2012年03月16日

大学対抗マッチが終わって

 3月上旬のビッグイベント「選抜大学対抗マッチレース」が終わりました。バルクヘッドマガジンは、昨年からこの大会を応援してきましたが、開催までの紹介期間が長かった分、大会そのものはあっという間に終わってしまった感じがします。「あーあ、終わっちゃったなぁ…」という、祭りのあとのさみしさに似た気持ちです。(BHM編集部)

12.03.16_04.jpg
大盛況に終わった選抜大学対抗マッチレース。photo by Junichi Hirai

 この選抜大学対抗マッチレースは、日本ヨットマッチレース協会が中心となって企画・運営されました。そもそも、このイベントは「大学生たちがヨット部を引退してもセーリングを続けて欲しい」という気持ちから生まれたものです。その背景には、大学ヨット部4年間を一生懸命になりすぎて、卒業したらヨットから離れてしまう現状があります。いわゆる、燃え尽き症候群です。インカレひと筋だったヨット部員は、インカレを競技のピークと考え、引退すると打ち込む目標がなくなってしまうわけです。

 これは、セーリング界にとって大きな問題です。あれほど夢中になって、大好きだったセーリングをたった4年で見切りをつけて止めてしまうのですから。また、長い目で見れば、セーラーの世代交代ができず、競技人口は減少し、衰退していくほかありません。少々、かた苦しい話に聞こえるかもしれませんが、ヨット部を引退した後、好きなセーリングを続けるきっかけを作ってあげるのは、わたしたち大人の役目だと考えています。

 今回は、学生が乗りなれないキールボートを使って、マッチレースという、これも学生に馴染みのない競技形式でおこなわれました。参加したのは、470級やスナイプ級なら目を閉じてでもセーリングできるほど上手な選手たちです。そんな彼らが、はじめて触れるウインチに戸惑い、キールボートのハイクアウトに目を輝かせ、クルー全員が息をあわせてあげるスピンホイストに緊張していました。選手たちは、あたふた、ドタバタです。それでも、はじめての挑戦に新鮮さを感じ、一生懸命にヨットを動かしていました。

 選手たちの姿を見ていて、「ヨットに乗るって、そういう単純な理由でいいんじゃないかなぁ」なんて、考えていました。ディンギーだって、セーリングクルーザーだって、レースだって、クルージングだっていい。いろんなことにチャレンジして、それぞれが目標を見つけていければ、すばらしいことだと思います。好きなことなんだから、ずっと続ければいい。それをサポートしてくれる大人はいます。少なくとも今回、応援してくれたキールボートチームは、いつでも大歓迎です。

 さあ、選抜大学対抗マッチレースはこれで終了です。この大会は、既報の通り、来年度の開催(2013年3月)が決定しています。今回はインカレ全日本上位校から選抜されましたが、フォーマットは同じになるのか、変更されるのかまだ分かりません。詳細は、決定次第、バルクヘッドマガジンで案内していきます。おたのしみに!

◎大学マッチ関連ニュース
3/14 最終日ダイジェスト動画
3/12 白熱!大学マッチ最終日(現地レポート)
3/11 速報、大学マッチ、吉田優勝!
3/11 大学マッチ初日動画
3/10 熱気沸騰、大学真剣勝負!(現地レポート)
3/10 大学対抗マッチ初日成績
3/2 ペアリングリスト発表!
2/26 第2回マッチレース講習会
2/22 応援キールボートチーム
2/9 出場校、選手紹介
1/30 学生マッチレース講習会
1/26 大学マッチ出場校決定!
12/30 エントリー状況
11/8 3月大学対抗マッチ開催!

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 09:44| Comment(1) | マッチレース

2012年03月14日

大学マッチファイナル動画


11日まで日産マリーナ東海で開催された選抜大学対抗マッチレース最終日のダイジェストです。スキッパーインタビューもあります。

◎大学マッチ関連ニュース
3/12 白熱!大学マッチ最終日(現地レポート)
3/11 速報、大学マッチ、吉田優勝!
3/11 大学マッチ初日動画
3/10 熱気沸騰、大学真剣勝負!(現地レポート)
3/10 大学対抗マッチ初日成績
3/2 ペアリングリスト発表!
2/26 第2回マッチレース講習会
2/22 応援キールボートチーム
2/9 出場校、選手紹介
1/30 学生マッチレース講習会
1/26 大学マッチ出場校決定!
12/30 エントリー状況
11/8 3月大学対抗マッチ開催!

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 08:09| Comment(0) | マッチレース

2012年03月12日

白熱!大学マッチ最終日

 3月11日、愛知県西尾市・日産マリーナ東海で開催された選抜大学対抗マッチ最終日。朝から冷たい北西が吹く西尾沖は、学生たちに最高の舞台を用意してくれました。風は12ノット前後、時より15ノット近いブローが入るコンディションです。ボートの動きも昨日より素早くなり、またクルーワークも試される1日となりました。(BHM編集部)

 まず、予選第9フライトの注目は、早稲田対慶應の「早慶戦」です。早慶戦は野球やラグビーでおなじみですが、ヨット版早慶戦も関係者を中心に大いに盛り上がるビッグイベントです。今回はマッチレースというこれまでにないジャンルですが、選手たちはもちろん特別の意識を持って戦っています。前日、両校に話を聞いたところ「(OBから)早稲田だけには(慶應だけには)負けるな、と言われて来ました」とズバリ。宿命のライバルは種目を変えても気持ちは同じのようです。

 先攻したのは慶應大です。アーリーエントリー(時間前にエントリーしてしまった)した早稲田大に、あっけなく1ペナルティーが与えられました。しかし、早稲田大は落ち着いています。うまく慶應をコントロールして先攻スタートしてすると、その差を保って上マークへ。

