2010年02月06日

エクストリーム40オマーン

n.jpg
アジア3カ国で開催されたエクストリーム・セーリングシリーズ・アジア。カタマランによるヨットレースです。photo by Mark Lloyd/Lloyd Images/OC Events

 2月5日までオマーン・マスカットで、マルチハル艇のエクストリーム40よる、エクストリーム・セーリングシリーズ・アジア最終戦が開催されました。この大会は、大迫力のマルチハルセーリングのエキシビジョンを兼ねたヨットレースで、昨年11月の香港、12月シンガポール、そしてオマーンの3ステージで成立するアジア初のイベントです。iShares Cupで使用される「モンスターカタマランがアジアにやってくる!」ということで話題になりました。

 アジアサーキット最終戦オマーン戦には6チームが出場。大会4日目には〈Red Bull〉の派手なキャプサイズもあり盛り上がったようです。優勝は〈Oman Sail Masirah〉。アジアシリーズ総合優勝も同チームが獲得しました。

Extreme Sailing Series Asia : Muscat
1st Oman Sail Masirah, 103 points
2nd The Wave, Muscat, 101 points
3rd China Team, 91 points
4th BT, 84 points
5th Red Bull Extreme Sailing, 71 points
6th Rumbo Almeria, 70 points

◎Extreme Sailing Series Overall:
1st Masirah, 18 points
2nd The Wave, Muscat, 11 points
3rd China Team, 11 points
4th BT, 10 points
5th Red Bull Extreme Sailing, 8 points
6th Rumbo Almeria, 5 points

d.jpg
Oman Sail MasirahとCHINA チーム。中国チームの参戦も話題になりました。また、イギリスの金メダリストで、最近はジャーナリストとしても活躍するShirley Robertsonも出場していました。photo by Mark Lloyd/Lloyd Images/OC Events

h.jpg
準優勝のThe Wave, Muscatチーム。photo by Mark Lloyd/Lloyd Images/OC Events

i.jpg
マーク回航直後にRed Bullチームが沈。photo by Mark Lloyd/Lloyd Images/OC Events

t.jpg
オマーンの子供たち。photo by Mark Lloyd/Lloyd Images/OC Events

y.jpg
優勝のOman Sail Masirahチーム。総合優勝も獲得です。photo by Mark Lloyd/Lloyd Images/OC Events


Red Bullのキャプサイズ動画

BULKHEAD magazine on twitter
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ダウンアンダーセイリングジャパン
トーヨーアサノ
SWING
Gill Japan/フォーチュン
丸玉運送
JIB
一点鐘
VELOCITEK
海快晴
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 07:19| Comment(0) | ニュース

2009年12月09日

光ニューイヤーレガッタ

2010hikari.jpg

 2010年1月9〜11日まで、山口県光市スポーツ交流村ヨットハーバーで「2010 HIKARI GORE-TEX NEW YEAR REGATTA」が開催されます。ディンギーやキールボートで活躍しているプロセーラー中村健一(レース委員長をつとめます)よりレース案内が届きました。OPセーラーのみなさん、風が安定する冬の時期こそ上達のチャンスです。ふるってご参加ください!(バルクヘッドマガジン編集部)

---------------------------------------------
 1月9〜11日、OP級年明け第一弾となる「第2回 2010 HIKARI GORE-TEX NEW YEAR REGATTA」を開催します。9日はプラクティスレースとなっており、沢山のレース練習を行う中で、私(中村健一)と山田寛でコーチング企画を予定しています。

 10日11日は、本大会で2010年最初のチャンピオンが決定します(Aクラス・Bクラス・女子1位・小学1位)。参加にあたり、OP級Aクラス、Bクラスの2グループに分けてレースを行い、Aクラスはすでに約60艇のエントリーがあります。Bクラスの参加選手の中には、乗り始めて間もない選手が多数エントリーしていますので、レースを楽しむという気持で参加していただけたらと思います。

 大会も昨年からジャパンGORE−TEX様が特別協賛となり参加賞品は、AフリートBフリートともに1位から6位まで豪華GORE−TEX商品を提供していただいています。昨今の不況の中、このように盛大に開催できることは大変ありがたく、またセーラーにとっても大変有意義なレースになると思いますので、OP級の皆さん、ぜひチャンピオンを目指して参加してください。

◎レース公示
http://ophikari.web.fc2.com/regatta/10nor.pdf
◎光セーリングクラブ
http://ophikari.web.fc2.com/

 締切は7日となっていますが、現地受け付けもできますので奮ってご参加ください。

 また、来年の全日本OP選手権が光市山口県スポーツ交流村ヨットハーバー開催が決定し、2011年には山口国体も開催となるため、運営人も力が入っています。地域の交流を深めながら大会を盛り上げていく今大会に御期待してください。皆さんの参加、お待ちしています。
中村健一


BULKHEAD magazine on twitter
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ダウンアンダーセイリングジャパン
トーヨーアサノ
SWING
JIB
一点鐘
VELOCITEK
日本X35ワンデザインクラス協会
海快晴
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 07:55| Comment(0) | ニュース

2009年12月08日

琵琶湖・柳が崎YHを救え

 琵琶湖セーリングの拠点であり、多くの優秀なセーラーを輩出してきた柳が崎ヨットハーバー(滋賀県立ヨットハーバー)が存続の危機にあります。6日、滋賀県へヨットハーバーの存続を求めて150艇によるデモセーリングがおこなわれました。地元セーラーだけでなく、全国のセーラーにも馴染みある柳が崎ヨットハーバー。なんとか存続してほしいものです。デモセーリングの様子は、スナイプセーラー御用達、井田選手の「フルハイク」でもレポートされています。

