)が発信する「SAIL TV」も更新しました。こちらは、今年からJ/24活動をはじめたばかりで、ただいま急成長中の〈SOHO〉の練習風景を紹介しています。

◎SAIL TV
http://www.m-telebee.jp/tv/sailtv/

 J/24全日本選手権は、9月21〜24日に三浦半島シーボニアマリーナで開催されます。東海、九州、関西、またその他の水域でJ/24に乗っているみなさま、関東フリート一同、満を持してお待ちしています。

 ぜひ、いっしょに走りましょう!



======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 14:10| Comment(0) | J/24

2007年06月24日

小網代沖でJ/24合同練習

IMG_6488.jpg
夏日となった土曜日。小網代沖でJ/24の練習につきあってきました。photo by Junichi Hirai

 梅雨のはずなのに、まぶしい太陽ものぞく6月後半。土曜日は、久しぶりにJ/24の練習に参加してきました。といっても、サポートボートで練習の手伝いです。

 集まったのは、〈ファラウェイ〉、〈SOHO〉、〈橙青〉、〈仰秀〉の4チーム。さらに〈だぼはぜ〉、〈リップル〉のメンバーも各艇に乗りこみました。

 前半は5分サイクルでスタート練習、後半はショートレグで回航練習をガンガン行いました。ホイッスルを吹いていたぼくがいうのもナンですが、みんな、よく飽きずにやるなぁ、と感心していました。

 J/24関東フリートは、毎週のように小網代沖周辺でマークを打って練習しています。全日本を前に「そろそろ練習しないとヤバイかも」と感じているチームはぜひご参加ください。

 また違うクラスのボートでも、遠慮はいりません。一緒に練習しましょう!

◎J/24関東フリート
http://kanto-fleet.lets-sports.net/index.html

IMG_6480.jpg
土曜日は小網代沖でディンギーヨット部の早慶戦が行われていました。学生を応援するヨットに応援団が乗っていてびっくり。photo by Junichi Hirai

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 17:23| Comment(0) | J/24

2007年06月07日

J/24全日本blog開始です!

2007j24.jpg

 9月21〜24日に神奈川県シーボニアマリーナで、J/24全日本選手権が開催されます。BULKHEAD magazineは、全日本実行委員会とコラボレーションで、大会を応援していくことになりました。

 全日本がはじまるまでは、各チームの情報や実行委員会の進行状況、国内外のニュースなどを紹介し、大会当日はデイリーレポートと写真をアップしていきます。

◎J/24 ALL JAPAN CHAMPIONSHIP 2007 × BULKHEAD magazine
http://j24alljpn.exblog.jp/
※携帯電話からも同じアドレスです。

 大会出場を考えている方、むかしJ/24に乗っていたという方、ちょっと興味があるよ、という方は必見です!

 ただいま、J/24の歴史や昨年の覇者〈シエスタ〉チームの紹介をしています。これからもいろんな企画を考え、めちゃくちゃ盛り上げていきますので、ご期待ください。

 BULKHEAD magazine、web SAIL!SAIL TV、そしてJ/24 ALL JAPAN CHAMPIONSHIP 2007 × BULKHEAD magazineと(深く考えずに)新企画を展開しています。

 最近は、通常の執筆業務を含めると、一日中、キーボードを叩いているカンジです。再び、肩に激痛が……。完全に職業病ですね。

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 09:01| Comment(0) | J/24

2007年05月28日

クルーバンクが良い感じ

 今月からはじまったJ/24関東フリートによる「クルーバンク制度」ですが、さっそく登録数が5人に達しました。ディンギー系学連セーラーも登録してくれているようで、なかなかの賑わいをみせています。

 先週のフリートレースでは、登録メンバーのひとりに〈だぼはぜ〉に乗艇してもらい、キールボートレースを堪能してもらいました。メンバーの性格的には問題アリの〈だぼはぜ〉チームですが、総合トップだったし、楽しめたのではないでしょうか。

 BULKHEAD magazineでは、J/24関東フリートの「クルーバンク制度」を強力サポートします。

「キールボートに乗ってみたいけれど、どんな方法でアプローチしたらいいか分からない」
「学生の頃のように、燃えたぎる気持ちでヨットレースをやりたい」
「ヨットレースの活動の幅をもっと広げたい」
「世界を相手に戦ってみたい」
「個人的に、アイツを叩きのめしたい!」


 そんなコトを考えている現役学生、OBのみなさん。待ってますヨ!