12.03.12_08.jpg
大接戦で盛り上がった早慶戦。右が早稲田大です。photo by Junichi Hirai

 しかし、ダウンウインドで後方の風をつかんだ慶應大が、一気に早稲田大に追いつきます。両者とも並んでマークへ近づき、至近距離で同時にスピンダウン。しかし、ダウンの瞬間、慶應大のスピンが風下側の早稲田大に接触してしまいました。早稲田はペナルティーを取り返してイーブンに持ち込むことに成功し、さらに先行してフィニッシュ。大学マッチ早慶戦の軍配は、早稲田大にあがりました。

 予選で気を吐いていたのは吉田工作チームです。同志社大・西村とのOP時代から続く因縁の対決を制して、全勝でラウンドロビンを終えました。吉田チームは昨年のオーストラリア、ロシアの海外遠征メンバーを含む神戸大、甲南大の仲間とチームを組んでいます。

 2位で予選を通過したのは、安定したドライブが際立った金沢大(勝山大輔スキッパー)です。マッチレースの技術はないながらも、素直なセーリングで勝ち抜いてきました。全日本インカレで“国立大旋風”を巻き起こしている金沢大は、4年とOBのチーム構成で、女子ふたりが乗艇しています。本大会には、日本経済大に2人、吉田チームに1人、慶應大に1人、日本大に2人の女子が乗り込みました。みな男子以上に元気で、重要なポジションを任されていたのが印象的でした。

 午後からはじまった決勝では一旦風が弱くなるものの、安定して吹き続け、マッチ経験の豊富な吉田に有利なコンディショに。ボートをうまく操り、金沢大をあっさりとカタメてスタートラインのエリア外へ。その後も有利な位置をキープして先攻し、その差を広げていきます。吉田チームは、金沢大にマッチレースをさせる隙を与えず、2連勝し、大学マッチ優勝を決めました。

12.03.12_10.jpg
予選から決勝まで全勝優勝を果たした吉田セーリングチーム。吉田工作、土井航平、善本万里子、有馬忠嗣、山下大吾。photo by Junichi Hirai

「風が弱くなれば、みんな上手いのはわかっていたので、風の読み、コース勝負になったら互角の戦いになると予想していました。ぼくたちは、いかに“マッチレース”に持ち込めるかがポイントで、きょうはぼくたち向きの風が吹いてくれたと思います。大学に入ってマッチの世界に入り、お兄さん、お姉さんセーラーから、マッチレースを教えてもらったり、海外遠征に出させてもらったり、いろいろなことを教えてもらっています。そういうおもしろいヨットレースもあることを大学生に知ってもらいたい。マッチをはじめたときは、(大学生同士で戦う)こんな大会ができるなんて思ってもいませんでした。出場校には、ジュニア、高校時代で戦ったライバルいて、もう一度戦えるチャンスをもらえたことに感謝しています」(吉田工作)

 選抜大学対抗マッチは、すべての予定を消化して終了しました。マッチレースという学生には慣れないキールボートを使ったヨットレースは、選手たちに大きな刺激を与えたようです。バルクヘッドマガジンが大会を観戦していて思ったのは、日に日に成長する大学生の姿でした。大会初日と2日目では別人のようにセーリングが上達していて、見ていて驚かされました。

 これの大会を機ににマッチレース、キールボートの舞台へ進む意欲的なセーラーの登場を願います。大会前から盛り上がりを見せた大学マッチは、来年の開催も予定されています。大学マッチに興味のある学生のみなさん、開催は2013年3月です。日産マリーナ東海で戦いましょう!

12.03.12_04.jpg
インカレ名門校を破って優勝決定戦へ進んだ金沢大。マッチレースの戦術を考えすぎて、自滅してしまった他大学をよそに、風に素直に走るセーリングが印象的でした。大会が終わり、帰着する前に運営艇に向かって大きな声であいさつ(写真)。金沢大は大学マッチでも旋風を巻き起こしました。photo by Junichi Hirai

12.03.12_06.jpg
大会2日間、観覧艇としてグランドバンクスが出艇(三河湾で活動するキールボートチーム〈ガスト〉が協力してくれました)。他にも関係する大学を応援するボートがチラホラ。観覧艇が出るのは大学生の大会ならでは。photo by Junichi Hirai

12.03.12_07.jpg
ラウンドロビンが終わり、本部艇に集められる各大学スキッパー。photo by Junichi Hirai

12.03.12_05.jpg
14時30分すぎには、東日本大震災の追悼行事として、海へ献花、黙祷がおこなわれました。photo by Junichi Hirai

12.03.12_11.jpg
選抜大学対抗マッチ最終成績。予選の成績は5〜8位まで同点。タイを解いて決勝進出校が決まりました

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 06:46| Comment(0) | マッチレース

2012年03月11日

大学マッチ、吉田優勝!

12.03.11_01.jpg
選抜大学対抗マッチ成績。吉田 vs 金沢大となった決勝は、2-0で吉田セーリングチームが優勝を決めました。おめでとうございます!

優勝 吉田工作/吉田セーリングチーム
2位 勝山大輔/金沢大学
3位 西村秀樹/同志社大学
4位 横田敏一/早稲田大学
5位 田邊裕之/慶應義塾大学
6位 小又友和/日本大学
7位 渡辺 哲/東京大学
8位 笠井大樹(西尾将志)/関西学院大学
9位 徳重エリカ/日本経済大学

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 16:03| Comment(0) | マッチレース

大学マッチ初日動画


選抜大学対抗マッチレース・大会初日のダイジェストニュースです。dailysailing.com

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 06:58| Comment(0) | マッチレース

熱気沸騰、大学真剣勝負!