----------------------------------------------------------
ヨットハーバー存続を。琵琶湖、150隻が湖上デモ

 財政難を理由に滋賀県が売却方針を打ち出している琵琶湖の県立柳が崎ヨットハーバー(大津市)の存続を求め、ヨット愛好家が6日、約150隻のヨットを繰り出し、大津市沖をデモ帆走した。

 ヨットハーバーを拠点に活動するNPO法人・滋賀県セーリング連盟などが呼びかけ、小学生から社会人までの約300人が参加。「ヨットハーバーの存続を!」などと書いたのぼりを掲げ、相次いで同ハーバーを出港した。

 県は11月、六つの公共施設と四つの外郭団体の廃止、14施設の売却・移管を盛り込んだ見直し計画の原案を公表。ヨットハーバーに関しては利用団体と売却について協議し、話し合いが不調に終わった場合は原則として廃止する、としている。

 県セーリング連盟の山田將人(まさと)会長は「ヨットハーバーは競技や普及の拠点としてかけがえのない存在。今後も存続を訴えたい」と話した。(12/6 朝日新聞より引用)
----------------------------------------------------------

BULKHEAD magazine on twitter
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ダウンアンダーセイリングジャパン
トーヨーアサノ
SWING
JIB
一点鐘
VELOCITEK
日本X35ワンデザインクラス協会
海快晴
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 16:02| Comment(1) | ニュース

2009年10月08日

台風18号、日本列島縦断

IMG_0565.jpg
8日午前、シーボニアの様子。photo by Junichi Hirai

 10月7日から8日にかけて本州を北上した台風18号。相模湾の各マリーナでは大小の被害がありました。シーボニアでは、海上係留バースのさん橋が折れたり、水没したり、フェンスが破壊したり、陸上の建物にも被害がありました。葉山マリーナ、葉山新港、佐島マリーナでも防波堤が壊れたり、ボートにダメージを受けたり、さまざまな被害があったようです。東海地方でも甚大な被害があり、いくつものクルーザーが倒れたという情報をもらいました。今月も各マリーナでヨットレースが予定されますが、大丈夫でしょうか。

BULKHEAD magazine on twitter
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ダウンアンダーセイリングジャパン
トーヨーアサノ
SWING
JIB
一点鐘
VELOCITEK
日本X35ワンデザインクラス協会
海快晴
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 19:23| Comment(1) | ニュース

2009年09月15日

国内でも公式twitter採用へ

 海外編に続いて、今週からはじまる連休ビッグレガッタ国内編。台風14号の進路がとても気になりるところです。さて、テーザーワールドと逗子レガッタでは、twitterによる情報提供がおこなわれます。先週、サンディエゴで開催されたスナイプワールドでは、速報としても利用された運営スタッフによるtwitterが好評でした。海外の一部のレガッタでは定着していますが、国内(アジアで?)で正式に利用されるのは、はじめてではないでしょうか。こちらも注目です。

■和歌山 テーザー世界選手権 9月20〜27日
 1999年浜名湖以来となる日本ワールドに、オーストラリア、イギリス、カナダ、アメリカ等から79艇が集まりました。本大会では広報活動にも力を入れていて、微力ながらバルクヘッドマガジンも協力させていただきます。おたのしみに!
◎大会オフィシャルウェブサイト
http://tasarworlds.com
◎大会オフィシャルtwitter
http://twitter.com/TasarWorld2009
◎大会オフィシャルblog
http://tasarworlds.sblo.jp/
◎大会オフィシャルアルバム
http://picasaweb.google.co.jp/tasarworld2009

■西宮 J/24全日本選手権 9月20〜23日
 ワンデザインキールボートJ/24クラスの頂上決戦。本大会のエントリーは26艇で、全国の精鋭チームが出場します。関東選手権を制し、ワールドの切符を手にした〈月光〉は全日本タイトル狙い。新メンバーもそろそろ慣れてきた〈シエスタ〉はポジションを変更して大会に挑むとの情報も。また、地元・西宮や福岡軍団、そして関東フリートからも気合い十分です。先週の土日に計測がおこなわれ、あとはレース本番を待つばかり。バルクヘッドマガジンは、現地から全レースを取材する予定です。
◎J/24全日本選手権(関西ヨットクラブ)
http://www.kyc.or.jp/

■逗子レガッタ 9月20〜22日
 相模湾の名物キールボートレガッタが復活! レースはインショア(20、22日)とショートディスタンス(21日)があり、3日間存分にたのしめる内容です。エントリーは、IRC AにTURTLE6、ADONIS、PAPILLON、KARASU、VITTORIA、GAIA、QUETEFEEK、IRC B(スポーツボート)にBROS、CENTURY FAST GP、SPANK、IRC CにYELLOW MAGIC、SAMOA、JE REVIANS、CONCORD。本大会でもtwitterで情報発信される予定です。
◎逗子レガッタ2009
http://blog.goo.ne.jp/zr2009/
◎逗子マリーナヨットクラブtwitter
http://twitter.com/zmyc

BULKHEAD magazine on twitter
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ダウンアンダーセイリングジャパン
トーヨーアサノ
SWING
一点鐘
VELOCITEK
日本X35ワンデザインクラス協会
海快晴
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 09:34| Comment(0) | ニュース

2009年09月14日

今週始まるビッグレガッタ

NYYCSwan42start_BIRW09_creditDanNerneyRolex_preview.jpg
16日よりアメリカ東海岸ニューポートでNYYCインビテーショナルカップがはじまります。photo by Dan Nerney / Rolex

 今週末から怒濤の大連休がスタートします。みなさん、周到な計画を立てていることでしょう。バルクヘッドマガジンは、19日よりJ/24全日本・西宮とテーザー世界選手権・和歌山へ取材遠征を決行。そのほかにも国内外でキールボートレガッタもあり、編集部総出で可能な限り対応します。おたのしみに!