◎J/24関東フリート「クルーバンク制度」
http://kanto-fleet.lets-sports.net/crew-bank.html

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ファクトリーゼロ
SOHO

posted by BULKHEAD at 12:06| Comment(0) | J/24

2007年05月23日

J/24フリートレース第3戦

 5月20日、J/24関東フリート主催による「フリートレース第3戦」が開催されました。

 〈だぼはぜ〉が〈月光〉をかわしてトップ。3位以下は、〈オリーブ〉、〈ピンクキッス〉、〈橙青〉と、ベテラン勢が続きました。

 9月後半の全日本選手権を控え、いまから気合いが入っている関東フリート。今年の全日本は、フル計測を行う予定です。コチラの準備もそろそろ必要ですね。

 今回のフリートレースでは、PLATU25、MELGES24のフリート戦も行われました。横浜ベイサイドマリーナで開催されているヤマハ26もそうですが、関東圏ではワンデザインクラスの人気があがっています。

 いい感じ。

J/24
1 ダボハゼ 4907 1-4-1 6p
2 月光 5367 2-2-3 7p
3 オリーブ 5011 7-3-2 12p
4 ピンクキッス 5007 8-5-4 17p
5 橙青 4740 4-6-8 18p
6 シーホーク 5271 6-7-5 18p
7 SOHO 4886 11-1-7 19p
8 Faraway 4731 5-9-6 20p
9 Lull 5013 3-13-12 28p
10 関東自工くじら 4809 12-8-10 30p
11 テンプス 5260 10-12-9 31p
12 仰秀 5273 9-16-13 38p
13 スピーディーブルー 5010 13-14-11 38p
14 Vicky 3815 16-10-14 40p
15 リップル2 15268 15-11-15 41p
16 はらから 4715 14-17-16 47p
17 JellyFish 4817 17-15-17 49p

◎J/24関東フリート
http://kanto-fleet.lets-sports.net/index.html
◎J/24クルーバンク制度(J/24に乗ってみたい人、必見です)
http://kanto-fleet.lets-sports.net/crew-bank.html

PLATU25
ISLAY 4958 1-2-1-1 4p
Concord 5480 2-1-3 7p
α-Magic  3-3-2 8p

MELGES24
イエローマジック 120 1-1-1 3p

 話は変わりますが、メキシコ世界選手権で2位だったマイク・インガムが、セーリング・ウェブマガジン「Scuttlebutt」に遠征記を書いています。J/24ファンは、一読されたし。

◎ Mike Ingham: Reflections on the 2007 J/24 Worlds
http://www.sailingscuttlebutt.com/news/07/0409/

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ファクトリーゼロ
SOHO
posted by BULKHEAD at 04:06| Comment(1) | J/24

2007年05月07日

関東J/24クルーバンク発足

_MG_2540.jpg
現役学生や卒業生のみなさん、キールボートに乗るチャンスです。photo by JUNICHI HIRAI

 J/24全日本選手権の9月相模湾開催が正式決定したこともあり、さらに活気づくJ/24関東フリート。このたびJ/24関東フリートでは、「クルーバンク制度」をテストスタートします。さて、このクルーバンク制度とは……。

 「大学ヨット部員・ヨット部卒業生を主な対象として、 J/24クラスに興味のある方に派遣クルーとして登録していただき、 日々の練習やフリートレースに助っ人クルーとして参加してもらおう」というものです。

 学校を卒業後、ヨットに乗れないで悶々としているセーラーは多いと思います。学生の頃のようにヨットレースに夢中になりたいけれど、「どの艇種を選んだらよいのかわからない」という方、J/24の門を叩いてみませんか?