 3月10日、日産マリーナ東海で「選抜大学対抗マッチレース」がはじまりました。雨上がりの三河湾は陸よりからの北西風が吹くなか、予選・第8フライトまでおこなわれました。本大会で採用されるのは、日本でもっとも普及するワンデザインキールボートJ/24。選手たちは気合十分で、日産マリーナ東海は最高潮に盛り上がりを見せています。(BHM編集部)

12.03.10_02.jpg
はじめてのマッチレース勝負は真剣。選手たちに話を聞くと、「キールボート、マッチレースがおもしろい!」という意見がたくさん聞こえました。photo by Junichi Hirai

 この大会は、これまでバルクヘッドマガジンで紹介してきたとおり、選抜大学9校により競われます。推薦枠で出場するマッチレース経験者の吉田工作〈吉田セーリングチーム〉、東京大〈仰秀〉以外は、キールボートに乗るのも、マッチレースするのもはじめて。選手たちは全日本インカレが終わった昨年末からキールボートに乗り始め、マッチレースを特訓して大会に挑んでいます。

 各校ともチーム構成はさまざまです。金沢大のように卒業を控えた4年+OBというチームもあれば、同志社大はオール現役生(1〜3年生)で構成。それぞれの学校ごとに目標を持っていますが、いやがうえにも大学名の勝ち負けが表に出るマッチレースゆえ、選手はもちろんのこと、観戦するOBにも気合いが入ります。この大会の途中成績を心待ちにしている関係者の方も多いことでしょう。

 大会初日は、風にムラのあるシフティーな海面でおこなわれました。ラウンドロビン(予選)途中のため、成績は出ませんが、吉田工作が4勝0敗で好調を見せています。大学からマッチレースをはじめた吉田は、今年でマッチレース4年目。「マッチレース経験者として、勝つことが当たり前。プライドがあります」と優勝候補ならではのコメントです。

 続いて4勝2敗の同志社大と早稲田大、金沢大が三つ巴です。同志社大のスキッパー、西村秀樹と吉田工作は、OP時代からのライバル。西村は、吉田だけには絶対に勝ちたい、という気負いもあります。同志社大は、先輩でもある和歌山のシエスタチームからマッチレースの指導を受け、この大会に挑んでいます。

 早稲田大は序盤戦でつまずきましたが、三崎でおこなわれた講習参加の成果もあり、後半は安定感が出てきました。「マッチレースの経験が少ない分、リスクはなるべく避けようという作戦です」と横田敏一スキッパー。明日日曜には、初っ端から早稲田 vs 慶應の早慶戦が組まれています。これには、両校とも「ここだけは負けられない」という真剣勝負が待っています。

 さらに、金沢大が相手艇のミスやペナルティーなどもあって、上位に食らいついています。2月は全員練習ができなかったこともあり、大会直前の2日間を琵琶湖でJ/24を借りて練習し、その感覚を持ったまま大学マッチに参戦しました。実際に各校全体を見ていると、大会初日のなかでは、同志社大、金沢大にはボートスピードがあり、この部分だけでもアドバンテージを持った戦いができているように見えました。

 明日日曜は、大学マッチ最終日です。ラウンドロビンの続きがおこなわれ、予選フライト終了後に上位から順番で、1位2位決定戦、3位4位決定戦、5位6位決定戦(ベストオブ3)がおこなわれます。

12.03.10_10.jpg
各大学スキッパーによる艇長会議。大会の注意事項、1日の流れがアナウンスされます。photo by Junichi Hirai

12.03.10_04.jpg
スターンには大学のフラッグを掲揚しています。photo by Junichi Hirai

12.03.10_11.jpg
女性ふたりが乗り、元気いっぱいの金沢大。photo by Junichi Hirai

12.03.10_05.jpg
関西学院大には470全日本2連覇、オーストラリア武者修業帰りの市野直毅選手も同乗。大学マッチには年齢制限をもうけたOB参加枠があります。photo by Junichi Hirai

12.03.10_06.jpg
快調に走る同志社大(左)。卒業を控えた4年が同志社ウィークの準備で忙しいため現役選手だけでチームを作りました。photo by Junichi Hirai

12.03.10_07.jpg
大学の垣根なく広く選手を募り、同年代の仲間でマッチレース活動する吉田セーリングチーム。photo by Junichi Hirai

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 00:32| Comment(0) | マッチレース

2012年03月10日

大学対抗マッチ初日成績

12.03.10_01.jpg
3月10日、選抜大学対抗マッチレース大会初日の成績です。明日は予選の残りを消化後、上位決定戦がおこなわれます。photo by Junichi Hirai

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 21:37| Comment(0) | マッチレース

2012年03月07日

カウントダウン大学マッチ

 今週末に開催される「選抜大学対抗マッチレース」が迫ってきました。開催地は日産マリーナ東海(愛知県西尾市東幡豆町緑ヶ崎1)、3月10日、11日の2日間おこなわれます。大学マッチに出場するのは次の9チームです。推薦出場の吉田セーリングチーム以外はマッチレース初心者ですが、各大学の地元や関東、関西水域で、独自練習を積んで大会に挑みます。(BHM編集部)

12.03.07_01.jpg
大会はJ/24を使用しておこなわれます。photo by Junichi Hirai

◎選抜大学対抗マッチレース・スキッパー/大学
1. 勝山大輔/金沢大学
2. 小又友和/日本大学
3. 田邊裕之/慶應義塾大学
4. 徳重エリカ/日本経済大学
5. 笠井大樹/関西学院大学 ※スキッパー変更
6. 西村秀樹/同志社大学
7. 横田敏一/早稲田大学
8. 吉田工作/Yoshida Sailing Team(推薦枠)
9. 渡辺 哲/東京大学(推薦枠)

 この大学マッチは、インカレで活躍する大学ヨット部に招待状を送る、というインビテーション方式で出場校が選ばれました。出場する大学は全日本インカレで活躍する上位校であり、出場校以外の全国の大学からも注目を集めています。

 さらに、大会直前のニュースとして…
海からレースを見られる観覧艇が出ます
 出航時間 : 3月10日(土)10:00、3月11日(日)8:30
 乗船人数: 先着5名様まで(事前にお問い合わせください)
 特典: 大会記念Tシャツをプレゼント
 問い合わせ先: collegematchjapan.com@gmail.com