 さて、今週からはじまる国内外のレガッタを紹介します。まずは海外編から。これから11月が終わるまでは、2009年ビッグレガッタシーズンとなります。

■NYYCインビテーショナルカップ 9月16〜20日
 ニューヨークヨットクラブ(アメリカ・ニューポート)の招待により開催される各国対抗キールボートレガッタ。ボートは、NYYCが用意した同クラブの制式ワンデザイン艇、クラブスワン42を使用します。14カ国19チームが参加し、日本は〈エスメラルダ〉と〈スレッド〉の混成チームが出場します。

 日本チームは、世界のTP52ブームの火付け役となったエスメラルダ・植松オーナーをキャプテンに、スレッドの大倉オーナーがヘルムスマン(Farr40北米選手権優勝)、そして、エスメ軍団から高槻和宏(ピット)、西川松吉(マスト)、吉田学(トリム)。スレッドから本田敏郎(トリム)、小川正宏(バウ)、中村健一(メイン)。そして、タクティシャンにシドニー五輪代表の浜崎栄一郎が加わります。さらに、体重調整とルールにより、現地のセーラー2名が乗り込みます。

 このキャンペーンに深く関わっている自分が言うのもナンですが、プロ規定などきびしいルールの中で(グループ3のプロは1名と決められています)、よくこれだけの気心の知れた職人が揃ったなぁという印象です。バルクヘッドマガジンでは、現地と密接にコンタクトをとって取材を決行します。

◎エントリーチーム一覧
Japan Sailing Federation 日本・東京
New York Yacht Club アメリカ・ニューヨーク
Norddeutscher Regatta Verein ドイツ・ハンブルグ
Nylandska Jaktklubben フィンランド・ヘルシンキ
Real Club Nautico Barcelona スペイン・バルセロナ
Royal Bermuda Yacht Club バミューダ・ハミルトン
Royal Canadian Yacht Club カナダ・トロント
Royal Cork Yacht Club アイルランド・コーク
Royal Danish Yacht Club  デンマーク・ヘレルプ
Royal Hong Kong Yacht Club 中国・香港
Royal New Zealand Yacht Squadron ニュージーランド・オークランド
Royal Ocean Racing Club ロンドン・イングランド
Royal St. George Yacht Club アイルランド・ダブリン
Royal Thames Yacht Club ロンドン・イングランド
Royal Yacht Squadron ロンドン・イングランド
St. Francis Yacht Club アメリカ・サンフランシスコ
Yacht Club Costa Smeralda  ポルトチェルボ・イタリア
Yacht Club de France フランス・パリ
Yacht Club Italiano イタリア・ジェノア

◎NYYC Invitational Cup
http://www.nyyc.org/worldinvitationalcup/

■セイル・フォー・ゴールド 9月14〜19日
 イギリスで開催されるISAFワールドカップ最終戦。ロンドン五輪が開催されるウエイマスで開催され、現地ではすでに各国の気象チームが活動をはじめるなど積極的な準備がはじまっているようです。昨年12月のセイルメルボルンにはじまったISAFワールドカップは全7戦が用意され、オリンピック、パラリンピック種目を年間シリーズで戦おうというISAF初の試みでもあります。

◎セイル・フォー・ゴールド 参加日本選手
470級(男子/54艇)
 原田龍之介・吉田雄悟(アビームコンサルティング)
 石川裕也・柳川祥一 (関東自動車工業)
470級(女子/31艇)
 近藤愛・田畑和歌子(アビームコンサルティング)
 吉迫由香・大熊典子(ベネッセコーポレーション)
49er級(35艇)
 牧野幸雄・高橋賢次(関東自動車工業)
レーザー級(102艇)
 安田真之助(鹿屋体育大学)
 齋藤大輔
レーザーラジアル級(54艇)
 長谷川哲子(豊田自動織機)
RS:X級(男子/42艇)
 富澤慎(関東自動車工業)
 谷賢二郎 
 高橋良典(関東学院大学)
RS:X級(女子/26艇)
 須長由季(ミキハウス)
 大西富士子(ティアーズ)
 高木未散(萩原珈琲)

◎Skandia Sail for Gold Regatta 2009
http://www.sailracer.co.uk/events/18401/
◎JSAFオリンピック特別委員会
http://jsaf-osc.jp/

BULKHEAD magazine on twitter
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ダウンアンダーセイリングジャパン
トーヨーアサノ
SWING
一点鐘
VELOCITEK
日本X35ワンデザインクラス協会
海快晴
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 11:47| Comment(4) | ニュース