 J/24は5〜6人乗りのワンデザインキールボートです。国内では、年に1度の全日本選手権を目標に活動し、全日本上位チームには世界選手権の権利が与えられます。70艇が集まった前回の世界選手権では、関西の〈セレッソ〉が4位、〈シエスタ〉が5位の成績を残しました。

 五輪選手からインカレ覇者、または大学を卒業してからはじめたセーラーも同等に戦うことができるのがJ/24の魅力です。これまで470級やスナイプ級などのディンギーに乗っていたセーラーなら、違和感なくレースに参加できます。

 「キールボートに乗ってレースしてみたいな」と考えているみなさん、J/24関東フリートのホームページをご覧になって、ぜひクルーバンクに登録してください。

 いっしょに戦いましょう!

◎J/24関東フリート・クルーバンク制度
http://kanto-fleet.lets-sports.net/crew-bank.html

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 09:01| Comment(1) | J/24

2007年03月21日

[J/24]メキシコ写真更新

 J/24世界選手権メキシコ大会の写真をPhoto SAIL! にアップしました。天国のようなリゾートから現実に戻り、はや一週間。メキシコの毎日が恋しいです。でも、ご飯は日本がいちばん。

IMG_9884.JPG
優勝艇〈ブルシュケッタ〉のジェノア用ウインチ。上部のクビレがありません……。リリース重視

IMG_9830.JPG
忘れてはならない人物。ボートの修理・改造に大活躍してくれたメキシコのヨット職人サンクドさん。インパクト抜群でした

photos by JUNICHI HIRAI

◎web SAIL!>>Photo SAIL!
http://www.sailmagazine.jp/photo/photo.html

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 20:30| Comment(0) | J/24

2007年03月15日

[J/24]メキシコより帰国

P3120110.JPG
世界選手権のプレビュー記事が地元フリーペーパーで大きく紹介されていました。〈シエスタ〉のことも書かれています photo by JUNICHI HIRAI

 約2週間にわたるJ/24世界選手権遠征から帰国しました。応援してくれたみなさん、ありがとうございました。

 今回、選手兼報道者として世界選手権に出場できたことは、いろんなことを考えるチャンスになりました。内部にいないと見えてこない、J/24の世界の雰囲気もだいぶ分かってきた気がします。

 遠征中に撮影した写真や取材レポートは、BULKHEAD magazineやJ-SAILINGやKAZI等の雑誌で紹介していきたいと思います。おたのしみに。

 次回は、2008年7月イタリア・サルディニア、2009年はアメリカで世界選手権が予定されています。J/24フリークのみなさん、燃えていきましょう!

IMG_0124.JPG
毎日、夕日がきれいでした photo by JUNICHI HIRAI

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 11:46| Comment(0) | J/24

2007年03月11日

[J/24]セレッソ4位!

_DSC2808.jpg
70艇による強烈なスタート。失敗したときのことを考えるとゾッとします photo by Jay Ailworth

 J/24世界選手権最終日は、スケジュールを1時間早めて行われました。風は午後からオフショアに変わりましたが、時間が早いため、いつもより弱い風でレースが行われました。