世界学生マッチへ派遣が予定されます
 9月3〜8日にフランス・ニースで開催される「World University Match Racing Championship」に大会出場選手のなかから派遣される予定です。

大学マッチの帆走指示書が発表されました
 選手はもちろんのこと、大会をおもしろく見るために、帆走指示書、ペアリングリスト(対戦表)をチェックしておきましょう。第1フライトは3月10日12時40分の予定です。

12.03.01_02.jpg
大学マッチ・ペアリングリスト。帆走指示書はこちら(PDF)

 また、この大会ではこれまでにないあたらしい試みとして、キールボートチームの応援があります。応援キールボートチームは次の通り。いずれも、国内外で活躍する日本を代表するキールボートチームです。大学を卒業してもヨットレースを続けたい、と考える方は各チームへ問い合わせを。

◎選抜大学対抗マッチレース応援チーム(カッコ内オーナー名)
カラス(斜森保雄)
月光(中澤信夫)
シエスタ(川口正敏)
ブロス(亀井直文)
ケットフィーク(木村大介)
エブタイド(外山昌一)
パピヨン(伏見 徹)
インデペンデンス(平松 隆)
祖国丸(霜山純夫)
ラッキーレディ(稲葉健太・高広)
エスメラルダ(植松 眞)

◎大学マッチ関連ニュース
3/2 ペアリングリスト発表!
2/26 第2回マッチレース講習会
2/22 応援キールボートチーム
2/9 出場校、選手紹介
1/30 学生マッチレース講習会
1/26 大学マッチ出場校決定!
12/30 エントリー状況
11/8 3月大学対抗マッチ開催!

◎マッチレースについて勉強しよう!
MatchRace Learning(マッチレース講習サイト)
http://fish-tail.yacht-club.jp/

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 10:46| Comment(0) | マッチレース

2012年03月02日

選抜大学対抗マッチNEWS

12.03.01_02.jpg
 3月10、11日に開催される選抜大学対抗マッチレースのペアリングリスト(対戦表)が発表されました。マッチレースの流れを知らない方もいると思うので簡単に説明すると…。今回は6艇のレース艇が用意されるため、出場する9チームは海上で船を乗り換えながら、総当たり戦となるラウンドロビン(予選)を戦います。(BHM編集部)

 ペアリングリストの見方は、横軸をフライト、縦軸をマッチと呼びます。フライトとは、野球でいう1〜9回のようなイニングのことで、「第1フライトの第1マッチは、日本大対慶應大、第2マッチは、早稲田大対同志社大…」という呼び方で進行していきます。

 本大会では、予選が終わるとファイナル(決勝)に移行します。大会期間が長い場合、準々決勝、準決勝が用意されることもありますが、今回は2日間という限られた時間のため、予選 → 決勝という方式になっています。決勝は予選の順位で対戦相手が決まります。予選1位対2位(勝者が優勝)、3位対4位、5位対6位。決勝は3フライト予定されているので、先に2勝したチームが勝利となります(=ベストオブ3)。

 本大会のような予選 → 決勝方式では、ラウンドロビンの一戦一戦がとても重要になるでしょう。また、風が弱くてフライト数をこなせず、決勝まで行き着かない場合は、ラウンドロビンの結果で総合成績が決まることもあります。

12.03.01_03.jpg
マッチレースのルールはRRSにあるマッチレース規則が適用されます。また、ケースの例(判例集)はコールブックに記載されています。何がむずかしいって、まずコールブック用のバインダー(A5/20穴)を探すことでしょうか(購入してみればわかります…)。photo by Junichi Hirai

12.03.01_04.jpg
選手が着用するビブスができあがりました。ビブスにはこの大会を応援してくれているスポンサー企業、キールボートチームが明記されています

◎大学マッチ関連ニュース
2/26 第2回マッチレース講習会
2/22 応援キールボートチーム
2/9 出場校、選手紹介
1/30 学生マッチレース講習会
1/26 大学マッチ出場校決定!
12/30 エントリー状況
11/8 3月大学対抗マッチ開催!

◎マッチレースについて勉強しよう!
MatchRace Learning(マッチレース講習サイト)
http://fish-tail.yacht-club.jp/

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 00:32| Comment(0) | マッチレース

2012年02月26日

選抜大学対抗マッチNEWS

 2月25、26日、神奈川県小網代沖で、選抜大学対抗マッチレースの第2回講習会がおこなわれました。今回は、早稲田大、東京大、日本大に加えて、初参加となる慶應大、遠方から日本経済大(福岡)、金沢大(石川)が参加。対戦表をもとに、マッチレース形式で2日間みっちり海上練習をおこないました。(BHM編集部)

12.02.26_10.jpg
油壺ヨットハーバーを拠点に2日間おこなわれた第2回大学マッチ講習会。photo by Junichi Hirai

 バルクヘッドマガジン編集部は、軽風主体の講習2日目に本部船へ乗船しましたが、選手たちを見ていて非常によく勉強してきているな、という印象を持ちました。どこの大学が飛び抜けて上手い、ということはないようです。対戦練習の結果も勝ったり負けたりで、3月の大学マッチ本番は、どの大学にもチャンスがあるのではないでしょうか。

 さて、関西では、西宮沖で某チームと某大学が練習をしたという情報も入ってきています。大学マッチまで残り2週間を切り、各チームが熱気を帯びてきました。編集部は、3月10、11日の2日間を現地からレポートいたします。おたのしみに!


練習ではアンパイアボートからビデオ撮影。2艇の緊張感が伝わってきます

12.02.26_09.jpg
日本大は風邪引きがいるため全員マスクで乗艇。全員マスク。全員マスク。…近寄りがたいですね。photo by Junichi Hirai

◎大学マッチ関連ニュース
2/22 応援キールボートチーム
2/9 出場校、選手紹介
1/30 学生マッチレース講習会
1/26 大学マッチ出場校決定!
12/30 エントリー状況
11/8 3月大学対抗マッチ開催!