2009年09月04日

パンゲア号が横浜へ寄港中

IMG_9686.jpg
ベイサイドマリーナに停泊する〈パンゲア〉。パンゲアとは、2億5千万年前に存在したといわれる幻の大陸です。photo by SOHO

 南アフリカの探検家マイク・ホーンさんが乗るパンゲア号が、横浜に寄港しています。〈パンゲア〉は全長115フィート、リサイクル可能なアルミ製で、太陽光発電も装備されるエコヨット。青少年へ向けて環境問題を提起するホーンさんは、これまで赤道単独一周(99年)、北極単独一周(04年)などの冒険を果たしており、本企画は昨年12月にチリを出発、4年間の遠征の途中に横浜へ立ち寄りました。8月31日には、横浜で海洋冒険家・白石康次郎さんと講演がおこなわれました。

 で、さっそく〈パンゲア〉に試乗してきたJ/24〈SOHO〉のSオーナーから写真とレポートが届きました。
「冒険家マイク・ホーン氏の115フィートヨット「パンゲア」が入港。今週いっぱい横浜ベイサイドマリーナに停泊中です。で、2日午後から夕方までクルージングしてきました。そのうち2時間は、私ひとりで115フィートのヘルムを担当。しかも25ノット。多分…日本初かな? 115フィートのヨットもはじめてだし、そのヘルム握ったのもはじめて。マスト2本、メイン2枚とジブ3枚、フルセイルでセーリングでした。さすが安定しています。全てのブロック類やシートも軽量化されていました。南アフリカを出発してから強風62ノットに見舞われたこともあったそう。北極の流氷は割って航行。ハルはアルミです」

 9月5日には、日本の子供たちを乗せてレクチャーする予定だそうです。

IMG_9664.jpg
横浜市開港記念会館でおこなわれたマイク・ホーン、白石康次郎の講演会。photo by SOHO

IMG_9826.jpg
パンゲアでセーリングしてきました。photo by SOHO

◎マイク・ホーン活動紹介(日本語・PDF)
http://www.city.yokohama.jp/me/kankyou/ondan/press/h21/090804/090804.pdf
◎マイク・ホーン
www.mikehorn.com

BULKHEAD magazine on twitter
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ダウンアンダーセイリングジャパン
トーヨーアサノ
SWING
一点鐘
VELOCITEK
日本X35ワンデザインクラス協会
海快晴
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 07:18| Comment(1) | ニュース

2009年09月03日

フローティングショー横浜

 10月2〜4日、横浜ベイサイドマリーナで「第14回横浜フローティングヨットショー」が開催されます(入場無料)。デイセーラーからクルージングボートまでセーリングボートの係留展示があるのはもちろん、陸上から観戦できるマッチレースや、一般参加できるアクセスディンギーによるヨットレースイベントもおこなわれます。

 アクセスディンギーは、ジョイスティックで操る極めてイージーなセーリングディンギーです。バルクヘッドマガジンは数年前に取材しましたが、安定感と簡単すぎるセーリングに驚かされました。初心者の方がふらっとマリーナに来ても、問題なくセーリングできます。未体験の方はぜひ。

◎第14回横浜フローティングヨットショー
http://www.current-web.co.jp/yokohama/
開催日時:10月2〜4日 午前10〜午後5時
開催場所:横浜ベイサイドマリーナ

イベントのご案内:
【横浜フローティングヨットショー記念イベント】
2009年10月3日(土)・4日(日)に横浜フローティングヨットショー開催記念イベントとして、小型ヨット(アクセスディンギー)を利用したヨットレースと体験試乗会を行います。入場及び参加費は無料です。

■YFYS記念マッチレース:10月3日(土)
日本初の「陸上から観戦できるヨットレース」です。ヨットレース観戦が初めての方でも楽しめるリアルタイムでの解説付き。全日本女子マッチレースのウィナーである藤井麗など、日本有数のマッチレーサーによる手に汗握る迫力のレースをお楽しみください。観戦無料。 (10時〜14時30分を予定)

■YFYS記念ヨットレース:10月4日(日)
アクセスディンギーによる一般参加のフリートレースを開催。20組40名の参加希望者受付中!(9月18日応募締切)応募はホームページより。多数の場合は抽選になります。参加費無料。優勝チームにはカップを進呈。(10時〜14時30分を予定)

■アクセスディンギー試乗会:3日・4日両日
どなたでも安全に乗れるアクセスディンギーの体験試乗が無料でできます。受付は各日ともヨットショー会場にて、レース終了後に行います。(14時30分〜16時30分を予定)

BULKHEAD magazine on twitter
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ダウンアンダーセイリングジャパン
トーヨーアサノ
SWING
一点鐘
VELOCITEK
日本X35ワンデザインクラス協会
海快晴
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 07:09| Comment(0) | ニュース

2009年08月04日

世界選手権週間はじまる

2009StarWorlds_20090802_0186.jpg
スウェーデンでスターワールド開催中。日本の鈴木/和田が出場しています。photo eventmedia

 唐津ラジアル女子ワールドがおわり、バルクヘッドマガジンは地元葉山に戻ってきました。女子は終わりましたが、同地では続けて、ラジアルユース、成年男子の世界選手権が開催されます。ラジアルユースには、日本から男子21名、女子10名、成年男子には34名が出場します。大会日程は5〜10日まで。
◎International Laser Class Association
http://www.laserinternational.org/

 7月29〜8月5日までイタリア・ガルダ湖で420級世界選手権が開催されています。男子122艇、女子84艇が集まるこのビッグイベントに稲葉幸平/峯卓人、吉永紀仁/森拓斗、女子に大日向喜咲/牟田絢美が出場します。420級は、ユースワールドで採用されるダブルハンドの定番クラスですが、国内では一部の地域をのぞいて活発な活動はありません。今回出場するのは、予選を勝ち抜いた佐賀県唐津の高校生たち。現在、決勝シリーズがおこなわれ、稲葉/峯がシルバー48位、吉永/森が55位。女子の大日向/牟田がシルバー15位の成績です。
◎Fraglia Vela Riva(大会主催ヨットクラブ)
http://www.fragliavelariva.it/
◎日本チームのレポート(JSAFサイト内)
http://www.jsaf.or.jp/sailing/2009/420-world/