 ブローにムラのある海面で、風は大きく右へ振れる(これまで何度も経験した)パターンです。

 70艇のスタートで上有利となれば相当の混戦です。どうやって抜け出すのか。スタート後、上艇団にすき間(抜け道)を見つけるのにドキドキです。

 〈リップル〉は第1レースのスタート後、右に寄せきれず&ボートスピードが足らずに上マークを中位回航。その後、なんとか盛り返して14位。

 第2レースは、スタート後うまく抜けだして10数番でマーク回航。その後、ポジションをキープして11位で終えました。

 日本勢期待の〈シエスタ〉は、第1レースで痛恨のブラッグフラッグに掛かりますが、最終レースで2位で総合5位にランクアップ。

 〈セレッソ〉は、5-12位の成績でまとめて総合4位に浮上。日本チームの活躍は、日本のJ/24が世界レベルであることをアピールしました。

 優勝はブラジルの〈ブルシュケッタ〉です。最終レース前に優勝を決めて余裕の2連覇。この勢いは、来年も続きそうです。

 さらに。。。夜に開催された閉会セレモニーでは、〈シエスタ〉が起爆剤となって、「国別対抗プールに落とし合い大会」となりました。

 大騒ぎは延々と続き、プールサイドがずぶ濡れの選手ばかりになったところで、セレモニーはお開きです。長かった世界選手権が終了しました。

 今大会で印象に残っているのは、大会運営とヨットクラブのホスピタリティです。海外選手を最大限に歓迎してくれ、毎日、盛大なパーティを開催してくれるなど、日本チームはすばらしいもてなしを受けました。日本でもこれほどまで気持ちが伝わるヨットレースを開催できるようになりたいものです。

 大会は終了しましたが、まだあと片付けが残っています。これから、マストを倒して、ボートの撤収作業になります。

◎最終成績
1位 Bruschetta BRA Mauricio Santacruz
2位 Brain Cramp USA Mike Ingham
3位 Bethesda USA Mark Hillman
4位 セレッソ
5位 シエスタ
16位 月光
18位 リップル
24位 ファラウェイ
40位 仰秀

_DSC3026.jpg
前回のオーストラリアワールドに比べると参加艇が2倍以上、レベルも格段に上がったメキシコワールド。日本勢は健闘したといえるでしょう。写真は最終18位で終えた〈リップル〉です photo by Jay Ailworth

◎J/24 World Championship 2007
http://www.j24mex.com/worlds2007.asp

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 02:03| Comment(0) | J/24

2007年03月10日

[J/24]ブラジル・リード

 大会4日目は、やや風の弱いコンディション。右海面のシフトとムラのあるブローを拾うのがポイントとなるレースでした。

 日本勢で上位を狙う位置にいる〈セレッソ〉、〈シエスタ〉の調子は悪くありません。この2チームの名前がスペイン語ということもあるでしょうが、大会でかなり有名になっています。

 しかし、それ以上にトップ3の安定度はピカイチです。〈ブルシュケッタ〉(ブラジル)はスタートでもまれても、必ずファーストシフトをつかんで、追い上げてきます。

 さて、レースは2レースが行われました。〈リップル〉が第1レースを5位、第2レースを14位で、総合成績もアップです。

 しかし、チャーターボートのボートスピードがいまひとつ足りていないのでチト苦しい。最終日も上げていきます。


posted by BULKHEAD at 00:43| Comment(0) | J/24

2007年03月09日

[J/24]ジェノアマックス

P3080067.jpg
さん橋にとめられた70艇のJ/24。圧巻です photo by JUNICHI HIRAI

 3月7日。レース3日目。本日も午後からのオフショアで2レースが行われました。

 毎日、ジェノアマックスまで風が上がり、各チームにも疲れがみえてきています。波が悪くて神経もすり減り、がまんして走る場面も多く、気分的にもげっそり。あとは集中力の勝負になるでしょう。

 さて、期待の日本勢は〈セレッソ〉が10-4位で総合6位、〈シエスタ〉が6-14位で総合7位にランクアップしてきました。5レース以上で1レースカットとなるので、順位が大きく変動しました。

 1位はディフェンディング・チャンピオンの〈ブルシュケッタ〉。毎レース、必ず上位に食い込んでくきます。とにかく速い。

 〈リップル〉も初日のブラックフラッグ(70点)が消えて、29位まで上がりましたが、レースの内容はいまひとつ。艇団に揉まれ、這い上がることができません。

 泣いても笑ってもあと2日です。気持ちを上げていきます。

◎大会3日目までの順位
1位 Bruschetta BRA Mauricio Santacruz
2位 Bogus USA Chris Snow
3位 WIP USA Mark A. Hillman
6位 セレッソ
7位 シエスタ
18位 月光
24位 ファラウェイ
29位 リップル
42位 仰秀

◎J/24 World Championship 2007
http://www.j24mex.com/worlds2007.asp

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 00:37| Comment(0) | J/24

2007年03月08日

[J/24]シエ&セレ急上昇

 レース2日目は、順風の南風のなか2レースを行いました。

 メキシコの日没は午後7時。本日最終レースのスタートは午後4時半過ぎで、なんと6時過ぎまでヨットレースをやっていました。長時間セーリングできるのはうれしいかぎりですが、めちゃハードです。