◎マッチレースについて勉強しよう!
MatchRace Learning(マッチレース講習サイト)
http://fish-tail.yacht-club.jp/

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 23:50| Comment(0) | マッチレース

2012年02月22日

選抜大学対抗マッチNEWS

12.02.22_01.jpg
 3月に開催される選抜大学対抗マッチレースには、多くのキールボートチームがスポンサーとなり応援してくれています。このマッチレースイベントは、大学でヨットに熱中している、また夢中になっていた選手をキールボート(セーリングクルーザー)へ勧誘したい、というテーマがあり、この意見に賛同してくれたチームが応援してくれることになりました。当初予定していたエントリー費を減少できたのも、スポンサー企業やキールボートチームの援助によるものです。(BHM編集部)

 今回、大学マッチを応援してくれるキールボートチームは次の通りです。「卒業したらクルーザーに乗ってみたい。でも、どこでどうやってはじめたらいいのか分からない」という方は、各チームへお問い合わせください。また「大学マッチを応援したい!」と考えているチームは大会実行委員会へご一報を。この大会は継続することが重要であり、興味を示している大学が多いことから、第2回大会も計画されています。ディンギーとクルーザーの壁をなくして、ガンガン交流して行きましょう!

◎選抜大学対抗マッチレース・応援チーム
 カラス
 月光
 シエスタ
 ブロス
 ケットフィーク
 エブタイド
 パピヨン
 インデペンデンス
 祖国丸
 ラッキーレディ
 エスメラルダ

◎大学マッチ関連ニュース
2/9 出場校、選手紹介
1/30 学生マッチレース講習会
1/26 大学マッチ出場校決定!
12/30 エントリー状況
11/8 3月大学対抗マッチ開催!

◎マッチレースについて勉強しよう!
MatchRace Learning(マッチレース講習サイト)
http://fish-tail.yacht-club.jp/

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 12:47| Comment(0) | マッチレース

2012年02月09日

選抜大学対抗マッチNEWS

12.02.09_01.jpg
 3月10、11日に三河湾・日産マリーナ東海で開催される「選抜大学対抗マッチレース」の公式ウエブサイトが立ち上がりました。各出場校のチーム紹介や先日おこなわれた講習会のビデオ、協力キールボートチームが紹介されています。各大学出場メンバーは次のとおりです。各大学とも実力あるスキッパー、クルーが揃いました。今回の学生マッチに関して言えば、BHM編集部は大学時代の成績をそれほど着目していません。今大会では、キールボート(J/24)が採用されるため、「船に慣れていること。マッチレースの基本を勉強していること」が必須条件。本番までの残り1カ月にどれだけ練習できたかで差がでます。おもしろくなってきました!(BHM編集部)

◎選抜大学対抗マッチレース・公式サイト
http://collegematchracing.com/

◎学生マッチ出場チーム紹介
日本経済大
スキッパー:徳重エリカ(経済学部/4年/錦江湾高校)
内野航太(経済学部/4年/長崎鶴洋高校)
安田真世(経済学部/4年/博多女子高校)
原田晃成(経済学部/4年/福岡第一高校)
OB枠:大嶋龍介
■部(orチーム)のモットー
切磋琢磨
■今回の意気込み、抱負など
全てのチームに無敗で優勝!!!
■バルクヘッドマガジンより
2010年にインカレ470級三連覇を達成した実力校。ヨット部現役時代からビッグボートやJ/24に乗っていることから、ハンドリング面ではやや有利か? チームの核は、徳重、安田の女子ふたりと前主将の内野。ケンカしないように。

関西学院大学
西尾将志(理工学部/4年/関西学院高等部)
笠井大樹(商学部/4年/啓明学院高等学校)
辻川亮太(商学部/4年/中村学園三陽高等学校)
OB枠:市野直毅、佐藤翔
■部(orチーム)のモットー
明るく! 元気に! あの頃のように!
■今回の意気込み、抱負など
頑張ります。市野さん、佐藤さんについて行きます。
■バルクヘッドマガジンより
2011年度インカレ470級優勝、総合準優勝メンバーに加え、470全日本二連覇中、1月海外マッチレース修行に出た市野と、学生時代にコンビを組んでいた佐藤がOB枠で出場。スキッパーは西尾、笠井のどちらかが担当とのこと。

同志社大学
スキッパー:西村秀樹(商学部/3年/中村学園三陽高校)
徳重樹(商学部/1年/中村学園三陽高校)
東野竜弥(商学部/3年/大阪国際大和高田高校)
野瀬康晃(法学部/3年/滝川高校)
垣野雅人(経済学部/1年/清風高校)
■部(orチーム)のモットー
元気・礼儀・時間厳守
■今回の意気込み、抱負など
打倒吉田工作!(スキッパーの個人的な意気込み)
■バルクヘッドマガジンより
他校と違って1〜3年の現役ヨット部員で固めた名門同志社大。マッチレースを指導するのは、大学OBが多数在籍するシエスタチーム(2010年アジア大会優勝)。今冬は和歌山でJ/24を使って特訓。気合十分。

金沢大学
スキッパー:勝山大輔(機械工/4年/小田原高校)
囲 将司(自然システム/4年/桜井高校)
小槻翔(保健/4年/金沢二水高校)
前田彩花(保健/4年/金沢二水高校)
OB枠:清水浩二、矢田友美
■部(orチーム)のモットー
元気があれば何でもできる! 元気・情熱・みんなの愛!
■今回の意気込み、抱負など
初めてだらけですが、日本海の荒波のように暴れたいと思います!
■バルクヘッドマガジンより
昨今のインカレで国立大旋風を巻き起こしている金沢大。今回は立候補枠で出場が決定。キールボート、マッチレースの経験はほとんどないながらも意気込みは十分。逆に捨てるものは何もない。大暴れに期待!