 現在、スウェーデン・バールベリでスター級世界選手権が開催されています。日本からは鈴木國央/和田大地が出場。97艇が出場したヨーロッパ選手権(7月ドイツ・キール)では22位と健闘しましたが、同チームは国内の練習不足(国内でスター級の活動はありません)をおぎない、着実に成長しているようです。世界選手権には95艇がエントリー。鈴木/和田は初日を41位で終えました。
◎Star World Championship 2009
http://www.giveandgo.se/vss/

 8月4〜14日まで、ブラジル・ニテロイでIODA(OP級)世界選手権が開催されます。日本からは、市川夏未(夢の島)、岡田奎樹(福岡)、射羽 京(江の島)、樋口 舵(横浜市民)、山本一徹(広島)の5名が出場。レース開始は6日からおこなわれます。日本チームの様子は、現地からレポートされるようなので要チェック。応援しましょう!
◎IODA World Sailing Championship 2009
http://www.cncharitas.com.br/optiworld2009.html
◎日本チーム応援サイト
http://japan-opti.com:80/2009world/

 6〜15日までアメリカ・オレゴンでモス級世界選手権が開催されます。水中翼を装備したフライングモスも次世代へ突入し、ブライドライダーをはじめ、マッハ2、アサシンといったプロダクトボートが登場するようになりました。今年はどのボートを使用するセーラーが勝利するのかにも注目です。エントリーは46艇。日本からは橘直美選手が出場します。
◎International Moth World Championships
http://www.mothworlds2009.org/

 1〜7日までデンマークでドラゴン級ゴールドカップが開催されます。かつての五輪種目で、クラッシックキールボートとして支持されているドラゴンの世界大会に、日本から青山/伊藝/長堀チームが参戦。ゴールドカップに向けて結成されたチームではありますが、日本人が頻繁に出場しないゴージャスな大会だけに奮闘を期待します。レポートは、伊藝選手のウェブサイトで更新される予定です。
◎DRAGON GOLD CUP
http://www.goldcup.kdy.dk/
◎伊藝選手のレポート
http://igei.net/cgi/ndiary.cgi

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ダウンアンダーセイリングジャパン
トーヨーアサノ
SWING
VELOCITEK
日本X35ワンデザインクラス協会
海快晴
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 02:47| Comment(0) | ニュース

2009年06月19日

キールウィーク開催直前

kielerw_pos.jpg
セーリングの祭典「キールウィーク」。五輪艇種のレースは20日から、X35ワールドは24日からはじまります

 毎年6月、ドイツ・キールで開催されるキールウィークは、欧州最大規模のヨットレースイベントであり、五輪種目はISAFワールドカップ第6戦となります。

 開催種目は五輪艇種だけではありません。コンテンダー、OK、ヨーロッパ、29er、420、フライングダッチマン、フォーミュラー18、ホビー16、ドラゴン、フォルクボート、Hボート、J/24、Platu25、SAP European505、など、マルチハルからキールボートまで多彩な種目が揃っています。名前を見ているだけでも賑やか。また、今年は、欧州で人気のワンデザインクラスとして知られるX35世界選手権、X41ヨーロッパ選手権も開催されます。

 今年のキールウィークは、日本から見ても話題が豊富です。
・470級に近藤愛/田畑和歌子(アビームコンサルティング)出場。昨年、近藤は同大会で優勝しています。
・スター級に鈴木國央/和田大地が(和歌山セーリングクラブ/日吉染業)。和歌山から世界へ挑戦。2009年初遠征。
・X35世界選手権にケットフィ−ク(木村大介オーナー/ヘルム。HMYC所属)出場。

 と今年のキールウィークは目が離せません。世界選手権初出場となるケットフィ−クは、葉山マリーナヨットクラブを拠点に活動するキールボートチームです。昨年のX35全日本で優勝、関東ミドルボート選手権でも優勝を飾りました。健闘を祈ります!

RZ3H7776.jpg
X35ワールドへ挑戦するケットフィ−ク。photo by Junichi Hirai

◎Kieler woche
http://www.kielerwoche.de/eng/sailing/index.htm

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ダウンアンダーセイリングジャパン
トーヨーアサノ
SWING
VELOCITEK
日本X35ワンデザインクラス協会
海快晴
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 07:28| Comment(0) | ニュース

2009年06月18日

ルナ・ロッサにシェイド

11509_2_GIR09cb_07467.jpg
ヘルムを取るのはブラジルのロバート・シェイド。photo Rolex / Carlo Borlenghi

 20日まで仏・サントロペで開催されている「GIRAGLIA ROLEX CUP」は、マキシ、ウォーリー、ミニマキシなど豪華絢爛のヨットレースです。レースはインショアとオフショアにわかれ、オフショアはサントロペから伊・ジェネバまで243マイルを走ります。

 このレガッタに出場したルナ・ロッサ(STP65)で、かねてから話題になっていたロバート・シェイドがヘルムを取りました。オリンピックヒーローのシェイドは…(バルクヘッドマガジンの読者ならさんざん記事にしているのでご存じですね。紹介は省略します)。今後の活躍が楽しみです。