 さて、本日のヒーローは、日本一オトコくさい集団〈シエスタ〉。1位-7位と圧巻の走りをみせました。

 第1レースは、大混戦のスタートから抜け出し、上マーク2位。フリーでトップ艇を追い抜いて1位でフィニッシュ。

 第2レースは、スタートで揉まれたものの、逃げてクリアな風をつかんで左へ。後順位からコツコツと追い抜いたようです。

 勝因は、前日の晩に食べたというトンカツでしょう。シエスタチームは、パン粉まで用意してきたとのこと。遠征食事の重要性を感じます。
 
 また、〈セレッソ〉も安定した成績で総合7位に食い込んでいます。〈シエスタ〉は10位までジャンプアップしました。

 〈ファラウェイ〉も第2レースでは13位につける健闘。そのほかの日本チームは、いまひとつ波に乗り切れていません。

 〈リップル〉も、もうちょっとがんばらないといけません。トップを走るイメージだけはできているんですが……。やることなすこと、後手後手にまわってます。

 前日にホテル近くで〈ファラウェイ〉チームと一緒に飲んだテキーラ一気(メキシカン・シャンパンと呼ばれるもの。コップにテキーラ7〜8割。スプライトで割って、コップにナプキンで蓋をしたあと、机にたたきつけてから一気。その後、頭をシェイクする)がまずかったか。

 〈ファラウェイ〉は調子あげてきてますけれど。

◎J/24 World Championship 2007
http://www.j24mex.com/worlds2007.asp

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 00:33| Comment(0) | J/24

2007年03月06日

[J/24]がんばれ日本勢!

 3月5日、J/24世界選手権がはじまりました。昨日も書いたとおり、レースは午後から安定して吹いてくる風で行われます。

 今回は70艇のエントリーがあり、スタートラインの中央に本部船が置かれ、左右のアウターボートがスタートを監視します。

 それでもスタートは大混戦。スタートで失敗すると逃げ場がなく、最悪な事態になります。

 第1レースは3回のゼネリコの後、ブラックフラッグ掲揚(フライングで即失格の合図)でスタート。ぼくたち〈リップル〉は、中央からスタートをして左のシフトをつかって上マークへ。

 同じく、左海面で勝負を仕掛けた〈月光〉が2番手で上マークをまわり、〈リップル〉も5番手で回ったところで、運営艇からコール。

 〈リップル〉は、ブラックフラッグに引っかかってました。。。運営艇の掲示板にボートナンバーを見た瞬間、気が遠のきました。

 ……気を取り直して第2レース。右へ振れた風は6〜8mぐらいまで上がり、ボートの足が止められてしまう嫌な波が立ち始めます。

 スタート後、左海面のシフトをつかんではしりましたが、コース終盤で右海面がグングン伸び、艇団に飲まれてしまいました。

 その後、うまく追い上げることができずに、たぶん中位ぐらいの成績だと思います。

 スタート時のイエローフラッグやプロテストも多く、はっきりした成績はまだ出ていません。日本勢は少々苦戦っぽいです。もっとしっかり! 日本チーム!

 また、今回の大会では、全艇にGPSを備え付け(担当者が毎朝電池の交換に来ます)、ウェブサイトで見られるようです。ぼくは見られる環境にないのですが、ぜひチェックしてみてください。

◎J/24 World Championship 2007
http://www.j24mex.com/worlds2007.asp

◎GLOBALSTAR(GPS)
http://www.globalstar.com.mx/

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 10:26| Comment(2) | J/24

2007年03月05日

[J/24]明日から本番です

P3050030.jpg
プラクティスレース。うしろに60艇ぐらいのJ/24がいます。本番レース中は写真を撮れないので、これでご勘弁ください

 明日から世界選手権のレースがはじまります。前日のきょうは、プラクティスレースが行われました。

 レースは、完全に海陸風のオフショアの風をターゲットにしたレースで、スタート時刻はなんと午後1時。この時間帯から風が上がり、だいたい夕方までに8メートル前後まで上がります。