慶應義塾大学
スキッパー:田邉裕之(経済学部/4年/慶應義塾高校)
渡邊功(商学部/4年/慶應義塾高校)
佐藤健哉(商学部/4年)
木村敦(経済学部/4年/慶應義塾高校)
志岐麗(経済学部/4年/慶應湘南藤沢高校)
OB枠:小島朋之
■部(orチーム)のモットー
ACT
■今回の意気込み、抱負など
経験の少ないメンバーですが、がんばります
■バルクヘッドマガジンより
唯一、学生ながらもセーラーオブザイヤー(ヨット馬鹿大賞)に輝いた慶應大。情報は伝わってきていないが、虎視眈々と狙っている模様。勝手なこと言うようだが、早稲田大には負けられないでしょう。

早稲田大学
スキッパー:横田敏一(スポーツ科学部/4年/中村学園三陽高校)
坂和陽介(社会科学部/4年/鎌倉学園高校)
小槻翔(政治経済学部/2年/早稲田大学高等学院)
櫛田圭祐(社会科学部/1年/早稲田大学高等学院)
渡辺盛大(人間科学部学部/1年/川越東高校)
■部(orチーム)のモットー
負けたくないなら勝て・勝てないなら努力しろ・努力が嫌なら諦めろ
■今回の意気込み、抱負など
目指すは頂点のみ
■バルクヘッドマガジンより
2010年度インカレ総合三連覇を達成した実力校。昨年の全日本インカレ最終日最終レースに見せた執念は、鬼気迫るものがあった。勝手なこと言うようだが、慶應大には負けられないはず。この早稲田vs慶應のガチンコ勝負にも注目。

日本大学
スキッパー:小又友和(法学部/4年/霞ヶ浦高校)
堀内宣栄(文理学部/4年/吉田高校)
武次祐太朗(法学部/4年/長崎総科大付高校)
稲垣奈巳(法学部/4年/海津明誠高校)
高木優子(文理学部/4年/海津明誠高校)
■部(orチーム)のモットー
No case, No trouble
■今回の意気込み、抱負など
Serious Sailing, Serious Fun
■バルクヘッドマガジンより
2011年度スナイプ級、総合優勝校で、名門復活の原動力となった4年が中心になり学生マッチ日本一を目指す。インカレの勢いを引き継いで、昨年末から積極的にキールボートやマッチレースに参加。今大会最注目校だけにプレッシャーが敵か?

吉田セーリングチーム
スキッパー:吉田工作(関西大学商学部/3年/清風高校 )
土井航平(神戸大学海事科学部/4年/広島市立基町高校)
有馬忠嗣(神戸大学海事科学部/2年/私立滝川高校)
OB枠 :山下大吾
■部(orチーム)のモットー
考えない×行動至上主義
■今回の意気込み、抱負など
同世代との可能性の共有
■バルクヘッドマガジンより
ヨット部の枠外で活動する吉田と神戸大メンバーが組む優勝候補筆頭チーム。国内マッチレース大会をはじめ、ユース日本代表としてパースやウラジオストクの大会にも出場経験があり、マッチの実力は申し分なし!

東京大学
スキッパー:渡辺 哲(農学部/3年/新潟高校)
小山慧(法学部/4年/高田高校)
万代惇史(法学部/2年/洛星高校)
山崎慈生(法学部/2年/桜美林高校)
OB枠:中山遼平、宮本貴文
■部(orチーム)のモットー
楽しい“とき”を創り出す。
■今回の意気込み、抱負など
1戦1戦を大事に戦っていきます。
■バルクヘッドマガジンより
普段、J/24〈仰秀〉で活動する東京大クルーザー班。マッチレース経験はないながらも、J/24の乗り込み頻度は出場校中最高。コンディション次第では、ハンドリングやクルーワークで他大を圧倒する可能性も高い。

◎大学マッチ関連ニュース
1/30 学生マッチレース講習会
1/26 大学マッチ出場校決定!
12/30 選抜大学対抗マッチNEWS
11/8 3月大学対抗マッチ開催!

◎マッチレースについて勉強しよう!
MatchRace Learning(マッチレース講習サイト)
http://fish-tail.yacht-club.jp/


毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 07:29| Comment(0) | マッチレース

2012年01月30日

学生マッチレース講習会

 1月28、29日、神奈川県三浦市三崎の油壺ヨットハーバーで「選抜大学対抗マッチレース」(3月、三河湾開催)に出場する大学を対象にしたマッチレース講習会がおこなわれました。参加したのは、日本大、早稲田大、日本経済大、東京大(仰秀)の4校。J/24で活動する〈月光〉〈だぼはぜjr〉〈テンプス〉がボートを提供、または練習に協力してくれ、さらに普段はキールボートに乗るセーラーたちが手伝ってくれました。(BHM編集部)

12.01.30_05.jpg
海上練習後、ハーバー2階でおこなわれた講習会の様子。photo by Junichi Hirai

 これまでディンギー中心にセーリングしていた大学生のなかには、はじめてキールボートに乗る選手もいて、最初はセーリングもままならない状態でしたが、さすがに全日本学連の上位校。セーリングの飲み込みは早く、しばらくすると船をスムースに操れるようになっていたようです。

 28日、帰着後におこなわれた座学では、アルバトロスチームでマッチレース活動をする石黒建太郎さん、インターナショナルアンパイアの田中正昭さんが講師を務め、約1時間半おこなわれました。参加した学生たちは、はじめてのマッチレース体験をたのしみながらも、講義の内容を真剣にノートにとっていました。

 大学対抗マッチレースの出場校が決まり、各大学ではスキッパー、クルーがほぼ固まりつつあるようです。学生たちに話を聞くと、とある大学では監督から「絶対に負けるな!」とハッパを掛けられ、さらに関西圏の大学も猛練習をはじめているとの裏情報もあるようです。また、今回出場できなかった大学からは「興味があります」というオファーがあり、実行委員会ではすでに次回開催も計画しているとか。なかなか盛り上がってきました。学生を対象にしたマッチレース講習会は2月も開催される予定です。

12.01.30_06.jpg
まずはキールボートに慣れること。海上練習では、学生マッチ本番でも採用されるJ/24を使用しておこなわれました。photo by Yasuhiro Tabuchi

◎大学マッチ関連ニュース
1/26 大学マッチ出場校決定!
12/30 選抜大学対抗マッチNEWS
11/8 3月大学対抗マッチ開催!