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ダウンアンダーセイリングジャパン
トーヨーアサノ
SWING
VELOCITEK
日本X35ワンデザインクラス協会
海快晴
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 23:28| Comment(0) | ニュース

2009年06月08日

西宮沖、BIG&SMALL対決

 先週末、関西ヨットクラブ(KYC)主催による「大阪湾一周レース」が開催されました。コースは西宮沖をスタートし、淡路島・洲本沖を往復する航程56.2マイル。スタート予告時間が6日(土)18時55分となる、オーバーナイトのディスタンスレースです。ファーストホームは〈SUMMER GIRL〉で、所要時間は8時間45分でした。

大阪湾一周レース 総合成績
1. 〈SUEKO〉 FIRST427 ホワイトクラス優勝
2. 〈SUMMER GIRL〉 FIRST40.7 IRCクラス優勝
3. 〈RELAXIN’〉 IMX38
4. 〈NEUEROVE〉 X35OD
5. 〈OTENTOSUN〉 YOK36ON
6. 〈MOANA〉 BENE300SPIRIT
7. 〈CYGNUS〉 DHL35CWS
8. 〈C.ROSSETTI〉 BENE45F5
9. 〈GORILLA〉 JEAN36
10. 〈SPINDRIFT〉 T301
11. 〈ORANGE FIN〉 Y-31S
12. 〈LUCKY TOO〉 NIC30
13. 〈FIVE STAR〉 SEAM31
14. 〈LAPIN BLEU〉 FARR31IMS
15. 〈QUEST〉 PETERSON33
16. 〈TAM〉 ID35

 また、6、7日には西宮沖で第32回関関戦(関西大vs関西学院大)がおこなわれました。陸風とシフトの激しい海面で合計12レースを消化。総抗議件数が15を越え、夜遅くまで審問が続く過酷なレースとなったようです。

470級
関大 139点
関学 115点

スナイプ級
関大 103点
関学 152点

総合
優勝 関大 242点
2位 関学 267点

20090607_kk.jpg
第32回関関戦は関大の勝利。両校とも全国レベルの実力があるだけに、インカレ全日本までの成長に注目です。photo by 関西大

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
日本X35ワンデザインクラス協会
ダウンアンダーセイリングジャパン
海快晴
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 16:00| Comment(0) | ニュース

2009年05月22日

大島レースに出場します

 今週も各地でヨットレースがおこなわれます。江の島では関東470協会主催によるフリートレースが開催。現在エントリーは53艇です。このフリートレースは、ナショナルチームや社会人、学生が同じ土俵で戦える関東水域では数少ないレガッタです。学生選手は、ナショナルチームを叩きのめすぐらいの気合いで挑んでください(罵声はNGですヨ)。
◎関東470協会
http://kanto470.sakura.ne.jp/

 また、三河湾(ラグナマリーナ)では今年もエリカカップが開催されます。現在のエントリーはなんと107艇!(IRC23艇、TRS66艇、ノンレーティング18艇)。相変わらず盛大なレースですね。
◎外洋東海
http://www.tosc.jp/

 今週のバルクヘッドマガジンは、〈エスメラルダ〉で第59回大島レースに出場してきます。1951年にはじまった大島レースは、日本でもっとも歴史のある外洋ヨットレースです。今年のエントリーは13艇(IRC8艇、ORCC5艇)。フィニッシュは日曜深夜〜朝方ぐらいでしょうか。いい風が吹きますように。
◎第59回大島レース 実行委員会
http://blog.goo.ne.jp/oshima-rc/

 さて、ここで〈エスメラルダ〉のナビから、IRC出場艇にスクラッチシートのプレゼント。オンデッキの防水PCを持たない〈エスメラルダ〉では、スクラッチシートと重要ポイントのチャートを作成し、フィルムでラミネートしてポケットに常備しています。ハイクアウトしながらハンディGPSと合わせて時々確認、というシンプルな使い方をしています。

 このスクラッチシートは、
・自艇が「所要時間」で通過した地点を、他艇がどれだけの差で通過すれば「同着」かの表です。
・赤字は、相手に対して遅れていて同着、黒字は先行して同着。
・TCCは本日朝、RORCのサイトから取得したものです。

 間違っていたら申しわけありません。自己責任でよろしくどーぞ!

◎IRCスクラッチシート(xls ダウンロード

_MG_3317_800.jpg
こちらは伊豆大島ではなく、伊豆半島下田沖の岩場。今夏のエスメはパールレースとトランスサガミに出場予定です。photo by junichi Hirai

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
ダウンアンダーセイリングジャパン
海快晴
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 07:57| Comment(1) | ニュース

2009年05月11日

セーシェル沖、海賊被害?