 風はコンスタントに吹いているのですが、細かい波があって乗りにくい! それでも強豪国アメリカ、アルゼンチン、ブラジル(昨年の優勝艇)は速そうです。

 今回のワールドの参加国は14カ国あり、メキシコ、アメリカに継いで日本(6チーム)が最多出場国です。日本はなかなかの存在感をアピールしています。

 プラクティスレースは、当日まで計測を受けていたにもかかわらず、わが〈リップル〉チームが健闘しました。

 1上を2番でまわり、そのままフィニッシュへ。1位のアメリカがフィニッシュしなかったんで、いちおう1番でした。

 明日からもこの調子で行きたいものです!

 しかし、夜に開催された開会セレモニーとUBS主催のビーチパーティーは、目が飛び出すほど豪華なイベントでした。強烈なアメリカ資本の洗礼を受けてます。

P3050057.jpg
開会セレモニー。盛大な花火とメキシコの民族舞踊で選手を歓迎してくれました

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 12:48| Comment(1) | J/24

2007年03月03日

[J/24]ワールド開幕

P3010001.jpg
朝7時過ぎになるとようやく夜が明けてきます。朝は冷えます

 J/24メキシコ世界選手権の開催地、プエルト・バジャルタから近いヌエボ・バジャルタに来ています。

 天気はまさに南国。日差しはきつく、肌を刺すような痛みがあります。しかし、木陰は涼しく、そよそよと気持ちよい風が流れ、日本の夏のような蒸し暑さはありません。

 さて、いまは6チームの日本チームが完全に揃い、各チームとも計測を受けているところです。1〜3日までは受付と計測期間になりますが、参加が70艇いるため1日25艇に区切って行われます。

 巨大テントの中に計測用のやぐらが組まれ、効率よく、作業を行えるようにしています。このあたりは、さすが世界選手権といったところ。

P3020002.jpg
計測は超厳しいんです。特にラダーとキール。計測担当者が鬼に見えます。

 さすがではありますが、そこはメキシコ。なにかお願い事をしても「オーケー、やっておくよ」と言って、そのままのことがほとんどで、イージーな「メキシカンタイム」に慣れなければなりません。

 大会の規模は、かなり巨大です。UBS、マイクロソフト、リンカーン、アメリカンエクスプレスといったアメリカの企業がスポンサードしてくれ、レースがはじまると毎日交代でスポンサー主催のパーティーが開催されます。

 開幕日の3月1日は、今回のレースをGPSで追跡する「グローバルスター」という会社が主催するパーティーが開催されました。そこで出された食事は、なんとスシ。チーズやフルーツっぽい具が入っていたりする、ショッキングな味です。

 海外チームには、「おい、日本チーム。どのスシがうまいんだ?」と聞かれましたが、自信を持っておすすめできないのがつらい。

 しかし、世界選手権に選手として出場するのははじめてのぼくにとって、その規模にはおどろかされるばかりです。取材ではレースの重要な日にしか行かないこともありますが、大会期間を内部から観察できて非常に勉強になります。

 これほどヨットレースの世界選手権って、ステイタスがあるものなんですね。バジャルタヨットクラブは、まだできて2年ぐらいとのことですが、アメリカのセーラーが多く在籍していて、運営はあたらしいクラブとは思えないほどしっかりしています。

 また、多くのチームが宿泊している「パラダイス・ビレッジ」(ヨットクラブやハーバーも施設の一部です)は超高級リゾートで、敷地内にスーパーマーケット、銀行、病院……となんでもそろう町。しかし、物価が高いので買い物には頭を悩まされそうです。

P3030010.jpg
リゾート、パラダイスビレッジ。本当に虎が飼われていました

 節約遠征の〈リップル〉チームは費用の関係で宿泊できませんでした。ぼくたちのホテルは、開催地から15分ぐらい北に向かったカクタスインという安宿。

 初っぱなから電気はつかない。温水シャワーはでない。外では真夜中でも鶏が「オッゲゴッゴ」と鳴く。しかし、庭には、スライダー付き滑り台があったりする不思議なホテルなのです。