◎マッチレースについて勉強しよう!
MatchRace Learning(マッチレース講習サイト)
http://fish-tail.yacht-club.jp/

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 06:15| Comment(0) | マッチレース

2012年01月26日

大学マッチ出場校決定!

12.01.25_03.jpg
 3月10、11日に三河湾・日産マリーナ東海で開催される「選抜大学対抗マッチレース」の出場チームが決定しました。参加は次の9チーム。学連枠からは、大学ヨット界を牽引する上位校が出場します。また外洋学連からはJ/24で活動する東京大、若手マッチレーサーとして国内外の大会に挑戦する吉田工作が、日本ヨットマッチレース協会の推薦枠で出場します。(BHM編集部)

◎選抜大学対抗マッチレース・エントリーリスト(順不同)
日本経済大学
関西学院大学
同志社大学
早稲田大学
金沢大学
東京大学(推薦)
慶應義塾大学
日本大学
吉田工作(推薦)


 これはなかなか面白いチームが出揃いました。クルーリストは発表されていませんが、すでに猛練習を始めているチームもあり、白熱した戦いが期待できそうです。

 また本大会では、多くのキールボートチームが応援してくれています。この大会の背景には「大学を卒業してもセーリングを続けよう!」というテーマがあり、この意見と大会企画に賛同してくれた方々が資金援助を申し出てくださいました。

 キールボートチームをもまじえて作られる大学生のセーリングイベントは、日本で初の試みになります。学生マッチまであと1カ月半。バルクヘッドマガジン編集部も全力で応援します。お楽しみに!

◎大学マッチ関連ニュース
12/30 選抜大学対抗マッチNEWS
11/8 3月大学対抗マッチ開催!

◎マッチレースについて勉強しよう!
MatchRace Learning(マッチレース講習サイト)
http://fish-tail.yacht-club.jp/

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
posted by BULKHEAD at 02:36| Comment(0) | マッチレース

2011年12月30日

選抜大学対抗マッチNEWS

 来る3月10、11日、三河湾・日産マリーナ東海で「選抜大学対抗マッチレース」が開催されます。バルクヘッドマガジンは、すでに案内告知を掲載しましたが、ここで、現時点の参加状況等をお伝えします。(BHM編集部)

11.12.30_05.jpg
2012年3月に開催される選抜大学対抗マッチ。全日本インカレで戦った上位大学が、マッチレースの舞台で再び対決。大注目のイベントです。写真は11月に葉山で開催された全日本マッチレースより。photo by Junichi Hirai

 はじめての試みとなる選抜大学対抗マッチレースは、インカレ上位校枠(6チーム。2010年度インカレ総合4位と各種目1位に招待状が出されています)、ワイルドカード枠(日本ヨットマッチレース協会会長が推薦する2チーム)により競われます。出場艇数に限りがあるマッチレースゆえに、本大会では招待制度が取られています。

◎大会日程
日程:2012年3月10日〜11日
場所: 日産マリーナ東海
参加枠:8チーム
艇:大会主催側が用意するJ24クラス6艇

◎日本ヨットマッチレース協会
http://www.matchrace.gr.jp/

 エントリーの締切がまだなので大学名の公表を控えますが、編集部独自の調査では、すでにほとんどの大学が、参加意向を示しているようです。そして、かなりヤル気になっているとか。確かに、◯◯大学と名前が出るのに、インカレ同様に負けるわけにはいきませんね。これは、おもしろくなりそうです。

 今回のスキッパー、クルーの条件のポイントは次のとおりです。
【スキッパーは在学4年以内、もしくは22歳以下。クルーは、スキッパーと同じ大学で入学4年以内。ただし、2名までU25(25歳以下)のOBクルーが乗艇可。乗員の人数制限はなく、条件付きで乗り換え交代できる。合計体重は350kg以内】
※正確な条件は、各大学に配布された案内文、レース公示を御覧ください。

 大学ヨット部を卒業したばかりのOBに加え、25歳以内(卒業後約3年以内)のOBが2名乗艇できるのがポイントでしょうか。つまり、スキッパーとクルーは昨秋にヨット部を引退したばかりで、大学卒業を控えた4年生が中心になり、そこに現役部員が加わる。さらに、マッチレースやキールボート経験がある若手OBが乗り込む、というチーム構成が考えられます。

 マッチレースは、インカレのようなフリートレースとは異なり、ルールの熟知、戦術が重要です。出場意向のある大学、選手は、早々に練習を開始したほうがいいでしょう。OBのみなさんも、学生たちに力を貸してあげてください。すでに関東の某大学は、OBからの指導を受けて、マッチレースの練習をはじめています。

 参考までに、下記のホームページでは、マッチレース初心者向けの講習を日本語でやさしく紹介しています。ぜひとも、この冬休み期間に勉強しましょう!

◎MatchRace Learning
http://fish-tail.yacht-club.jp/

11.12.31_05.jpg

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 17:55| Comment(0) | マッチレース

2011年12月21日

葉山クリスマスマッチ成績

11.12.21_01.jpg
12月17、18日に葉山で開催されたクリスマスマッチの成績です。優勝は本吉夏樹。2位村越俊介、3位浜崎栄一郎でした。

11.12.21_02.jpg
毎年12月恒例のクリスマスマッチ。今年は7スキッパーにより行われました。photo by O.Yuko

11.12.21_04.jpg
優勝の本吉夏樹。photo by O.Yuko

11.12.21_03.jpg
これで2011年度のマッチレースイベントは終了です。また来年!photo by O.Yuko

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 08:53| Comment(0) | マッチレース

2011年11月22日

全日本マッチ最終日映像


葉山で開催された全日本マッチ最終日のダイジェスト映像です。後半に優勝者インタビューや名シーンもあります。撮影:K.Nakajima / DailySailing.com

11.11.24_06.jpg
恒例の全員集合。photo by Junichi Hirai

毎週木曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 23:40| Comment(0) | マッチレース

2011年11月20日

長堀全日本マッチ優勝!