 平成7〜9年にフランスから日本まで(ひとり乗り大西洋、太平洋横断)に成功した隻腕セーラーの米子昭男さんが、インド洋セーシェル沖で海賊に捕まった可能性があると報道されています。4月の終わりに、ISAFからソマリア沖(アデン湾)で海賊による強奪被害が相次いでいる理由から航行に関する注意勧告が出されました。セーシェルはソマリアにも近く、同様の海賊被害が考えられます。一日も早く連絡が取れますように。

---------------------------------------------
 【ニューヨーク=松尾理也】米紙サンタクルズ・センチネル(電子版)は8日、植村直己冒険賞受賞の隻腕のヨットマンとして知られる米子昭男さん(61)が、インド洋セーシェル沖で海賊に捕らえられた可能性があると伝えた。セーシェルのヨット仲間からの電子メールによる情報という。

 同紙によると、米子さんは他の3隻のヨットと船団を組んでセーシェル沖を航行中だった。船団は、たまたま遭遇したフランス海軍の艦船から、海賊の危険性を告げられ引き返したが、うち2隻が海賊に襲われたとみられるという。米子さんとの連絡は現在不通になっている。

 米子さんは以前、世界一周航海に挑戦中にカリフォルニア州サンタクルズに停泊したことがあり、今回、同地のヨットマンにメールが寄せられたという。

 米子さんは23歳のときに、トロール船での事故で左腕を失った隻腕のヨットマン。1995年から97年にかけて大西洋・太平洋単独横断を敢行し、同年の植村直己冒険賞を受賞した。



 外務省は9日、邦人男性1人が4月28日にセーシェルを出航後、「連絡が途絶えている」と明らかにした。ただ、現時点では海賊などの事件に巻き込まれたとの情報はないとしている。同省によると、心配した友人らがセーシェルの仏大使館に届け出たという。(産経新聞より引用)
---------------------------------------------

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
ダウンアンダーセイリングジャパン
海快晴
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 07:41| Comment(0) | ニュース

2009年04月20日

斉藤さん、チリでトラブル

 昨年9月に横浜を出港し、西回り世界一周(8度目の世界一周)に挑戦している斉藤実さん(75歳)が、南米ケープホーン回航を達成したようです。しかし、喜びもつかの間、沖で大嵐と遭遇しトラブル続出。現在、救助を受け、船と本人はチリのプンタ・アレナスへ移送されました。

 Sail World誌の速報によれば、斉藤さんはレーダー故障、メインセールトラブル、ヘッドセールだけで帆走中に、45ノットの強風、10mの大波と遭遇。さらにオートパイロットが故障してラダーも使用不可能に。

 サポートチームはチリ海軍に救助を要請。斉藤さんは、20時間の漂流を経て救助され、プンタ・アレナスへ移送されたようです。工場で船の修理を試みるとのことですが、大丈夫でしょうか。

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
ダウンアンダーセイリングジャパン
海快晴
エクストリーム・レーシングチーム
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 14:35| Comment(0) | ニュース

2009年03月19日

春のレースシーズン突入

 20日からはじまる三連休。全国各地でヨットレースイベントが開催されます。

 葉山港では「くるるマッチレース」が開催されます。出場は、山田寛、浜崎栄一郎、本吉夏樹、長堀裕樹、村越俊介、荒川海彦、荒川友紀彦、松永鉄也の8チーム。初参戦となる北京五輪470級代表の松永は、昨年全日本マッチ優勝のアルバトロスチームとジョイントして出場します。
◎くるるマッチ(日本ヨットマッチレース協会)
http://www.matchrace.gr.jp/

 江の島では、小〜中学生までのOPセーラー約40名が戦い「2009年度JODAナショナルチーム最終選考会」がおこなわれます。ナショナルチームに選抜されると、世界選手権、アジア選手権、ヨーロッパ選手権、北アメリカ選手権等の国際大会出場権利が与えられます。
◎JODAナショナルチーム最終選考会
http://www.f-ssc.com/2009opfinalselection.htm

 また、琵琶湖では国内最大級の草レース「同志社ウィーク」、また西宮では「KYCスプリングレガッタ」がおこなわれます。全国でいい風が吹きますように。雨なしで。

IMG_1233.jpg
3月後半からETCを使うと高速料金が休日1000円に(一部の区間)。レース遠征に大変役立ちそうですが、個人的には無理なスケジュールを組んでしまいそうで怖い。バルクヘッドマガジンの連休は江の島OPを取材してきます。写真はお気に入りの日本平のトンネル。photo by Junici Hirai

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
エクストリーム・レーシングチーム
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 16:31| Comment(0) | ニュース

2009年03月13日

ボートショー2009横浜開幕

index_id.gif

 3月12〜15日までの4日間、横浜みなとみらい「パシフィコ横浜」でボートショーが開催されます。ボートショーは、国内外から185団体、240艇のボートが出展される国内最大のマリンイベント。会場は、メインとなるパシフィコ横浜と、ボートが係留されるフローティング会場にわかれ、イベントも盛りだくさんあります。14日には、屋内特設ステージで北京五輪出場選手(飯島洋一、近藤愛、牧野幸雄)によるトークショー。15日には、記念ヨットレースも開催されます。週末は横浜へ遊びに行きましょう!

20090313093947.jpg
パフォーマンスセイルクラフトジャパンのブースでは、北京五輪出場艇やレーザー、レーザー4.7、OP等の実艇を展示。またオリンピックのビデオも上映中です。photo by PSJ

◎ボートショー2009
http://www.marine-jbia.or.jp/boatshow2009/

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
エクストリーム・レーシングチーム
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 07:26| Comment(0) | ニュース

2009年02月17日

PWAワールドツアー開幕

pwa_nagohsi.jpg
日本を離れて活動するウインドサーファー名越純子。photo by Professional Windsurfers Association

 年間8戦のワールドカップとインドアエキシビジョン、グランプリ、グランドスラム、スーパーグランドスラムで構成されているPWAワールドツアー2009。

 このウインドサーフィンの大会は、Professional Windsurfers Associationが主催する世界サーキットで、ウエイブ、フリースタイル、スラロームの種目で競われる賞金レースです。ただいま14〜21日までワールドカップ緒戦となる「Cabo Verde」が開催されています。

◎PWA
http://www.pwaworldtour.com/

 このPWAワールドツアーでひとりの日本人女性が活躍しているのをご存じでしょうか? 日本を離れて海外中心で活動する名越純子選手(JUNKO NAGOSHI)は、2008年度世界ランキング、ウエイブ5位、フリースタイル4位の実力者。世界トップランクの常連として活躍しています。

 バルクヘッドマガジンは不勉強のため、失礼ながら名越選手を知らなかったんですが、ものすごくパワフル。かっこいい!