P3030012.jpg
安宿カクタスイン。裏家の鶏は木に登ります。たくましすぎる

 そのかわり、町の物価は激安です。ストリートは地元民であふれ、「オラ!」(やあ!)と話しかけると笑顔で応対してくれます。ま、そこから会話は続かないんですけれど(地元の人は英語をほとんど話しません)。

 本日3月2日は、残っている艇体部分の計測。メキシカンタイムですから、まだまだ時間が掛かりそうです。

◎J/24 World Championship 2007
http://www.j24mex.com/worlds2007.asp

photos by JUNICHI HIRAI

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 05:11| Comment(2) | J/24

2007年02月28日

[J/24]ワールド開幕直前

 3月1日からはじまるJ/24世界選手権(レースは5日から)。前週、ワールド開催場所で行われたメキシコ選手権に43艇が出場しました。

◎Campeoneto Nacional 2007 MEXICO
1 USA 3324 Ryan Cox 1,5,(14),1,2
2 USA 2274 WIP Mark A.Hillman 2.3,(20),6,3
3 BRA 37 Bruschetta M.Santacruz  (12),2,2,5,6
4 JPN 5179 Siesta W.Sakamoto 4,6,(25),11,1
5 USA 3843 Rose KeithWhittemore 5,(12),1,8,9
6 USA 3145 Cougar Will Welles 8,1,9,(10),7
7 JPN 5289 CEREZO Y.Funazawa  (9),9,6,7,5
8 USA 1892 Jaded David Klatt (18),4,11,2,11

 日本から出場の〈シエスタ〉は4位、〈セレッソ〉は7位という成績。調整レースなので、全チームが実力を出しているわけではないでしょうが、なかなかの位置につけたようです。

 注目は、昨年の優勝、一昨年準優勝艇の〈Bruschetta〉(ブラジル)。それに、やっぱりUS勢にも強敵がゴロゴロいそうです。

 たのしみになってきました!

 さて、ぼくは、ただいま中継地のアトランタにいます。メキシコ・プエルト・バジャルタへは5時間後に出発。現地時間の28日午後にメキシコへ到着します。

 すでに先に入った同ホテルの〈ファラウェイ〉城山選手のブログにホテルの詳細が載ってます。んーと、庭に元気の良い鶏がいるんですね。って、明日行けばわかるんですけれども。

 今回の世界選手権は、マメな(?)選手がたくさんいて助かります。ブログの更新は、出場できない仲間にも効率的な伝達手段だし、他チームとしても日本にいるときよりチームの素顔がのぞけておもしろい。

 チームブログは、セーリングチームの必須アイテムなのかもしれません。

◎神風帆走(城山選手のブログ)
http://kamikaze-sailing.seesaa.net/

◎J/24 World Championship 2007
http://www.j24mex.com/worlds2007.asp

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 17:17| Comment(2) | J/24

2007年02月25日

国内最終練習と出発準備

 日曜日は朝から三崎へ。J/24ワールド出発前の国内最終練習を行いました。出港前から強風が予想され、いざ出てみると、案の定10m/s前後の北風が吹いていました。

「華麗なジャイブをバシバシ決めて」と書きたいところでしたが、これだけ風が上がってくると、スピントリム、ジャイブアクションも一苦労です。マーク回航の動作確認をしながら、〈橙青〉といっしょに上下をグルグルとまわりました。

 午後はハーバーへ戻って荷物の準備です。ブームバングやハリヤード、シート類をボートから抜き取り、6人のメンバーで分けて持って行きます。

 あとは、旅行予定の確認とチケットの分配、必要費用の確認、現地の仕事を分担したりと、なんだかんだ事務作業をして終了。

 さあ、これで出発前までに残された個人的な問題は……。確定申告を終えてから出国できるかどうか?

 緊迫してきました。

P2250047.jpg
最後の国内練習は〈橙青〉と走り合わせをしました。野上さんをはじめチームのみなさん、ありがとうございました! photo by JUNICHI HIRAI

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 11:59| Comment(5) | J/24