 11月20日まで葉山港で開催された全日本マッチレース。前日の強風で大会2日目がキャンセルされたため、最終日におこなわれたラウンドロビンの結果で順位が決定しました。優勝は長堀裕樹。2位浜崎栄一郎、3位本吉夏樹。長堀は初優勝となります。(BHM編集部)

「戸谷さん(日本ヨットマッチレース協会会長)から誘ってもらったのは中学2年の時でした。それから14年間、毎年全日本に出場してようやく勝てました。長かった!このメンバーで乗るのは3年目です。クルーとのコンビネーションも合ってきて、レース中は集中してドライブできました。最高にうれしいです!」(長堀)

11.11.20_01.jpg
優勝の長堀裕樹(前列)チーム。後列左から稲葉高広、稲葉健太、中川剛志、佐藤大介。熱くなりやすい性格で、口うるさいチームとして知られていますが、「今回スキッパーがうるさくなかった。それが勝因」とクルー一同。photo by Junichi Hirai

 長堀チームには、ラッキーレディー兄弟の稲葉健太、稲葉高広、J/24のサンタチーム、今年はメルジェス24でも活動した中川剛志、ユース時代から長堀と組み、〈ブロス〉でも活動する佐藤大介が乗り込みました。今年の長堀は、〈エスプリ〉のヘルムスマンでジャパンカップに出場し、またX35全日本では優勝、J/24〈祖国丸〉チームのタクティシャンを務め、関東選手権で優勝、アメリカ東海岸選手権にも出場するなど活動の幅を広げてきました。

 普段は、ハードに働く会社員で一児の父。忙しいなかでセーリングスキルをあげ、ついに全日本のタイトルを獲得しました。表彰式でコメントを求められた長堀は感極まって男泣き。うれしい初優勝を飾りました。

11.11.20_02.jpg
全日本マッチレース成績表

毎週木曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 18:51| Comment(2) | マッチレース

2011年11月19日

強風相模湾、レース中止に


葉山港で開催中の全日本マッチレース2日目は、荒天のため中止になりました。全日本マッチは明日日曜が最終日となります。撮影:K.Nakajima / DailySailing.com

毎週木曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 18:33| Comment(0) | マッチレース

2011年11月18日

葉山全日本マッチR開幕

 11月18〜20日まで、葉山港で全日本マッチレース選手権が開催されます。エントリーするのは全日本出場権利を持つ8スキッパーに、韓国から招待されたパク選手を含めた9チーム。大会初日は、軽風のなか予選ラウンドロビン、第6フライトまでを終えました。(BHM編集部)

11.11.18_02.jpg
葉山港で始まったマッチレース全日本。大会初日は途中風待ちもありましたが、6フライトを消化しました。photo by Junichi Hirai

 今年の顔ぶれも、なかなか見応えあり。マッチレースがほかのヨットレースと異なるのは、競技内容はもちろんのこと、選手の活動の幅が広いことでしょう。2010年度優勝の浜崎は、会社員をしながらも今年はメルジェス24世界選手権、NYYCインビテーショナルカップに出場。また、国内のビッグボートにも積極的に乗り込んでいます。昨年度2位の長堀も、今年はX35全日本で優勝、J/24米東海岸選手権にも出場するなどキールボートの経験を積んでいます。

 スキッパーだけでなく、クルーのメンツも豊富で、出場選手がこれまでに受けた賞は数知れず。全日本タイトルホルダーや学生チャンピオンなど、石を投げればぶつかるぐらいゴロゴロしています。この世界では、いくら過去に素晴らしい結果を残していても意味はありません。勝者と敗者が明確になるマッチレースでは勝つことがすべて。出場選手は、それぞれの分野でハイレベルの技術を持っているだけに、マッチレースは「キールボート異種格闘技選手権」というニュアンスがあります。

 さあ、2011年度の格闘技チャンピオンはだれか? 全日本マッチレースは20日まで葉山港で開催されます。

◎全日本マッチレース選手権 エントリーリスト
浜崎栄一郎 長堀裕樹 本吉夏樹 Park Byeongki
戸谷壽男 吉田工作 村越俊介 藤井 麗 紙麻里亜


マッチレース全日本大会初日ダイジェスト映像。長堀、パク、藤井選手のインタビューもがあります。撮影:K.Nakajima / DailySailing.com

11.11.18_01.jpg
大会初日結果

11.11.18_03.jpg
昨年度優勝の浜崎栄一郎。今年は〈エスプリ〉から田淵、長橋、〈ブロス〉から阿部、〈スレッド〉の中村健一が乗り込みます。photo by Junichi Hirai

11.11.18_05.jpg
関西の若手、吉田工作(大学3年)は今回も大学生中心で全日本へ挑みます。全日本インカレを終えたばかりの日本経済大ヨット部の徳重エリカ、日本大の武次祐太郎らも乗艇。photo by Junichi Hirai

11.11.18_06.jpg
全員女子の藤井麗チームには、お姉さんの美香(写真左から2番目)が出場しています。学連時代はもちろんJ/24でも活躍した美人姉妹は、いまや立派な母親です。photo by Junichi Hirai

11.11.18_04.jpg
長堀裕樹(写真右)vs 紙麻里亜。今年ノッてる長堀は、ぜひとも全日本タイトルを奪取したいところでしょう。photo by Junichi Hirai

毎週木曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
シエスタ
posted by BULKHEAD at 20:50| Comment(0) | マッチレース