======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ

posted by BULKHEAD at 22:07| Comment(0) | ニュース

2009年01月10日

ロンドンボートショー開幕

LBS09d_M2667.jpg
ケリー・ブルックさんと海兵隊のみなさん。photo onEdition 2009

 9〜18日までロンドンインターナショナルボートショーが開催されています。今回は開催55回目となる記念イベント。オープニングには、女優・モデルのケリー・ブルックさんが登場して会場を盛り上げました。

 また、ゲストに24歳でヴェンディグローブ2位(2001年)、2005年には世界一周記録(当時)を達成したエレン・マッカーサー。2つのオリンピック金メダルを持つシェリー・ロバートソン。北京オリンピック・イングリング級で金メダルを獲得したサラ・アイトン。アメリカズカップGBRチーム〈ORIGIN〉代表のキース・ミルズ。同国のオフショアセーラー代表マイク・ゴールディングらが出席しました。

 今回のロンドンボートショーには、500以上の企業が出展しています。また、オリンピックナショナルチームのSkandia Team GBRにより、2012年ロンドン五輪のアピールもおこなわれているようです。

◎ロンドンインターナショナルボートショー
http://www.londonboatshow.com/

LBS09d_M2682.jpg
マイク・ゴールディングとケリー・ブルックさん。5オーシャンズの後も同じだっと記憶していますが、今回マイク・ゴールディングはヴェンディグローブをリタイアして参加可能となったようです。あまり喜ばしいことではありませんね。photo onEdition 2009

 さて、ひるがえって日本では…。

 今年も「ジャパンインターナショナルボートショー2009」が、3月12〜15日まで横浜で開催されます。しかし、今のところ、内容まで発表されていません。また、残念なことに、舟艇工業会より「関西国際ボートショー2009」は、急遽中止になったことがアナウンスされています。

 毎年、同じ時期に同じことをいうようで恐縮ですが、主催者はボートショーの魅力をもっとアピールするべきではないでしょうか。だれに何をみてもらい、なにを感じてほしいのか。イベント会場に行くとどんなたのしいことがあるのか。イベント前にアピールすることは、大切なことだと思います。

◎日本舟艇工業会(関西ボートショー中止の案内等)
http://www.marine-jbia.or.jp/
◎ジャパンインターナショナルボートショー2009
http://www.marine-jbia.or.jp/boatshow2009/

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 08:11| Comment(1) | ニュース

2008年12月27日

年末セーリングニュース

10911_2_SYHO08cb_51215.JPG
100艇超のエントリーでスタートしたシドニー〜ホバート。IRCが採用されています。Rolex / Carlo Borlenghi

第64回シドニーホバートスタート
 26日、オーストラリア年末恒例のシドニー〜ホバートヨットレースがスタートしました。この大会は、オーストラリア・タスマニア海からホバートまで628マイルを走るオフショアレース。今年は、イギリス、ニュージーランド、フランス、ドイツ、オランダ、スイス、ロシア、ニューカレドニアからも出場しています。コースレコードは、2005年に〈WILD OATS XI〉がたたき出した42時間40分。新記録はうまれるでしょうか?
◎64nd Rolex Sydney Hobart Yachtrace Official website
http://rolexsydneyhobart.com/

マム30からFarr30へ
 16日。ワンデザインキールボートクラスのマム30クラス協会は、2009年よりFarr30へ改名することを発表しました。全盛期に比べてフリートは縮小しているもののまだまだ現役。昨年の世界選手権には21艇が集まり、ロードアイランド・ニューポートで開催されました。10年間スポンサーしてきたシャンパーニュ マム社の看板から離れて心機一転。今後、オーナー主体で運営していくことになります。
F30Logo.jpg
◎The M30 International Class Association
http://www.mumm30.org/

アメリカセーリング界が急変している?
 1月19〜23日にフロリダ・キーウエストで開催される「Acura Key West 2009」。冬の風物詩ともいえるキールボートレガッタですが、アメリカ大不況の影響でエントリーが激減しているようです。Farr40クラスは前年より13艇減、メルゲス32クラスは7艇減、メルゲス24クラスは14艇減。このご時世、しばらく様子見ムードなのでしょうか?
◎Acura Key West 2009
http://www.premiere-racing.com/

バルクヘッドマガジンは和歌山へ
 25〜30日まで和歌山セーリングセンターで「2009年ユースナショナルチーム候補選手強化合宿」が開催されています。このイベントは、ユース選手を対象にレーザーラジアル級、420級、RS:X級を使用しておこなわれるJSAFオリンピック特別委員会による強化合宿。バルクヘッドマガジンは、次世代セーラーの現状を取材してくる予定です。おたのしみに。

SN3E0073.jpg
移動中、伊勢湾岸道路は突然の大雪。冬の遠征は危険ですね。みなさんも気をつけて。photo by Junichi Hirai

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
トーヨーアサノ
SWING
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
ノースセールジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ
SOHO
シエスタ
posted by BULKHEAD at 07:39| Comment(1) | ニュース